シミの原因

2019年01月31日

シミのいちばんの原因は「紫外線」です。
30歳過ぎた頃からシミがめだってくるのは、長年にわたって浴び続けた「紫外線の蓄積」が影響しています。
紫外線A波(UV-A)がシミの原因になります。

紫外線量.jpg


紫外線をあびると活性酸素ができます。活性酸素の害から肌をまもるためにメラニン色素が増えるのです。
メラニン色素はシミの元になる物質です。

紫外線対策に日頃から気をつけている人と、そうでない人とでは、シミのできかたも違ってくるはずです。
なるべく顔に日差しが当たらないようにします。帽子や日傘で日差しを遮断し、目にもはいらないようサングラスは必需品です。
日焼け止めをつけただけで安心してはだめですね。物理的に日差しを浴びないようにするのがかしこい方法なのです。

simi.jpg


でも、どんなに紫外線対策をしても完璧ではありません。体内にできてしまった「活性酸素」を除去しなければなりません。

2つの方法でわたしたちはそれをやっています。

自分の体にそなわっている抗酸化力によって除去している。
わたしたちの体内には活性酸素に対抗するための「抗酸化酵素」があります。ただし、40歳をすぎるあたりから活性がおちてきて、抗酸化力がさがってきます。

nennreitokousannka.jpg


もうひとつは、食事から摂取する抗酸化成分によって活性酸素を除去する方法です。

抗酸化作用をもっているのは、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどです。ただし、果物や野菜で摂っても毎日じゅうぶんな量を摂るとなると難しい。

さらに活性酸素は1種類ではありません。
4種類の活性酸素があり、中でも「一重項酸素」は紫外線の刺激で皮膚や目に発生します。
皮膚のタンパク質、脂質を酸化させ変質させるので、肌にたいする悪影響が大きいとされています。

sigaisenntosimi.jpg


抗酸化成分にもいろいろありますが、この一重項酸素にたいして有効な抗酸化物質は限られます。

puroanntosianijin.jpg


ブドウ種子ポリフェノールには、強力な抗酸化作用をもつ「プロアントシアニジン」という成分が豊富に含まれています。
ブドウ種子ポリフェノールの素材メーカーはキッコーマン社。子会社にマンズワインがあり、より抗酸化力の高いブドウの品種を選り分け抽出技術を独自に開発。1999年に日本農芸化学技術賞を受賞しました。

「はだのさぷり」は美肌のための成分を贅沢に配合。プロアントシアニジンも1日160mgとれるようにしました。ビタミンCはレモン20個分1000mg、ビタミンE100mg配合

はだのさぷり 詳しくは →
初回は1ヶ月分半額でお試しできます。

hadasupotamesi.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 14:18 | 肌に効果的なサプリメント

素顔にオイルをぬるのに抵抗感?

2019年01月30日

洗顔後のすっぴんの顔にオイルをつける。

初めての方は「顔にアブラ?」と抵抗を感じるかもしれません。私も5年前までは知りませんでしたから、乳液や保湿化粧品で自分では保湿しているつもりだったのです。

アルガンオイルのことを初めて知ったのは、原料メーカーからの紹介です。そのときは、スキンケア製品として「シアバター」しか販売していませんでした。

アルガンオイルの試供品をメーカーからわけてもらい使ってみた感想は?!

正直びっくりしました。いままでのオイルのイメージとまったく違う! クレンジングオイルしか使ったことが無かったので、スキンケアとして素肌に塗るのは初めての体験。
オイルはべたべたするという固定観念があったのですが、アルガンオイルは違うのです。
オイルのイメージががらっと変わりました。肌にすぐしみ込みべたつきが残らない!

アルガン使用中g.jpg


アルガンオイルを洗顔後の素肌にぬると、とてものびがよくて塗りやすいです。すぐに肌に吸収してくれてオイルにありがちなべたべたがない。

数日使ってみて、またまたびっくり。肌がだいぶ変わってきました。手触りがすべすべになって、指で押すと弾力がでてきたかんじ(ハリが出てきたというのか)。

考えてみれば、肌は自分の皮脂で皮脂膜をつくってうるおうもの。化学成分が多い化粧品では肌にはいっていかないのは当たり前なんですね。
アルガンオイルは、皮脂と同じ比率でオレイン酸が約40%含有されていて、リノール酸が30%もはいっています。ここがオリーブオイルと異なるところです。オリーブオイルも美容オイルとしてよく知られていますが、オレイン酸が75%もはいっていて、べたべたが残ってしまいアルガンオイルのような使い方はできませんね。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



アルガンオイルは、ほとんどお化粧しないという方も、普通にお化粧する方も、素肌のスキンケアとして使えます。
肌への浸透がよく、肌をととのえてくれるので、洗顔後すぐつけるのがおすすめです。

化粧水、乳液をつかっているという方は

洗顔後、化粧水をつけてそのあとすぐアルガンオイルをつけてください。乳液はいらないと思います。

hangakuotamesi.jpg


そらアルガンオイル →
初回半額で購入できます。




posted by カウンセラー 新藤 at 11:56 | アルガンオイルの使い方

シャンプーは髪や頭皮に悪い

2019年01月29日

シャンプーを使い続けると、このさきも髪や頭皮にダメージを与え続けることになります。

髪の量が歳とともに減ってきた。毛が細くなってボリュームが無くなってきた。髪の毛につやがなくパサパサ。
この原因がシャンプーにあるとしたら…

シャンプーの成分のうち50%〜70%が水。約30〜40%が「合成界面活性剤」(※台所用洗剤に使われているものと同様)です。
残り10〜20%くらいが防腐剤・香料・保湿剤・酸化防止剤・ph調整・コンディショニング剤など。
ドラッグストアの安いシャンプーから、サロンの高いものまで、主成分にそれほど違いはないといわれます。

これらのシャンプーは、頭皮や毛髪に必要な油分を取り去り、キューティクルを傷め、髪をパサパサにしツヤを無くします。そのダメージをごまかすために、油分やシリコンが多く配合され、傷んだ髪や頭皮を覆ってしまうのです。

頭皮の毛穴から化学物質がはいる

頭皮にはおよそ10万個の毛穴があり、体毛より太い毛髪が1ヶの毛穴から3本、4本と生えています。頭皮の毛穴は体毛の毛穴より大きいのです。
そして毛穴は汗や皮脂をそとへ出すための排泄器官で、毛穴からはいってくる化学物質を排泄するバリア機能はありません。

毛髪をつくるところ「毛根幹細胞」がダメになる

3〜4mmの深さにある毛母細胞で髪がつくられますが、この毛母細胞をつくるのが頭皮の深さ1〜2mmの浅いところにある「毛根幹細胞」です。シャンプー成分の毒性により、この毛根幹細胞が傷めつけられると、毛の質が悪くなったり、毛が生えてこなくなったりということが起こります。

touhikouzou.jpg



頭皮がだんだん薄くなり、毛髪が育たない

シャンプーの化学成分の影響で頭皮のバリア機能が侵されます。保湿力をうしなった頭皮細胞は再生する力が衰えてしまうのです。そのため、頭皮の厚さがだんだん薄くなっていきます。
毛髪にとって頭皮はいわば「畑」。豊かな土壌があってこそ植物は育ちますが、そうでなければしっかり根を張ることもできず、育ちません。頭皮が薄ければ、髪にも栄養分が届かず弱々しい毛になり抜けやすくもなります。

頭皮に棲むはずの「常在菌」も死滅


頭皮には多くの常在菌が棲んでいます。皮脂や汗を食べて、酸性物質を出し、頭皮を弱酸性に保っています。そうして雑菌やカビなどから頭皮を守っています。
ところが、シャンプーの防腐剤はこの常在菌を殺してしまいます。
シャンプーは水分が50%以上も入っていて、しかも高温多湿な浴室に置いてあります。それなのに腐らないのは、強力な防腐剤がはいっているからです。

シャンプーを使うほど薄毛になっていく

シャンプーにより頭皮がダメージを受けると、皮脂の分泌がうまくいかなくなります。すると、皮脂をおぎなおうとして皮脂腺が発達してしまいます。毛髪にいくはずの栄養の多くが皮脂腺にとられてしまうと、毛は栄養不足になり十分成長できなくなり、細くて短いうぶ毛のような髪しか生えてこなくなります。これが薄毛の原因といわれます。

髪と頭皮に悪いシャンプーをやめて、石けん洗髪にしませんか!

そらフェイシャル・ソープは、簡単に弾力のある泡がたつので石けん洗髪にむいています。
髪もさらさらになり、頭皮もすっきりします。

そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
初回半額でお試しになれます。

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 13:18 | 脱ファンデ脱シャンプー

30代40代肌が劣化する原因は、ターンオーバーの遅れ!

2019年01月28日

若い頃はとくべつなことをしなくても肌がキレイだったのに、30代過ぎたあたりからシミ、しわが気になってきた、という方が多いと思います。私も同じです。

毛穴の開きが目立ち、肌の色もなんとなくくすんできて、ハリがない。肌に若さが失われていく感じですね…。

肌の新陳代謝をターンオーバーといいますが、若い頃はだいたい1ヶ月くらいで肌が入れ替わっていました。ところが、年齢とともにターンオーバーに時間がかかるようになります。

30代40代では倍の2ヶ月、60代にもなれば3倍ともいわれます。体全体の代謝も悪くなっていますし、化粧品や紫外線によるダメージの蓄積も影響しているでしょう。

肌の乾燥もターンオーバーを遅らせる一因です。油分と水分をうしなうと皮膚細胞は固くなり、古い角質がはがれにくくなり、若い細胞がおもてにあらわれにくくなります。メラニンも居座るのでシミにもなりやすい。

歳をとってもなるべくキレイでいるためには、保湿をして肌の乾燥をふせぐことと、肌の代謝にやくだつ栄養を積極的に摂っていくことが重要です。

新しい肌はからだの中から生まれてくるので、肌に関係する栄養が不足していては、どんなに外から手入れをしても肌はよくなりません。

kihon.jpg



栄養で大事なのは、抗酸化成分であるポリフェノールとビタミンC。肌のために生野菜や果物をすすめるのはそうした理由です。紫外線やストレスで発生する「活性酸素」はシミの元になったり、肌の老化をすすめます。

代謝をうながすビタミンB群、ビオチンもターンオーバーには大切。

肌が老化してきている… 若い頃と違うなあ… と思ったら、なおさらなかからの栄養補給が重要です!

化粧品にかけている費用を、肌のためのサプリメントにかけたほうがよほど有効です。
化粧品はこれから剥がれ落ちていく角質までしか届いていません。かんじんな表皮には入らないのです。
それよりも、これから表にでてくる肌そのものを良くしていかなければ、きれいにはなれません。そのためには肌に有効な栄養を十分に摂ることなのです。

肌のための栄養をそろって配合しているのが「はだのさぷり」
初回は1ヶ月分半額でお試し


HPTIMAGE.jpg


hadasapuseibunn.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 11:08 | 肌に効果的なサプリメント

化粧品に使う「お金」「時間」もったいない

2019年01月25日

もし「化粧品」を使わなくてもすんだら…
と考えてみたらどうでしょう?

化粧品を買うための費用。毎日それを使ってメイクするために費やしている時間(夜はそれを落とす時間も)。
考えたらぼう大ですね。

私自身、そらスキンケアに切り替えたことをきっかけに、いまや「ノーファンデ、すっぴん生活」となりましたが、それはここ3年くらいのこと。それ以前は化粧水や乳液も使っていましたし、ファンデーションも塗っていました。ファンデーションひとつ買うにも3千円くらいはしていたことを考えると、今はいろいろな面でラクです。

そらのスキンケアは「化粧品」ではないです。「洗顔」と「保湿」を軸としたまさに「肌の手入れ」のためのもの。洗顔は固形石鹸で、保湿はアルガンオイル、シアバターで行います。

そら流スキンケアのすすめで、私のようになったお客様も増えてきました。化粧品を使っていた頃よりも肌がキレイになり、乾燥肌も改善されたという声も多くきかれます。

わざわざ高いお金を使い化粧品をつけて、毎日めんどうなメイクをして、肌を悪くしていると思うと、まったくなんということなんでしょう?!

かくいう私も社会人になって50代になるまで、これを繰り返してきたのですから人のことは言えません。

でも自分がやってみて、わかったこと、確信できたことは、何歳であっても『化粧品を止めて、ノーファンデ』にしたら、今よりは肌は悪くなったり老化がひどくなったりはしないということ。
さらに洗顔と保湿をそら流で行っていったら、きれいな肌は取り戻せます。

3点製品写真.jpg


50代半ばでもノーファンデ可能です。
プロフィール上半身.jpg


そらスキンケア製品は、初回半額でお試しになれます(送料当社負担)
そら製品お試し →




posted by カウンセラー 新藤 at 10:24 | 脱ファンデ脱シャンプー

スキンケア化粧品では、肌のケアになっていない

2019年01月24日

スキンケア化粧品を使っても、肌はよくならないこと。化粧品をやめてみて、つくづくそれが分かりました。

スキンケアとは文字通り「肌を手入れすること」ですね。多くの女性はきれいになりたくて、いろんな化粧品を顔につけます。つけることで肌がよくなるし、老化も防げると期待してるはず。

でも違ってました! スキンケア化粧品は逆に肌を悪くさせています。なぜなら「化粧品」には、化学成分がひじょうに沢山配合されていて、それらが肌に及ぼす害が大きいのです。肌は自然のものだから、化学物質は本来受け付けません。

もともと肌には自ら守ろうとする力があります。皮膚内部に有害物が入り込まないようにするための「バリア」もあります。肌を雑菌からまもったり、弱酸性に保ったりしてくれる「常在菌」も棲んでいます。肌が乾燥してくれば皮脂を分泌して、潤いを保ちます。

スキンケア化粧品をつければ、これらの働きを無視して、バランスを崩し、逆に肌を悪くさせる循環へと向かいます。

肌にとってほんとうのケアになることとは、毛穴の汚れまできっちり落とす「洗顔」と乾燥から守る「保湿」です。

「洗顔」には石けんが好ましいです。広く使われている洗顔フォームは、化学成分が毛穴に残りやすく、汚れがきちんと落とせていません。洗顔後にヌルヌルとするのは「潤い」なんかではなくて、肌に残された界面活性剤と考えられます。

泡の差.jpg


★ おすすめなのは、そらフェイシャル・ソープでの洗顔です。特徴成分であるチタンペーストが練り込んであるため、弾力のあるとてもキメ細かい泡がたち、泡がへたりにくく、毛穴のよごれをよく落とします。

初めてのかたは半額お試しがあります。
そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
製品写真.jpg


洗顔後は保湿が重要ですが、ここでも乳液やクリームなどは好ましくありません。とにかく「化粧品」では肌のために良い手入れにはならないからです。肌は本来、自分の皮脂で皮脂膜をつくっているわけですから、なるべくそれに近い働きのものが向いています。

★素肌に直接つけられて、吸収がよくてべたつかないという特徴をもつ「アルガンオイル」。洗顔後のケアは、アルガンオイルだけで十分問題ありません。
冬は空気がひどく乾燥していますので、アルガンオイルを塗ったうえに、さらにシアバターでフタをするというやり方がよいと思います。シアバターは植物オイルのなかでダントツにステアリン酸が多いので保湿力が長くもちます。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルはヨーロッパでも人気が高い高級オイル。キメをととのえたり、ふっくらとはりのある肌が取り戻せると定評があります。
少量でのびがよく、付け心地がよいのもリピーターが多い理由だと思います。

初めての方は半額でお試しになれます。
そらアルガンオイル →

製品.jpg


きれいになるには、シンプルが一番でした!



posted by カウンセラー 新藤 at 13:11 | そらスキンケア

肌を乾燥させるとシミもできやすくなる!

2019年01月08日

乾燥肌とシミは、それぞれ別の悩みのようにも見えますが、実はシミの原因には「肌の乾燥」が大きく関係しているのです。

肌がうるおい、ターンオーバーがしっかりしている肌は、皮膚の再生が活発なため、古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれやすくなります(シミの主な原因は肌内部にできるメラニン色素です)。

でも、肌が乾燥して角質層が硬く厚くなると、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなってしまいます。そして、ターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が肌に残りやすくなった結果、シミの原因になってしまうのです。

◆ 乾燥肌は、加齢シミの元凶

シミの大きな原因は、もちろん紫外線による光老化ですが、次に気をつけなければならないのが肌の乾燥!
年齢が上がるほどシミができやすくなるのも、ターンオーバーの周期が長くなり、肌が乾燥しやすくなるからです。

肌の代謝は20歳前後がもっとも活発で、その後はじょじょに落ちていきます。加齢によるターンオーバーの遅れも避けられません。でも、保湿をして角質層を整えておけば、年齢が高くなってもシミができにくくなります。

◆ 肌の保湿には天然素材の植物オイルがむいています!

皆さんも経験があるでしょうが、保湿効果をうたった化粧品をいくらつけても効果が感じられない。化学成分を多く含むぶん、かえって肌にもよくありません。それよりも、肌には天然性の保湿剤がおすすめです。

天然性の保湿剤としてのアルガンオイルやシアバターは、皮脂に含まれているオレイン酸を多く含んでいるため肌によく馴染みます。吸収されやすく、べたつかず付け心地がよいのが特徴です。

アルガンとシアバター組成.jpg



そらアルガンオイル、そらシアバターはどちらもオーガニック原料使用、低温圧搾法により品質を損なわないようていねいに搾られています。
精製された純度の高いオイルなので、安心して長く使い続けることができます。

製品.jpg


ふたを開けたところ.jpg


初めての方は、初回半額お試しがあります(送料当社負担)
★ そらアルガンオイル →
★ そらシアバター →







posted by カウンセラー 新藤 at 13:38 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング