冬、あたまがかゆいのも乾燥が原因?!

2014年12月02日

寒くなってきて、あたまがかゆくありませんか? わたしも以前は不思議に思っていたんですけど、毎日髪は洗っていて清潔にしているはずなのにおかしいなあと。

よく調べたら乾燥が原因のようです。冬湿度が下がって空気が乾燥してくると、お風呂上がりに体がかゆくなったりしますが、頭も同じで生え際とか頭頂部がかゆくなったりします。

乾燥してかゆくなるんだから、保湿すればいい!単純な発想でした。最近はアルガンオイル入りのヘアケア製品も人気のようだし、とコンディショナーに1滴アルガンオイルをまぜてトリートメントしてみました。
そのあと、よくすすぎます。

そうしたら、とても具合がよくなりました。かゆみもおさまったのです。髪もしっとり潤いがでて、まとまりやすくなりました。

なんだ、これでいいじゃないと思いました。去年あたりから、有名メーカーがこぞってヘアケア製品にオイルを入れだしました。アルガンオイル配合のものも多くみられます。

でもたいがいが「アルガンオイル入り」は売り文句で、配合量はほんのちょっぴりである場合が多いです。成分表をみると、水、BG(ブチレングリコール、化粧品に定番の成分)、エタノール(アルコールです)、と並びおそらくこの3つで全体の80%くらいになるそうです。これは化粧品製造メーカーから直接確認した話です。

だったら、わざわざ買わなくても、手持ちのリンスやコンディショナーにアルガンオイルを1滴混ぜればいいのではと思います。そのほうがよほど、オイル配合量は多いでしょう。

製品.jpg


それから、アルガンオイル入りのシャンプーというのもありますが、あれは変です。なぜなら、シャンプーは汚れを落とすためのもの。汚れには大気中のほこり、汚れ、自分の皮脂などがあります。油も落とさなければならないというのに、そこにオイルを入れるというのはどう考えても矛盾していませんか!

顔でも体でもそうなんですが、汚れを落としすぎずに潤い残してしっとり洗う、というこのフレーズはひじょうにおかしな日本語なんです。結局は汚れが落とせて無くて、石鹸成分も汚れもまじったものが肌に残っていてヌルヌルしているというのが実状ですね。これでは、肌や髪の毛が悪くなるのは当たり前です。

汚れを落として、そのあと良質なオイルで保湿する。これがもっとも理想的です。

美容オイルというものが、だんだん知られてきていますが、中でも貴重で高価なのがアルガンオイルです。見た目にはオリーブオイルやホホバオイル、ローズヒップオイルなどと似ていますが、成分の油(脂肪酸)の種類と比率が違うのです。アルガンオイルの配合は特徴的で、皮脂に近いオレイン酸、リノール酸、などがバランス良くはいっています。

つけるとすっと肌に吸い込まれるように入っていき、べたつきがありません。だから、お化粧の下にもつけられるのですね。最初つけたときは、驚きがあります!
つけているうちに、皮脂分泌がおさえられ毛穴もちいさくなります。肌もふっくらもちもちになります。
40代50代60代のかたにも是非試していただきたいですね。私自身も体験していますが、しわもなくなり、くすみがとれて、肌の色がワントーン、ツートーン明るくなります。ノーファンデも夢ではありません。私はそう出来るまでになりました。

製品とお試しアルガンオイル.jpg


アルガンオイルは原料が高価なので、どこでもお高いです。逆に安価なものは精製がよくない場合もございますので、吟味が必要です。弊社のアルガンオイルはクラスとしては高い原料を使用しておりますが、ダイレクトセリングのためリーズナブルな価格設定となっております。50mlで市場価格6000円7000円の階級です。

9mlのお試しは500円です。小さいように見えますが、1回の使用量が3滴ほどと少量ですみますので、お試しでも1ヶ月くらいはもちます。顔に、髪に、と十分お試しになれます。

そらアルガンオイル について詳しく→


posted by カウンセラー 新藤 at 11:27 | ヘアケア&頭皮ケアにアルガンオイル
目尻のしわが残念な男優さん | ホーム | 代表の永島も業者さんつかまえて..