水洗顔がいい、というのはほんと??

2020年01月17日

「肌断食」「水洗顔」という言葉を聞きますが、スキンケア製品をいっさい使わないというのは本当に肌にいいのでしょうか? 皆さんはどう思いますか?

タモリや福山雅治などが流行らせた「お風呂で石鹸は使わない」というのもあります。

いろいろ意見はあるとは思うのですが、私は『顔は石鹸で洗うけれど、体は別に石鹸を使わなくてもよい』、という考えで自分もそれを実践しています。

顔は朝晩石鹸(そらフェイシャルソープ)で洗顔しています。夜お風呂に入ったとき、以前は市販のボディソープで体全体を洗っていましたが、5年前くらいから使っていなくてお湯で流すだけです。汚いですかね? そんなことはないと思います。

そこはタモリ流の理屈と同じかもしれませんが、そもそも体には自分が分泌する皮脂以外の油分はついてないですよね。皮膚が分泌している皮脂は、肌を潤すために必要だから、それをムリに石鹸でおとすことはないでしょう。

とくに今の時期のように乾燥していると、体の乾燥は痒みの原因にもなるので適度な皮脂はつねにあったほうがいい。化学成分が配合された人工的な油分(ボディクリーム)を使っていると、石鹸で洗わなければならなくなるから使わない方がいいと思っています。もし保湿するなら、100%ピュアなアルガンオイルやシアバターがおすすめ(これならつけっぱなしで、石鹸で洗う必要なし)。

決定的に顔と体が違うのは、体は被服に包まれているから乾燥から守られているけれど、顔は表にでています。顔はいつも外気にさらされ、乾燥した冬などはたまったものではありません。ましてや現代では、空調で部屋があたためられ、乾燥がさらにひどくなっているわけですよね。ですから、自分の皮脂だけでは足りなくて肌の乾燥が防げない。そこで、保湿スキンケアが不可欠になってきます。

ある意味、今の私たちの生活空間は自然の環境ではないということ。保湿には、先ほどもでてきたアルガンオイル、シアバターを使います。肌の乾燥は、肌の老化・劣化に直結すると思っていますので、朝晩つけたほうがいいですね。

いくら品質がよいオイルを使ったとしても、8時間も9時間も顔に塗っているわけですから、ホコリや汗と混じって汚れとなっているでしょう。だから、朝晩の洗顔では、石鹸を使って毛穴の奥まできれいに洗浄しなければならないのです。

そらフェイシャルソープの特徴は、ごく細かな粒子チタンペーストを練り込んでいるので、ひじょうに弾力のあるきめ細かな泡がたつこと! この泡が毛穴の奥の汚れまでかきだしてくれます。
そらフェイシャルソープ 詳しくは→
★初回半額でご購入になれます!


sopuotamesi.jpg


泡の差.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:37 | そらフェイシャル・ソープ