天然の成分だから、肌によくなじむ

2021年04月16日

そらのスキンケア製品ラインナップには、石鹸とアルガンオイルとシアバターしかありません。今後も変わらないと思います。色物はやりません。

目的が、肌を健やかに美しく保つことだからです。顔も髪の毛も「そらフェイシャルソープ」で洗えますのでシャンプーも必要ありません。

毎日のスキンケアがとってもシンプルになります♪

コストもかからないうえに、キレイになれるのだからいうことないですね。
そのためには、まずは今までの固定概念を取り払うこと! 顔は洗顔フォームや洗顔クリームを使って洗わなくちゃ!とか、洗顔後は化粧水をたっぷりコットンに染みこませてパッティング、とか、宣伝や雑誌からの刷り込みによって信じ込まされていることがいっぱいあります。まずはそれをリセット!

人間のカラダも肌も自然のもの。本来は石油系の成分や、化学合成でつくられた成分は受け付けないはずなのです。基本にもどって考えると、なにより大事なことは、肌を毎日清潔に洗浄し保湿してあげることです。

そして、その保湿には植物から搾った、天然の植物脂がむいています。中でも、アルガンオイルとシアバターが、脂肪酸組成がすぐれていて、肌によく馴染みます。
オリーブオイルや椿オイルなども、自然のものですが、リノール酸の割合が多かったりして、べたつきやすくなっています。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルもシアバターも、皮脂と同じアブラであるオレイン酸の割合が40%ほどで皮脂に近い割合なため、肌によく吸収され、あとにべたつきも残りません。
朝晩のスキンケアに最適な理由です。つけたあとさらっとしていますので、お化粧しても快適に一日を過ごすことができます。しかも、保湿効果が一日中保たれるので、肌がつっぱることもなく、保湿を付け足す必要もありません。保湿していないと皮脂がよけいに分泌され化粧崩れの一因となりますので、アルガンオイル&シアバターでベースを保湿していれば、化粧崩れしにくく化粧直しがいらない、ということになります。

そらスキンケア ラインナップ →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

そらスキンケア製品は、男女ともに使っていただける「洗顔石鹸」「保湿オイル・クリーム」

2021年04月15日

そらのスキンケア製品は、男性女性関係なく使えます。基本的な肌のしくみは同じですから、肌を健康的に美しく保つ方法は共通しているのです。

男性にも使っていただくことを想定して、製品を作っています。パッケージデザインも女性だけを意識してはいませんし、香料も使っていません。

現在、フェイシャルソープ、アルガンオイル、シアバター、すべて男性のご利用者もいらっしゃいます。とても気に入っていただいているようです。

最近の風潮として、男性だから肌や身だしなみに無頓着でもいい、というわけにはいきません。肌の見た目や、清潔感は、男性にとっても「好印象」か否かを左右する重要なポイントとなっています。異性の目だけでなく、仕事をする上でも、そこのところ見られていますよね。

男性の肌は、女性よりも皮脂分泌が多いので、しっかり洗顔をして清潔にしていないと毛穴が詰まったり、脂ぎったりしてしまいます。さらに気をつけなければいけないのは、アブラっぽいからといって、アブラを拭き取りすぎたり、皮脂を不自然に抑えるような化粧品を使ったりすると、ますます皮脂分泌が盛んになり、バランスが崩れてしまいます。

大事なことは、しっかり汚れや皮脂を取り去ることのできる洗顔料を使うこと(そらフェイシャルソープがおすすめです!)。
そして、洗顔後は自然な素材の保湿剤を使い、肌の乾燥を防ぐことです。アルガンオイルは肌によく染みこみべたつきが残りませんので、洗顔後これだけで保湿はOKです。メントールが入ったような化粧水や、乳液などの男性化粧品は必要ありません。

日中は、アルガンオイルだけで大丈夫です。営業のお仕事などで外歩きが多く、日焼けが気になるかたは、日焼け止めを塗るといいと思います。紫外線はシミの原因になりますので、夏は男性でも日傘を使ったほうがいいですね。

男性でもスキンケアに関しては女性と同じ! これらの基本的なケアを日々していれば、肌は若く保てますし、「肌がきれい!」はぜったい好印象間違いなしです!

そらスキンケア 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。

meikudougaichi.jpg


sopuotamesi.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 10:33 | そらスキンケア

そろそろ朝のシアバターは、顔全体では無く目のまわりと首筋に!

2021年04月02日

桜も散り始め、だんだん暖かくなってきました。湿度もあがって、蒸し蒸しする日もあります。

こうなってくると、朝のスキンケアでシアバターは部分付けでもよくなってきます。部分とは、乾燥しやすい目の周りと首筋くらいにつければいいということです。

乾燥している冬は、朝もシアバターを顔全体に塗ったほうがいいのですが、今の季節になってくると、それではちょっと暑苦しい感じがしてきます。
保湿オーバーだと吹き出物もできたりしますしね。

実際に私もおととい珍しくほっぺたに吹き出物ができました。このところチョコレート食べすぎたかな?とも思いましたが、保湿のシアバターの量を少し減らしてもいいというシグナルとも受け取ったのです。

春夏とこれから季節が巡っていきます。でも暑くなっても保湿はしなくていいということにはなりません。除湿や冷房など空調がかかると室内は乾燥しています。年齢肌は、それでなくても乾燥しやすいのですから、一年中、保湿は手を抜けません。

乳液やクリームよりも、自然な植物からとれた植物脂が保湿にはおすすめです。
そらのアルガンオイル、シアバターは、無添加無香料で精製した高品質なオイルです。素肌に直接塗るものですから安心できる素材のものがいいですね。

そらシアバター 詳しくは →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます(送料当社負担)。


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:30 | シアバター使い方