天然の成分だから、肌によくなじむ

2021年04月16日

そらのスキンケア製品ラインナップには、石鹸とアルガンオイルとシアバターしかありません。今後も変わらないと思います。色物はやりません。

目的が、肌を健やかに美しく保つことだからです。顔も髪の毛も「そらフェイシャルソープ」で洗えますのでシャンプーも必要ありません。

毎日のスキンケアがとってもシンプルになります♪

コストもかからないうえに、キレイになれるのだからいうことないですね。
そのためには、まずは今までの固定概念を取り払うこと! 顔は洗顔フォームや洗顔クリームを使って洗わなくちゃ!とか、洗顔後は化粧水をたっぷりコットンに染みこませてパッティング、とか、宣伝や雑誌からの刷り込みによって信じ込まされていることがいっぱいあります。まずはそれをリセット!

人間のカラダも肌も自然のもの。本来は石油系の成分や、化学合成でつくられた成分は受け付けないはずなのです。基本にもどって考えると、なにより大事なことは、肌を毎日清潔に洗浄し保湿してあげることです。

そして、その保湿には植物から搾った、天然の植物脂がむいています。中でも、アルガンオイルとシアバターが、脂肪酸組成がすぐれていて、肌によく馴染みます。
オリーブオイルや椿オイルなども、自然のものですが、リノール酸の割合が多かったりして、べたつきやすくなっています。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルもシアバターも、皮脂と同じアブラであるオレイン酸の割合が40%ほどで皮脂に近い割合なため、肌によく吸収され、あとにべたつきも残りません。
朝晩のスキンケアに最適な理由です。つけたあとさらっとしていますので、お化粧しても快適に一日を過ごすことができます。しかも、保湿効果が一日中保たれるので、肌がつっぱることもなく、保湿を付け足す必要もありません。保湿していないと皮脂がよけいに分泌され化粧崩れの一因となりますので、アルガンオイル&シアバターでベースを保湿していれば、化粧崩れしにくく化粧直しがいらない、ということになります。

そらスキンケア ラインナップ →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

そらスキンケア製品は、男女ともに使っていただける「洗顔石鹸」「保湿オイル・クリーム」

2021年04月15日

そらのスキンケア製品は、男性女性関係なく使えます。基本的な肌のしくみは同じですから、肌を健康的に美しく保つ方法は共通しているのです。

男性にも使っていただくことを想定して、製品を作っています。パッケージデザインも女性だけを意識してはいませんし、香料も使っていません。

現在、フェイシャルソープ、アルガンオイル、シアバター、すべて男性のご利用者もいらっしゃいます。とても気に入っていただいているようです。

最近の風潮として、男性だから肌や身だしなみに無頓着でもいい、というわけにはいきません。肌の見た目や、清潔感は、男性にとっても「好印象」か否かを左右する重要なポイントとなっています。異性の目だけでなく、仕事をする上でも、そこのところ見られていますよね。

男性の肌は、女性よりも皮脂分泌が多いので、しっかり洗顔をして清潔にしていないと毛穴が詰まったり、脂ぎったりしてしまいます。さらに気をつけなければいけないのは、アブラっぽいからといって、アブラを拭き取りすぎたり、皮脂を不自然に抑えるような化粧品を使ったりすると、ますます皮脂分泌が盛んになり、バランスが崩れてしまいます。

大事なことは、しっかり汚れや皮脂を取り去ることのできる洗顔料を使うこと(そらフェイシャルソープがおすすめです!)。
そして、洗顔後は自然な素材の保湿剤を使い、肌の乾燥を防ぐことです。アルガンオイルは肌によく染みこみべたつきが残りませんので、洗顔後これだけで保湿はOKです。メントールが入ったような化粧水や、乳液などの男性化粧品は必要ありません。

日中は、アルガンオイルだけで大丈夫です。営業のお仕事などで外歩きが多く、日焼けが気になるかたは、日焼け止めを塗るといいと思います。紫外線はシミの原因になりますので、夏は男性でも日傘を使ったほうがいいですね。

男性でもスキンケアに関しては女性と同じ! これらの基本的なケアを日々していれば、肌は若く保てますし、「肌がきれい!」はぜったい好印象間違いなしです!

