シアバターと脂性肌

2014年08月26日

シアバターと脂性肌、いっけん合わないように感じるかもしれませんが、皮脂が出すぎるタイプの脂性肌のひとこそ保湿が必要なんです。

それは、なぜ皮脂が出すぎるのか? を考えると答えがでます。肌は乾燥すると、自分で皮脂腺から皮脂を分泌し潤いを保とうとするしくみがあります。

肌表面の湿度といいますか、乾燥度合いがバランスを保っていれば、皮脂をそんなに出す必要はありません。ところが、保湿をせず肌を乾燥させていると、常に皮脂がでてしまい、しまいに皮脂腺も肥大してきて、ますます沢山の皮脂を作り出すようになってしまいます。

こうして、皮脂分泌をさかんにしてしまうと、ますます悪循環になります。べたべた、ぎとぎとするので、より念入りに洗顔をしたり、ごしごしこすったり、脂取り紙で皮脂をひんぱんにぬぐい取ったりします。またそれで肌が乾燥するので、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

という具合です。

この悪循環をたちきるのが、良質なオイルによる保湿です。さらっとして肌に入っていくタイプのアルガンオイル、肌の表面にオイルの膜をつくってフタをするように保湿するシアバター、この2種類のオイルがおすすめです。先にアルガンオイルをぬって、そのあとシアバターをつけるというふうに使い分けしていただくと、効果的です。もちろんアルガンオイルだけ、シアバターだけでもかまいません。

保湿をするようになると、皮脂が十分足りている状態になりますので、皮脂分泌量はだんだん減ってきます。そして、皮脂腺も縮小して毛穴も小さくなってきます。Tゾーンのテカリや、小鼻の黒ずみもしだいに気にならなくなってきます。

このことは、わたし自身も体験しました。鼻の頭やあごの脂肪のぶつぶつ(角栓)も無くなって驚いています。ほんとにそうなりますので、試してみて下さい。洗顔石鹸(そらフェイシャル・ソープの相乗効果もあったかもしれませんが)。

肌にすっと入ってべたつきが残らないアルガンオイルは、とくにオススメ! ↓






SORAアルガンオイル 詳しくは →

この3点使用で、そうなります!
3点製品写真.jpg



今年目尻しわなくなった.jpg

シア脂.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→
posted by カウンセラー 新藤 at 13:39 | シアバターの効果
シアバターは深いしわに効くか?.. | ホーム | やはり弊社の石鹸お試しは1ヶ月..