シアバターが固くなる冬。上手な使い方は?!

2019年12月20日

お早うございます。そらの新藤です。

きょうもアルガンオイルとシアバターでしっかり保湿。肌も好調です!

いろいろな種類がある美容オイルですが、植物によって成分(脂肪酸の種類や比率)が異なり、それによって使用感、テクスチャーが変わってきます。

シアバターは、バターやラードといったステアリン酸(脂肪酸の一種)の含有率が高いのが特徴で、そのため体温くらいの温度でないと溶けない、という性質があります。
このことをあらかじめ理解していないと、気温が低い冬に使おうとして「ええ、固い! 使いにくい〜!!」ということになりがちです。

コツさえつかんで、使い方に慣れれば、シアバターほど頼もしい保湿クリームはありません!

● 体温まで温めないとやわらかくならない
● つけたときべたっとして粘りがある
● 肌にはりついたかんじ

これらの特徴が、乾燥の時期保湿する上では重要なポイントになるのです。


当社のシアバターは独自の製造方法でつくられています。7年にわたる製造・販売経験から、冬でもなるべく固くならないシアバターを提供しています。
シアバターの成分は、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸など数種類の脂肪酸が含まれています。それらの脂肪酸は、それぞれ溶ける温度(融点)が異なるという点が製造の上でとても手こずるところです。
経験を重ねて、冬でもこちこちにならずに使い勝手のよいシアバターがつくれるようになったのです。

おいしそうなシアバター.jpg


とはいっても、35℃くらいで溶けるシアバター。寒い地域にお住まいのお客様は、やはり固めにはなります。洗面所など寒いところに置いておくととくにそうなります。

リビングなど暖房の効いたお部屋においてお使いになることをおすすめします。

固めのシアバター、使い方は!

付属のスパチュラ、または爪で使用分をとり、手のひらで練って温めてください。なめらかになったら顔につけていきます。
まずは小じわの気になる目尻に。目の周りは皮膚が薄く皮脂の分泌も少ないので入念につけておくといいです。

顔全体につけるときは、両手のひらにシアバターを伸ばして、それをパッティングするようにつけます。あまり横方向にひっぱらないで、ぺたぺた手のひらでつけるようにするとよいと思います。

私はノーファンデなので、このあとベビーパウダーをさっとつけて、テカリを軽く抑えています。
ふだんのスキンケアで、肌がなめらかに整っていれば、これだけでベースはOK。ファンデーションをつけなくても艶のある均一な肌ができあがります。

すっぴん171220.jpg


中年になるほどスキンケアはシンプルにして、化粧品の品数を少なくしていくのが正解です。化粧品にはどうしても化学成分が多く使われているため、かえって肌への負担が多く、肌が老化してしまいます。

ナチュラルが肌にはいちばんいいし、見た目も若く見えると思うのです。

そらシアバター 詳しくはこちら→
★初めての方は初回半額です♪

siabata-otamesi.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:34 | シアバター使い方

冬でも朝、ダブル洗顔が必要なワケ

2019年12月18日

こんにちは、今朝はすごい霧でしたね。運転される方は怖かったと思います。

今日は冬の洗顔についてです。
私は朝も晩も、フェイシャルソープで2回洗顔しています。冬は肌も乾燥しているし、汗もそんなにかいていないから朝は1回洗えばいいんじゃない? と思う方もいらっしゃるでしょう。

でもそれは違います。夜寝る前にはクリームを塗って保湿していますね。朝は顔にクリームが残っていないように思ってもやはり油分は残っています。そして、夏のように汗はかいていなくても、発汗はしています。
ですから、朝はそれらの汚れをしっかりとってから、また新しい保湿剤をつけて1日の乾燥に備えるのです。

私の場合は、夜お風呂上がりに、アルガンオイルとシアバターをたっぷり塗ってから寝ます。首に塗るのも忘れないように!
朝起きると、顔はべたべたしていません。でも泡立てネットでしっかり泡立てて、その泡を2回に分けてとり、ダブル洗顔します。

「冬洗いすぎると顔がつっぱるのでは?」と心配する方、そんなことはありません。そらフェイシャルソープなら、汚れ落ちはよくても肌に余計な負担をかけることはないですし、必要以上に洗浄することはありません。

市販の洗顔剤の宣伝で「うるおい残して」なんていってるところがありますが、あれはヘンですね。汚れはいったん落とさなくては! 自分の分泌した皮脂も古くなってますし汗や汚れと一緒になっているわけですから、それらをまずきれいにして、そのあと新たに保湿するのです。

洗顔の時は、冷たい水ではなくぬるま湯がいいです。石鹸は水だと汚れ落ちが悪くなるからです。混合栓の場合は少し水を流して、水が温まってぬるま湯になってから洗ってください。

そらフェイシャルソープ 詳しくは→
★初めての方は半額お試しがあります。

sopuotamesi.jpg


泡の差.jpg


石けんと泡





posted by カウンセラー 新藤 at 13:58 | そらフェイシャル・ソープ

ハンドクリームにシアバターは抜群!

2019年12月17日

お早うございます。そらの新藤です。
空気が乾燥してきました。朝、顔にもうすくシアバターを塗っていますが、数時間もするとすっかり肌に入ってしまいます。

アルガンオイルとシアバターは、市販の保湿化粧品とは違って、ちゃんと表皮に馴染んで肌全体で保湿し水分の蒸発を抑えるので、理にかなってますね!! 化学成分を肌は受け入れないので、化粧品の乳液やクリームは結局は肌を上滑りしているだけなんですよね。

さて、これからますます寒くなると、手荒れが気になってきますね。ガサガサして、指先が割れたり、ささくれができたり。炊事や洗濯もしますから、常に水を使うわけで女性はたいへんなんです。

幼少の頃、母は「桃の花クリーム」をよく買っていました。鏡台にはいつもあのピンクの容器が。
あとは、黄色と緑の容器の「アトリックス」やおなじみのニベアなど、ハンドクリームってあれこれと使っていたものです。

でもいまは「シアバター」一筋です! 全然違いますね。市販のハンドクリームはいまいちで、これっていうのが無かったけれど、シアバターはちゃんと膜を作ってくれて効果が長持ちします。水にも落ちにくいです。

シアバターを日常的に使っていると、指先のひび割れやささくれも出来ません。いつも手がすべすべでいられます。桃の花はいかにも油って感じでべたべたしたのを覚えてますが、シアバターはつけた直後はべたべたするものの、すぐにべたつきは無くなります。ですから、すぐにパソコンを使う仕事ができるのもいいところです。

当社のシアバターは無香料ですから、料理をする前にも使えます。シアバターは口にいれても差し支えない素材なので、食物も触ることができて安心。

また、ほかのシアバターをお使いになったことのある方は、冬はシアバターがこちこちに固くなって使いにくい経験をしたこともあると思いますが、当社ではこれまで製造時に試行錯誤をして工夫した結果、冬にはやや固めにはなるものの固くなりにくく使いやすいものになっています。

この時期は、足も乾燥して、くるぶしやすねがかゆくなったりします。私も母もこのところ二人で「かゆいね〜」と言いながらシアバターを塗っています。
シアバターを使ってみると、足にも体にも、手や顔、と全身に使えるのでその便利さに驚くことと思います。
まだ使ったことのない方、ぜひお試しください。肌が弱くてワセリンをお使いの方もシアバターなら肌に合うかもしれません。お試しください。

そらシアバター 詳しくは →
★初回半額お試しがあります。

siabata-otamesi.jpg


sianomi.jpg


製造の様子.jpg


シアバター手タレ2.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 09:56 | シアバターの効果

冬は顔全体に、朝晩シアバターを塗ります!

2019年12月16日

シアバターって知られているかと思いきや、そうでもないみたいです。
知らない人は知らない。

ロクシタンの路面店があちこちあるのでかなり知名度はあるのかなと。
店頭でサンプルを試したりするかたも多いかと思いますが、メーカーによって香料や、使用感に違いがありますから、有名なロクシタンを試して、即「これがシアバターか」と思い込んでしまうのは間違いです。

シアバターは西アフリカでとれるシアの実から抽出する植物脂。オリーブオイルは小豆島などが有名で日本でも栽培されていますが、シアはアフリカの環境でないと育たない植物です。

強い日差しと乾燥した環境に育つシアだからこそ、保湿に最適な特徴をそなえているのだと思います。現地の女性たちには昔から親しまれてきたスキンケア材なのです。

さきほどメーカーによって違うといいましたが、シアバターの原料には大きな違いはないでしょうが、製品として世の中に送り出すときに会社毎の考え方や、シアバターを「こんなユーザーに、このように使って欲しい」というのが変わってくるのです。