そらスキンケア 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。

meikudougaichi.jpg


sopuotamesi.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 10:33 | そらスキンケア

そろそろ朝のシアバターは、顔全体では無く目のまわりと首筋に!

2021年04月02日

桜も散り始め、だんだん暖かくなってきました。湿度もあがって、蒸し蒸しする日もあります。

こうなってくると、朝のスキンケアでシアバターは部分付けでもよくなってきます。部分とは、乾燥しやすい目の周りと首筋くらいにつければいいということです。

乾燥している冬は、朝もシアバターを顔全体に塗ったほうがいいのですが、今の季節になってくると、それではちょっと暑苦しい感じがしてきます。
保湿オーバーだと吹き出物もできたりしますしね。

実際に私もおととい珍しくほっぺたに吹き出物ができました。このところチョコレート食べすぎたかな?とも思いましたが、保湿のシアバターの量を少し減らしてもいいというシグナルとも受け取ったのです。

春夏とこれから季節が巡っていきます。でも暑くなっても保湿はしなくていいということにはなりません。除湿や冷房など空調がかかると室内は乾燥しています。年齢肌は、それでなくても乾燥しやすいのですから、一年中、保湿は手を抜けません。

乳液やクリームよりも、自然な植物からとれた植物脂が保湿にはおすすめです。
そらのアルガンオイル、シアバターは、無添加無香料で精製した高品質なオイルです。素肌に直接塗るものですから安心できる素材のものがいいですね。

そらシアバター 詳しくは →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます(送料当社負担)。


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:30 | シアバター使い方

顔にシアバターがべたついてきたら、アルガンオイルに切り替え!

2021年03月24日

シアバターは朝のスキンケア(保湿)にもいいのですが、春になって気温があがってくると、べたつきが気になってきます。冬と比べて湿度も高くなってくるので、シアバターでの保湿はちょっと重たく感じるかもしれません。

そうなってきたら、同じ植物脂のアルガンオイルがおすすめです。シアバターが肌表面にオイルの膜をつくってくれるのに対して、アルガンオイルは肌に染みこみ表皮そのもので保湿します。
そらアルガンオイル →

hangakuotamesi.jpg



アルガンオイルは少量で良く伸びます。そらアルガンオイルはプッシュタイプ。1回の使用量は2〜3プッシュです。まずは、シワの出来やすい目尻に重点的につけたら、両手のひらにのばして顔全体に塗ります。

数分すれば、吸収され表面のべたつきも無くなります。

このあと、お化粧も出来ます。ノーメイクの方は、日焼け止めをつけてから、軽くフェイスパウダーをはたいて終わり。

日中気温がぐんぐん上がり、湿度がぐっと下がるという場合もあります。暖かくなったからといって、保湿に気を抜くことはできません! とくに、年齢があがってくると、乾燥は肌を劣化させる原因となりますので。

肌をなるべく若く保ちたかったら、肌を乾燥させないこと(保湿を万全にする!)
そして、シミやくすみの原因となる紫外線から肌を守ることです。


日焼け止めをつけたからといって安心してはだめ。4月5月もすでに紫外線は強くなってきています(UV-Aが肌の奥に入りシミの原因になりやすい!) 日傘をさしたり、つばの広い帽子をかぶるなどして、紫外線対策をしっかりやっておきましょう!!

紫外線量.jpg


シミを消すと宣伝されている化粧品など、当てになりません。まずはシミをつくらないことです。今シミがあったとしても、これ以上濃くしない努力をしましょう。年齢があがってくるにつれ、シミができる条件は増えてきてしまうのですから、日々自分のできることで気をつけていくことがいちばんです。

シンプルなスキンケアで、化粧品の使用アイテムは最小限に。
できれば、そらフェイシャルソープで洗顔してください。そして、アルガンオイルで保湿。

なんだ、それだけ?! と思うかもしれませんが、いろいろ化粧品を塗りたくるほど本当は肌に負担をかけているのです。

そらスキンケア →

3つのアイテム、初回は半額でお試しになれます。

プロフィール上半身.jpg




posted by カウンセラー 新藤 at 10:31 | アルガンオイルの使い方

美白効果により一時的にシミが濃くみえる?!

2021年03月12日

お早うございます。
そらの新藤です。

顔に美白効果があらわれると、シミが濃くなったと感じる。

今回はこのことについてお話します。

美白にあこがれる女性は多いと思います。それだけに特化した化粧品があるくらいですから。

肌がくすんだり、透明感がなくなる原因のひとつに、肌のターンオーバーの乱れがあると考えられます。若い人はターンオーバーのリズムが正常なので、古い細胞(角質)は順調にはがれ落ち、新しい若くキレイな肌細胞が表面に現れます。だからいつもキレイなのですね。

ところが、年齢を重ねるにしたがって、このスピードが遅くなってきます。若い人でも、生活が不規則で、睡眠不足・ストレス・栄養バランスの悪化などがあると、同様にターンオーバーは乱れてきてしまいます。

つまり「美白」になる方法として、このターンオーバーを促進してあげればいい、ということになるんです。

そらスキンケア法では、洗顔にそらフェイシャル・ソープを使うこと、洗顔後にアルガンオイルで保湿すること。このどちらもが「美白」に効果があります。

両方やると理想的ですが、どちらかだけでも効果はあがると思います!

● そらフェイシャルソープで洗顔するとなぜ美白になるのか!?
そらフェイシャルソープは、成分に特徴があります。天然由来のヤシ油を原料にした石けん素地(界面活性剤)と、チタンペーストを練り込んであります。チタンペーストの働きでひじょうに細かい泡がたち、またその泡というのも、しっかりと腰のある泡です。そのおかげで、毛穴の奥の汚れまで、はじき出すことが可能なのです。朝晩毛穴の汚れをきっちり落とすことで、ターンオーバーがスムーズになります。

● アルガンオイルで保湿するとなぜ美白になるのか!?
いつも乾燥している肌というのは、肌表面の細胞がきちんと並んでいません。めくれ上がっていたりして、水分や油分が筒抜けになっているようなイメージです。そこをアルガンオイルで保湿してあげると、肌の細胞が整然と並ぶようになり、ターンオーバーが正常になっていくのです。

肌が白くなってくると、一時的にシミが濃くなったように感じる!!

美白効果がでてくると、シミが濃くなったように感じる時期があります。くすんでいたときにはシミも隠れていたんですが、肌が白くなるとよりはっきりとシミが目立つようになります。

でも大丈夫、安心してください。シミのほうにも遅れて効果がでてきます。肌の奥の真皮に、メラニンが沈着しているのが「シミ」。ですからちょっとしつこいんですね。表に押し上げられてきて(それで濃く感じる、というのもある)はがれ落ちていくまでに少し時間がかかります。

シミも薄くなるのを、楽しみに待ちながら、そらフェイシャルソープで洗顔しアルガンオイルで保湿する、というシンプルなお手入れを続けてみてください。
きっと良くなると思いますよ。

そらスキンケア →
初めての方は初回半額でお試しいただけます。

そらフェイシャルソープ →

sopuotamesi.jpg


そらアルガンオイル →

hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:20 | そらスキンケア

髪の毛にも使えるアルガンオイル

2021年03月11日

髪の毛がぱさついたり、乾燥して広がってしまうときなど、アルガンオイルをつけるとツヤもでてスタイルも落ち着きます。

プロ写真髪.jpg


アルガンオイルは肌だけでなく、髪にもいいのです。

植物から抽出したオイルには色々な種類がありますが、植物によって含有している脂肪酸の種類が異なります。
アルガンオイルが、肌や髪によくなじみ、べたつかないのは「アルガンオイルの脂肪酸の種類とその含有率」によるものです。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



髪の毛がいたんでいたり、カラーやパーマでいたんでいるときには、市販のヘアケア製品よりこのアルガンオイルがおすすめです。

植物から抽出した自然なオイル100%。化学成分不使用なので安心して髪や頭皮の保湿に使うことができます。

そらアルガンオイル →
オーガニック原料を使い、高度な技術による精製を行った上質なオイルです!
初めての方は初回半額でお試しいただけます。

hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:21 | アルガンオイルの使い方

意外とトシを感じさせるのが「首筋」「手の甲」

2021年02月15日

年齢を重ねると、あちこちでトシを感じさせるようになっていきます。本人があまり気づかなくて、人からは意外と目立ってしまうのが「首筋」と「手の甲」ではないでしょうか。

顔のしわは本人も普段から気にして、あれこれと保湿クリームつけたり気をつけていると思いますが、首にはつけ忘れる人が多いでしょう。でも、案外この首って年齢があらわれてしまいます。
やせ体型の方はなおさらでは?!

首も顔のつづきですから、しっかり保湿をしてください。顔も首も、しわを防ぐにはいっときも乾燥させてはなりません。保湿クリームを朝と晩にすりこみましょう。
それには、シアバターがおすすめです。

手の甲もしわが多くなると、人からは結構目立つし、トシを感じさせる部分。手のひらだけでなく、必ず手の甲にもシアバターをこまめに塗ってください。

シアバターは皮脂にも含まれている脂肪酸「オレイン酸」が含まれていて、しかも皮脂と同じ率含まれています。ですから、肌になじみがよく、オイルのベールをつくって肌を乾燥から守ります。

シアバター成分円グラフ.jpg


自然な素材であるシアバターは品質が重要です。不純物がきちんと取り除かれていて精製されたものが、酸化もしにくく、肌にやさしいシアバターです。

価格の差は、品質の差と思っていただいてよいと思います。

おいしそうなシアバター.jpg


そらシアバター 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額でお試しいただけます。

siabata-otamesi.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:29 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

アルガンオイルは「精製」のほうがおすすめ

2021年02月08日

いくら自然の原料であっても、未精製の場合は不純物が肌への刺激となったりして肌トラブルの原因となる可能性があります。安心して長く使用していただくためには、まず第一に安全であることが条件です。

使ってみて肌に合うか合わないかというリスクはなるべく避けなければなりません。自然派志向の方、アトピーの方、敏感肌の方にも安心して使っていただけるよう、「そらアルガンオイル」は高い精製技術で処理されたアルガンオイルを採用しました。

モロッコの現地で水圧圧搾により漉した粗油(そゆ)をフランスの工場にて、真空下で170℃の低温圧搾法により精製しています。精製を2時間以内とすることで、アルガンオイルの有効成分に影響を与えないようになっています。エコサート基準にもとづいた石油製品を使わない方法で精製をおこないます。

ペーパーフィルターで濾過、薬品をつかった漂白ではなく白土漂白(活性炭のようなもの)で色を抜き脱色、脱臭を行います。とても時間と手間がかかりますが、こうすることでアルガンオイルがもつ原料そのものの効用を保っています。

一方未精製のアルガンオイルが、手作りコスメの原料として比較的安価で出回っていますが、不純物がまざっているため安定性に欠け、酸化しやすいという心配があります。

また、最初から臭いがあるものもあり、肌への浸透性も精製アルガンオイルよりも劣ります。べたつきも残るようです。精製アルガンオイルは透き通った黄金色をしていますが、未精製アルガンオイルは濁りが気になるものもあります。

せっかく、スキンケアに最適なアルガンオイルをお使いになるわけですから、良質なものを選ぶことをおすすめします。

そらアルガンオイル 詳しくは →
★ 初めての方は初回半額でお試しいただけます(送料無料)
★ たっぷり使う方に! 3本まとめ買いでお得 →


hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:47 | そらのアルガンオイル

化粧下地にアルガンオイルがおすすめ

2021年02月05日

空気が乾燥していますねえ。真冬は外気温が低いため湿度が低くなります。それに加えて暖房をかけるので、室内の乾燥がひどくなります。

乾燥度合いは、みなさん肌で感じるのではないでしょうか。いくら乳液やクリーム、保湿剤をつけても、なんだか肌がひきつる感じやつっぱったような嫌な感覚。
保湿が十分でない証拠ですね。

オススメなのは、素肌をアルガンオイルで保湿すること。洗顔後すぐに、アルガンオイルを数滴顔にのばしてください。化粧水はつけてもつけなくてもどちらでもOK。
アルガンオイルは、オイルなのに肌にすっとなじんで、べたつきが残らないとても特徴のあるオイルです。オリーブオイルともスクワランオイルとも使用感がぜんぜん違います。

アルガンオイルは、モロッコにしか自生しないアルガンの木の実から搾油します。アルガンの実100kgから、わずか1リットル(1%)しか採れないという貴重なオイルです。昔は王侯貴族しか使えなかったという話も伝わっているほど。

黄金色の透き通ったオイルはとてもきれいで、つけた感触もサラサラしていて、オイルのイメージががらっと変わると思います。

保湿効果も抜群で、肌に染みこみ肌をふっくらと柔らかくします。アルガンオイルを朝晩のスキンケアに使っていくと、肌の調子がよくなっていくのを感じられます。人によってさまざまですが、くすみが無くなって肌の色が明るくなったり、たるみが無くなったり、毛穴が目立たなくなってキメが整ったり、いいことずくめです。

素肌に直接つけるのがコツです! 乳液やクリームをつけてしまうとフタをしてしまうことになり、アルガンオイルがよく染みこまなくなってしまいますので、必ず油気のあるものをつけずに素肌にアルガンオイルをつけてください。

そらアルガンオイル 詳しくは →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。


hangakuotamesi.jpg


aruganbitamine.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:26 | アルガンオイルの使い方

寒い時期、顔の保湿にアルガンオイル

2021年01月28日

年が明けたと思ったら、もう1月が終わりますね。
まだしばらくは寒い日が続きそうです。

さて、多くの人たちは、保湿化粧品というと、いくつかのアイテムを使用しているかと思います。
まず、化粧水のあとの「乳液」。人によっては「美容液」。そして、「クリーム」。でもこんなに重ね使いしていても効果がでているのかは疑問。

そもそも、化粧品はほんとに肌の表面だけ(角質層とよばれる部分)にしか作用しません。化粧品会社のコマーシャルにあるように「肌の奥まで保湿成分がとどく」なんてことはありません。
バリアゾーンを破って真皮にまで作用するとなれば、薬事法違反。そんなものは薬になってしまいます。

だから、化粧品は「可も無く不可も無く」、気休め程度のものになるのはしかたがないのです。

そういう私も、今のスキンケア法を知るまえは同様にやっていました!
でも8年ほど前に、シアバターやアルガンオイルなど自然なオイルで保湿する方法を知ってから、化粧品は止めて、とてもシンプルで肌によいスキンケアに変えました。

洗顔はとても重要。皆さんが使っている泡洗顔料などはほんとは良くないです。石けん洗顔がおすすめです。
そらフェイシャルソープをお使いください。石けんで顔を洗うとつっぱる、というイメージがあるかと思いますが、このソープはそんなことはありません。毛穴の奥まで濃密な泡で汚れを落とし、洗い上がりはすっきりします。
そらフェイシャルソープ 詳しくは→

洗顔で素肌をきれいにしたあと、すぐにアルガンオイルをつけます。
とくにシワが気になる部分にまずたっぷりつけて、それから顔全体にオイルをのばします。さらっとしたオイルで少量でもよくのびます。

一般的にはオイルは水と馴染みませんので、オイルを顔につけたら膜ができて息苦しいのではないかと心配なさる方もいるかもしれません。
でもアルガンオイルはそんなことはありません。肌につけるとすうっと吸収され、肌にべたつきが残りません。

だから、女性の方はこのあとお化粧もできるし、男性でも抵抗なく使うことができるんです。

いろいろな会社がアルガンオイルを販売していますが、容器の形状はさまざま。
美容オイルは、口部分がスポイトになっている製品も多いです。
当社のアルガンオイルは、プッシュ式。これだと、1プッシュで出る量が一定なので、使用量をコントロールしやすいです。

アルガン使用中g.jpg



私は冬のあいだは3プッシュを顔につけています。最初に目の周りにたっぷりつけます。ここは皮膚が薄く、皮脂腺も少ないのでシワが出やすいのです。
私も以前は、目尻の小じわが多くて困っていましたが、アルガンオイル、シアバターで入念に保湿するようにしてから、だいぶよくなりました。

そらアルガンオイル 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額でお試しいただけます。

hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 09:40 | アルガンオイルの使い方