抜け毛はもしかしてシャンプーの害?!

2018年12月07日

食べ物の添加物は、皆さんとても気になると思うのですが、シャンプーにずらずらと羅列された化学成分は気になりませんか?!

頭皮の毛穴は、体の毛穴の何倍も大きく、化学物質が侵入しやすいと言われています。「経皮毒」といって毛穴からはいった化学成分が全身をめぐり肝臓に負担をかけるとも危惧されているんです。

実は私の体験からも、シャンプーって髪や頭皮によくなかったんだなあと思います。

髪や頭皮のためには、石鹸洗髪のほうが良いと知り、脱シャンプーしたのが4年前。切り替えて早い段階でそれまで抜け毛がひどかったのが、ほとんど止まりました。以前はブローしていると足元にたくさんの髪の毛が落ちていましたが、それが無くなりました。

髪の毛の根元、毛根の状態が改善されたのだと思います。抜け毛が減るということは、将来年齢がいったときに薄毛で悩まされる心配がなくなるわけですものね。

中年にさしかかり、薄毛や、髪にコシがなく寝てしまう、なんてお悩みをおもちの方には、脱シャンプーをおすすめします。白髪があまり増えてこないという効果も感じています!

石鹸洗髪には、石鹸なのにふんわり洗える「そらフェイシャル・ソープ」がオススメです。
チタンペーストが練り込んであるお陰で、ひじょうにキメの細かい泡がたちます!
仕上げは「クエン酸リンス」できしむことなくサラサラに洗い上がります。クエン酸リンスは、精製水とクエン酸で簡単につくれます。

初めての方は初回半額でお試しになれます→

製品写真.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 14:45 | 脱ファンデ脱シャンプー