それによって、精製するのかしないのか、香料を加えるのか、用途をどうアピールしていくのかが導き出されます。
当社の場合、顔体それこそ全身の保湿クリームとして最適!と商品化を決めましたので、「精製して無香料として、冬でもなるべく堅くならないように」とし、使いやすさにこだわりました。
新発売が7年前ですから、もうずいぶんとロングセラーになっていますね。

シアバターの特徴あるテクスチャー

シアバターは粘性があり肌に張り付くような使用感が特徴です。

シアバター手タレ.jpg


肌にオイルのベールをつくり、肌を長時間にわたり保湿します。皮脂にも含まれている脂肪酸「オレイン酸」を皮脂と同率の40%ほど含んでいますので、浸透がいいです。

つけた直後はべたべたしますが、数分たてば馴染んで肌がしっとりと感じられます。汗など水に流されにくいので長持ちするのも特徴。ハンドクリームとしてつければ何度も付け直ししなくてすみますし、顔につければ圧迫感なく保湿効果が長持ちします。

この使用感は、化粧品では無いと思います。所詮化粧品は、化学的な成分を合成しているものなので、肌には相容れないものだと思います。
シアは口に入れても問題ないくらいですから、安全で長年にわたって使い続けられるのもいいと思います。

私自身はシアバターを使うようになって、顔のしわが減ったと実感できますし、真冬の乾燥時期でも肌の乾燥やツッパリを感じることはありません。
50代も半ばをすぎ、年齢肌が気になるころですが、肌はよく褒められます。人に会って「ノーファンデ」だと言うと驚かれます。

シアバターを使って肌質を整えれば、乳液やクリームを止めることもできます。ほんとうは必要無いものです。
私も以前はあたりまえのように、洗顔後に化粧水→乳液→美容液とやっていましたが、それら一切を止めました。今は洗顔→アルガンオイル→シアバターのみで、肌の調子はとても良いです。仕上げはベビーパウダーで十分なかんじです。

これから冬本番。湿度もますます下がってきますが、もっと問題は「室内の暖房」です。湿度が低いうえに、さらに暖房するので部屋の中はものすごい乾燥状態となっているのです。
「加湿器」をフル回転させるのはもちろんのこと、朝メイクする前にも、寝る前にも、このシアバターで念入りに保湿をしておかなければなりません。

肌を乾燥させると、肌の老化は加速します。自分の体験でもつくづくそれが分かります。肌をきれいに、そして若く保ちたかったら、化粧品ではなくアルガンオイル、シアバターでの保湿をおすすめします!

そらシアバター 詳しくは →
★初めての方半額お試しあります。

siabata-otamesi.jpg


シアバター成分円グラフ.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 11:14 | シアバター使い方

石鹸洗髪のやり方変更のお知らせ!

2019年12月13日

こんにちは、そらの新藤です。

シャンプーを使うのをやめて、そらフェイシャルソープで髪を洗うようになって早5年になります。白髪が減ってほとんど分からないくらいまで改善しました。
これには、自分でもびっくりしてます(期待以上!)

髪も黒々、抜け毛もあまり無いですし、髪につやもあり、元気できれいな髪の毛です。

じつはまだ皆さんにお伝えしてなかったのですが、2ヶ月前から「石鹸洗髪のやり方」を一部変更しました。
と、いっても基本的には変わらないのですが、変えたところは『泡立てネット』を使うことにしたんです。

この5年間は、髪を濡らして、じかに石鹸を頭にこすりつけて、そのまま泡立てて洗ってました。それでも十分効果はありました。泡立てネットを使うのは、ちょっと一手間増えたのですが、やはり使ったほうがずっといいかんじです。

石鹸はアルカリ性ですから、じかに石鹸をつけると、その箇所にアルカリ性が触れることになるわけです。それでは少しアルカリ性が強すぎるようです。
泡立てネットで泡立てた「泡」で洗うようにすれば、髪や頭皮に与える刺激も無く、また一律にまんべんなく石けん液が行き渡って汚れ落ちもいいようです。

この泡立てネットを使う方法で洗髪するようになって、私自身いくつか変化を感じています。
・白髪がさらに減りました。後頭部にはまだだいぶ白髪がのこっていたんですが、減ってきました!
・頭皮がかゆくなくなりました。乾燥のせいかと思っていた「かゆみ」がでなくなりました。


そらフェイシャルソープで洗髪されているかたもいらっしゃると思いますが、面倒でも泡立てネットを使って洗ってみてください。
そのほうがずっといいですよ。

toweldry2.jpg


脱シャンプーして、石鹸洗髪に変えると、髪が生き返ります!
仕上げをクエン酸でやれば、きしむこともありませんし、慣れればシャンプーと変わりません。→でも髪に与える影響はまるで違う!

