アルガンオイルは皆同じというわけではない

2014年11月04日

「世界ふしぎ発見・モロッコ」でアルガンオイルが肌のアンチエイジングにいいと紹介されてから、その反響がまだ続いています。

ヘアケア製品でアルガンオイル入りというものが色々発売されて、アルガンオイルという言葉をきくことも多くなってはいますが、まだまだ知名度は低い感じです。

アルガンオイル100%の製品を販売していらっしゃる会社さんは複数あり、価格も高いものから比較的安いものまで差があります。

製品.jpg
弊社がアルガンオイルの販売を検討し始めたのは1年ほど前で、その時他社製品を買いそろえて、使用感を比べたりしました。すると、同じように「オーガニックアルガンオイル100%」をうたった製品であっても、手触り(テクスチャー)、臭い、肌へのしみ込み方、などに差がありました。

安い製品では、アルガンオイルらしくないべたべたしたものも中にはありました。それは、肌へのしみ込みも悪く、時間がたっても肌に残るものでした。臭いも油の酸化臭がやや感じられました。

精製した品質のよいアルガンオイルではけっしてこんなことはありません。アルガンオイルの効果効用をテレビやネットで見たり聞いたりして、そんなに素晴らしいオイルならぜひ使ってみたい!と思ったかたが、もしもそんな品質の低いアルガンオイルに最初に出会われてしまったら残念だなあと思います。

なぜって、アルガンオイルって言ってるほど良くないわ、とがっかりなさるだろうと思うからです。もしべとべとして、肌に吸収していかなくって、臭いもある、そんなアルガンオイルを手にしてしまったら、そこであきらめずに弊社のアルガンオイルを試していただきたと思います。期待を裏切らないと思います。


そらのアルガンオイルについて詳しくは→


posted by カウンセラー 新藤 at 11:14 | アルガンオイル比較
そらフェイシャル・ソープを全身.. | ホーム | もしシアバターが翌日も顔に残っ..