天然そのものでクリームとして使える「シアバター」は特別♪

2018年11月29日

植物からとれる油脂で、体の保湿に使えるものは色々ありますが、とりだしたままの本来の性質がそのままクリーム状というのはシアバターの他にはほとんど見当たりません。

種子から取り出して、不純物を取り除き化学成分を加えることなく精製するだけで、なめらかなテクスチャーのクリームになる、というのは唯一無二なのではと思います。

オリーブオイルなど他の多くの植物性美容オイルは、液体がほとんどですね。

sianomi.jpg


さらに成分の脂肪酸割合にも特徴があります。ヒトの皮脂に含まれているオレイン酸が皮脂とほぼ同率の40%含まれており、ステアリン酸が40%と高い率で入っていることで、肌につけたときに肌表面にオイルのベールを作ってくれます。

シアバター成分円グラフ.jpg


この使用感は化学成分を混ぜ合わせたとしても出来る物ではありません。天然素材100%で付け心地がよく、保湿力がたのもしい。それでいて、アブラをつけたときにありがちな皮膚への圧迫感がない。

すっと肌に浸透していく分と、皮膚表面にオイルのベールとして残る分のバランスがいいのですよね。

顔のクリームとしても優秀ですし、手指の荒れ、かかと、乾燥による体のかゆみ対策としても、シアバターはぴったりです。汎用性が高いのもシアバターの魅力! からだじゅうどこにでも付けられる。

実際に使ってみなければわからないのが、「シアバターの便利さ」です!

初めての方は、半額でお試しになれます(送料当社負担)→

シアバターを手に取る.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | シアバター使い方

アルガンオイル、シアバターは品質で選ぶ

2018年11月27日

アルガンオイル、シアバターともに、美容オイルの中では比較的酸化しにくいオイルであるとはいえ、できるだけ油の品質の良いものを選ぶことが大事です。

その時のポイントとして、あまり安価なものは要注意です。「ワケあり」「現品限り」などと注意書きがあって、高い割引率で販売されているものがときどきあります。
必ずとはいえませんが、製造から時間が経ってしまって酸化が心配になると在庫処分が行われることもあるかと思います。

アルガンオイル、シアバターは肌によく吸収して、馴染むので、できるだけ素肌につけたほうが有効なオイル。だからこそ、品質の良いものをつけたいですね。

◆アルガンオイルの品質の見分け方
サラッとした使用感が特徴です。とろっとしていたら、おかしい?と思ってください。それから、つけたあと素早く浸透してべたつかないのがアルガンオイルの身上。そのへんもチェックしてください。

◆シアバターの品質の見分け方
匂いは自然な「シアの実」の香りがします。酸化しているようなにおいがあったら避けてください。シアバターは脂肪酸の比率により、寒いと硬くなる性質があります。こちこちになると、とりにくく使いにくいので、そうならないよう製造上工夫された製品を選ぶとよいです。

アルガンオイルもシアバターも、実際に使い比べてみるといちばん分かります。
初めての方は、初回半額にてお試しになれます(送料当社負担)

●そらアルガンオイル半額お試し コチラ→

製品.jpg



●そらシアバター半額お試し コチラ→

ふたを開けたところ.jpg



posted by カウンセラー 新藤 at 10:59 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

湿度がさがってきたらアルガンオイルで保湿!

2018年11月19日

こんにちは、そらの新藤です。
だいぶ空気が乾燥してきました。唇がひきつる感じや、呼吸がちょっとしずらくなったりしますね。そんな時湿度計をみると40%を切っていたり!

肌にはこの乾燥が大敵なんです。湿度が60%を切ると肌の表面から水分を奪っていくようになるといわれています。肌から水分が奪われると同時に油分も保つことができなくなるため、コラーゲン繊維がゆるんだりしてハリが失われてしまうのです。

この時期「ヒアルロン酸化粧水」などもさかんに宣伝されていますが、まずは本来自分の肌がもっている「油分・水分」を逃がさないようにすることのほうが大事です。油分や水分がどんどん逃げていっているところへ、どんなにヒアルロン酸をつけようと、追いつかないです。

では「保湿は何でするの?」ということになりますが、肌の組織に染みこみやすくて定着しやすいのは、なんといっても自然なオイルです。化粧品の乳液やクリームの成分のほとんどは化学成分ですから、本来肌には馴染みにくいものです。それをしっとりとした触感を感じさせるために、また添加物を加えることになります。

美容オイルといえば、オリーブオイルやスクワランオイルなど色々な種類がありますが、なかでもアルガンオイルはオイルを構成している脂肪酸の割合が肌にとっては理想のバランスになっています。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



古くはクレオパトラが好んで愛用していたとも伝えられ、またヨーロッパのセレブ達からも支持が厚いオイルです。アルガンオイルはモロッコに自生するアルガンという木の実からとれますが、100gの実からわずか1gしかとれないという貴重なオイルです。

リノール酸を多く含み、オレイン酸も皮脂とほぼ同率に含まれているため、他のオイルのようにべたつくことがなく、すっと気持ちよく肌に浸透します。

しかもアルガンオイルの良いところは、日々のお手入れをこのアルガンオイルでしていくと、肌そのものが変化していくことです。もちもちと弾力のある肌になっていき、毛穴が目立たなくなりキメが整っていきます。化粧品ではなかなかこうはいかないと思います。アルガンオイルならではの効果と思います。

かくいう私も、当社オリジナルの洗顔石鹸で洗顔し、アルガンオイルのみのスキンケアをもう4年続けています。肌が整ったことで、ファンデーションも要らなくなってノーファンデでいられるようにもなりました。
アルガンオイルは皮脂の出も抑えてくれるんですよね。油分・水分を保てるから余分に皮脂を出さなくてもいいんだと肌が判断しているんです。

私のようにすっぴんでもいいし、お化粧を余儀なくされる方はアルガンオイルを塗ったあと薄くお化粧をすればよいです。肌がなめらかなので、ファンデーションも厚くならないし薄付きでキレイに仕上がります。肌の調子がよくなれば、省いていける化粧品アイテムも一つ二つとでてくるのではないかと思いますよ! 経済的ですよね。

まずは実際に使ってみなければ、このアルガンオイルの使用感はわかりません。でも2、3日使うとすぐわかります。夜もたっぷりつけてお休みになってみて! 起きたときの肌の触感違います!!

初めてのかたは初回半額でご購入できるようになりました(送料:当社負担)
お申込はこちら→

製品.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:36 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング