お風呂上がりにかゆいのは乾燥のせい

2013年11月26日

シアバターを知る前は、冬になるとお風呂上がりに体中がかゆくてかゆくてたまりませんでした。
かきむしって、血がでるほどで、悩みのたねだったんです。
これは、肌が乾燥するせいだったんですね。あとから知りました。

傷になると痕が残って大変と知ってはいても我慢ができないほどなんです。掻き壊すと、こんどはしみて痛い。
オロナイン軟膏をつけていました。
毎年冬はこの繰り返しでした。

それが、去年の冬はシアバターがありましたので、ずいぶん助かりました。
かゆくなる部分は、決まっていてスネや背中の腰あたり。そこに湯上がりにシアバターを塗っていたら、かゆくなることなく、落ち着いていました。掻き壊すこともなかったので肌もきれいでいられました。

さて、今年もそんな季節がやってきました。が…?? 湯上がりにかゆかったらシアバターを塗ろうと思っているんですが、そんなにかゆくない。なんでだろう?

実は身体を洗うのに、去年までは敏感肌用の弱酸性ボディーソープというのを使っていたんです。切れたのを機会に石鹸に切り替えたんです。ボディーソープも「肌にやさしい」とかいうのは高くて、詰め替えでも千円していたので躊躇してたんです。

そのせいか、湯上がりもかゆくない。あのボディソープが原因だったんじゃないか、と今思っています。きけば、ボディーソープには合成界面活性剤がはいっているといいます。それに比べて、昔ながらの石鹸のほうが成分が自然ですね。

最近は、身体を洗うのに、石鹸派は減ってボディーソープを使うひとが多いと思いますが、肌のバリアが弱まっている高齢者が、ボディーソープなんかを使ったらよけいに悪いんじゃないだろうかと想像します。風呂上がりは、肌表面から水分、油分がとられてかゆくなりやすいですが、高齢者はよけいにそうなると思います。

手を洗う安い石鹸より、やや高めの肌にやさしい石鹸で洗い、お風呂からあがったらシアバターで保湿するのがベターです。

お風呂上がりグラフ.jpg

オイル成分構成と本体.jpg

そらのシアバターについて詳しく→
posted by カウンセラー 新藤 at 13:35 | Comment(0) | シアバターの保湿効果
オイルを顔につけて油焼けの心配.. | ホーム | 季節の変わり目に指にちいさな水..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: