美肌、腸内フローラ、発酵食品の関係!

2016年01月31日

肌は、その人の腸の状態をあらわすとよく言われます。腸の状態とは、善玉と悪玉の腸内細菌のバランスがよく栄養の吸収もよいのが理想です。結局は肌も食べたものの栄養からつくられるのですから。

先日もテレビでやっていました。肌のキレイな人の腸内細菌を調べてみたら、悪玉菌が少なくてビフィズス菌などの善玉菌が多かったのです。腸には何百種類もの腸内細菌がいて、まるでお花畑のようで「腸内フローラ」というすてきな名前もついています。

posted by カウンセラー 新藤 at 07:34 | そらスキンケア

アルガンオイル髪への使い方

2016年01月30日

アルガンオイルは顔だけでなく、髪にも良いとよく聞くと思います。どうやって使ったらいいか分からない方が多いようですので、私流の使い方をご紹介します。

濡れた髪に直接つけたら、翌朝べたべたになったという方がいらっしゃいました。髪が乾いている状態でアルガンオイルをつけたほうがいいと思います。髪を洗ったあとなら、ドライヤーで乾かしてから手のひらに1〜2滴(製品ビンなら1プッシュ弱)とり手のひら全体にのばしてから、そのまま髪の表面になでつけます。これでも十分なんです。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:01 | アルガンオイルの使い方

これから買うとしたらアルガンオイル、シアバターどちら?

2016年01月29日

これから買うとしたら、アルガンオイルとシアバターどちらがおすすめですか? というご質問をいただきました。

両方とも植物脂100%のピュアオイルで保湿には抜群なのですが、それぞれ特徴がありちょっと違います。今まだ寒くて空気も乾燥していますが、あと2ヶ月もすればどちらも緩んでくるでしょう。

そうなると、必需品となるのはアルガンオイルだと思います。アルガンオイルは季節をとわず、スキンケアの要として使います。みなさん、どんな季節であっても洗顔後に化粧水や乳液をつけますね。あれは、乾燥をふせいで肌の老化を進ませないようにすることを意識されているかと思います。

posted by カウンセラー 新藤 at 08:51 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

オイルでスキンケアしたら皮剥け

2016年01月28日

シアバターなどオイルでスキンケアを始めたら、皮剥けしてきた、というお声をときどき聞きます。これは、必ずしも悪いとは言い切れないことがあります。

私の場合は、肌が皮剥けするという経験はありませんが、唇はしょっちゅうあります。それでも、悪くなったとは感じていなくて、そのままシアバターをつけ続けていると2〜3日でおさまります。基本的に新陳代謝というのは古い細胞がはがれて新しい細胞が表に表れてくることだから、そう思うと皮がむけても驚かないです。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:17 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

全身を石けんで洗う必要はない

2016年01月27日

台所でお皿を洗うとき、洗剤は必要最低限にするようにしています。手も荒れるし、川に流して環境にも悪影響があると聞くからです。とくに台所洗剤の界面活性剤は、強力な石油系合成界面活性剤です。油を含まない汚れはさっと水に洗い流すだけ。油汚れだけ洗剤を使っています。

これ、体にもいえることですね。汗や泥汚れは水やお湯で落ちるはず。油汚れ、つまり自分が分泌した皮脂については洗浄剤が必要ということになると思います。界面活性剤とは油を落とすためのもの!

考えてみれば、私自身も以前は当たり前の様に、体中ボディーソープで泡だらけにして洗っていました。そんなに洗浄剤をつける必要もなかったんですね。おかげで冬なんか、湯上がりに体がかゆくてかゆくて!

体の中でも皮脂腺や汗腺が多く、老廃物の分泌がさかんなところだけ、石けんをつけて洗えばいいと思います。たとえば、顎、デコルテ、背中、脇の下、足の裏や指のあいだなど。そらフェイシャル・ソープは肌にやさしいし刺激もありませんが、それでさえ必要以上に使うことはないと思います。

しっかり洗わなければならないのは、逆に顔、頭皮では。 顔、頭皮は皮脂分泌が盛んです。頭皮は体の何倍も皮脂をだしているといいます。その皮脂が髪の毛1本1本をコーティングし、艶やかに保護しているのですね。ですから、フェイシャル・ソープを主に使ってほしいのは、顔、頭なのです。

全身まるごと洗えるそらフェイシャル・ソープですが、お話ししたように体には、それほど石けんを使わなくていいので、減りは遅いです(*^o^*)
2ヶ月くらいもつかなと思います。

そらフェイシャル・ソープ →
見た目は普通の石けんですが、使うと違いがハッキリ! チタンペーストを練り込み細かいミクロの泡で毛穴の汚れをはじき出します。だから洗うごとに肌に透明感がでてきます。
クリーミーな泡がたつし、泡切れもいい、頭皮にやさしくてしかも汚れ落ちがいい。だから洗髪に向いている石けんなのです!

製品写真.jpg


お試しは、30gで300円です。定形外郵便にてお届け、お支払いはクレジットまたは郵便振込用紙で後払いです。
お試しお申込 →
お電話でもお気軽に↓
0120548224
そら

石けんお試し手持ち.jpg

お試しでも2週間はお使いになれます。


posted by カウンセラー 新藤 at 08:46 | そらフェイシャル・ソープ

寒いとアルガンオイルに白い物が浮いてくる!?

2016年01月26日

寒いですねえ。ここ埼玉でも朝は−6℃、屋外の水道は凍っていますし、畑には霜がおり、大根も凍ってます!

寒くなってきて、ふとアルガンオイルを見ると白いものがところどころ浮いている、ということはないですか? これは変なものではありませんのでご安心ください。融点の高い脂肪酸だけが凝固しているのです。底のほうにふわふわ澱のようなものが見えることもあります。

posted by カウンセラー 新藤 at 09:55 | そらのアルガンオイル

アルガンオイルでほうれい線が無くなった

2016年01月25日

さいたま市のSさま(60歳女性)からお電話がありました! アルガンオイルがすごく気に入って、化粧品の数もだんだん減っていっているんだそうです。

S様のお話です。
メイクの下にアルガンオイルを塗っておくと一日中しっとりしてますよね。肌がぷるぷるって感じです。そうそう、アルガンオイル使い始めて1年になるけれど、最近気づいたのが、ほうれい線がほとんど気にならなくなりましたね。前は老けてみえるからこれがいやでいやで! 

posted by カウンセラー 新藤 at 10:15 | アルガンオイルご愛用者の声

シアバターが洗顔しても落ちにくい!?

2016年01月24日

シアバターは汗にも強く、しっかりとオイルの膜をつくり肌を乾燥から守ります。これは、シアバターの成分の40%も占めるステアリン酸の効果。食品の油でステアリン酸が多いのは皆さんおなじみのバターです。ステアリン酸は融点が高いのです。融点とは溶ける温度のこと。

ステアリン酸は40℃くらいでクリーム状にやわらかくなり、60℃くらいで液体になります。この性質をもったステアリン酸が高い比率で入っているので、シアバターの溶ける温度がこれに影響をうけています。

posted by カウンセラー 新藤 at 08:07 | シアバターについて

湿度40%でミカンの皮もパリパリ

2016年01月23日

実家の庭にみかんの木があり、かなり年数が経っていて大木です。この冬は最初暖かかったせいか豊作で、去年の秋くらいからずいぶん収穫してます。霜がおりては大変と、10日ほど前に残った実をぜんぶとりきりました。そして、暖房の効いていない寒い部屋に段ボールにいれておいておいたのですが、日を追う毎に皮が乾燥して、パリパリに固くなり、しまいに指で剥けないほどになってしまいました。でも中味はまだジューシーでおいしいんです。

これを見ていて、乾燥させた肌もきっとこんな感じなんだろうなと思ってしまいました! 北陸や上越など雪国は雪があるせいで湿度が高いんだそうですが、関東は室内湿度が40%くらいです。加湿器をかけてもかけてもなかなか湿度は上がってくれません。

なんでも湿度60%をきると、皮膚から水分を奪うようになるんですって! ほんとに!みかんを見てるとひとごとではありません…

posted by カウンセラー 新藤 at 08:55 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

口の周りのヒリヒリは過敏反応かも

2016年01月22日

私は20年以上前、あるとき突然口紅をつけると、赤く腫れて痛くなり口紅を受け付けなくなってしまいました。それ以来口紅をつけるのはあきらめました。ワセリンで艶出しだけしていましたが、1ヶ月前からはシアバターに替えました。慣れたら、ワセリンよりしっとりして調子がいいです。

敏感なのは唇だけではありません。唇の周りは荒れやすくて、ときどき口唇ヘルペスもでて、ずっと悩んでいました。冬に口唇ヘルペスが出やすかったのですが、この冬はまだでていません。口周りのヒリヒリも最近ありません。

posted by カウンセラー 新藤 at 09:46 | 肌トラブルについて