初めての方は半額でお試しできます。髪と顔を洗って、2ヶ月くらいもちます。最後までとけることがありません。そこもいいところ。
お試しはこちら→
sopuotamesi.jpg


石けんと泡


プロ写真髪.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:34 | オススメ!石鹸で洗髪

肌断食で注意することは

2019年12月02日

お早うございます。そらの新藤です。

「肌断食」ということばを聞いたことがあると思います。

食べ物の断食と同じように、毒素を追い出す、自分の自然治癒力を引き出す、などの効果が考えられます。
でも「肌断食」をやる場合に必ず注意しておかなければならないことがあります。

それは、
○洗顔はきちんとやる
○保湿に気をつける

ということです。

何でも省けばいいというものではありません。スキンケア製品はすべて断つ! 何も使ってはいけない、なんていうのは乱暴すぎますし、極端で肌には過激すぎますし、肌に良いとはいえません。

洗顔料についても石鹸を使わないで、水やぬるま湯だけで洗うという方法も紹介されていたりしますが、自分の皮脂や保湿剤の油分など、顔にはさまざまな油分がついているものです。油は水だけでは落とせません。水洗顔では落とせないので古いアブラが酸化して肌に悪影響を及ぼす心配があります。

「肌断食」の目的のひとつである『なるべく化学成分を含むスキンケア製品を使わない』という部分には賛同できます。ですから、洗顔には固形石鹸を使います。それも単なる固形石鹸ではなく、洗顔のための石鹸を使います。
弊社製品には、フェイシャルソープがあります。
洗顔のために開発された高機能、高品質な石鹸です。チタンペーストを練り込んできめ細かい泡が立つようにつくられています。その泡が毛穴の奥の汚れまで、きれいにおとします。

泡の差.jpg


初めての方は、製品を半額でお試しいただけます。フェイシャルソープは100g、洗顔のみ使用で2ヶ月くらいご使用になれます。
★そらフェイシャルソープ 初回お試しお申し込みはこちらから →

sopuotamesi.jpg


素肌をすっきり洗ったら、次は「保湿」が重要です!

肌断食なんだからなにもつけない、は間違いです! 肌はふつう自分の皮脂を分泌して皮脂膜をつくり肌を乾燥から守っています。ところが、現代の住宅事情やエアコン使用の状況下では、過度な乾燥となっており肌にはとても過酷な環境です。

さらに、年齢を重ねると、肌のきめが粗くなり、肌そのものの力が落ちてきて、自力では保湿が追いつきません。やはり外から保湿剤の助けが必要なのです。

保湿も市販の乳液やクリームはよくないと考えています。保湿は必要なのだけれど、化粧品で保湿するのではなくて、なるべく自然で肌に馴染むものを使うべきです。私たちは、アルガンオイル、シアバターを選びました。

皮脂にも含まれているオレイン酸を、肌とほぼ同率の40%ほど含んでいて、肌によく吸収しべたつきが残りません。そして、アルガンオイル&シアバターの2種類使いで、保湿力の高い状態が長時間保たれます。

洗顔後、まずアルガンオイルを3滴ほどつけます。すぐに肌に染みこんでいくのが、アルガンオイルの特徴です! その上からシアバターを薄くのばしてつけます。シアバターはアルガンオイルよりも、もうちょっと重たい感じのオイルで(使用感は固めのクリーム)肌表面にアブラの膜をつくり、アルガンオイルのもちを良くしてくれますし、長時間にわたって保湿します。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイル、シアバターも初回半額お試しができます。
★アルガンオイル 初回お試しお申し込みはこちらから →
★シアバター   初回お試しお申し込みはこちらから →

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg


肌をよくしたければ、自然素材のスキンケアを使い、肌をいたわりながら、ソフトな肌断食をするのが正解です。化学成分のはいった化粧品を肌から遠ざけるのはよいことです。

そらスキンケア 詳しくは →






posted by カウンセラー 新藤 at 10:25 | 脱ファンデ脱シャンプー