日焼け止めは、けちけち使うと効果無し!

2015年07月29日

「強いガード力」がウリの日焼け止めが、けっこう増えていますね。紫外線B波を防御するSPF値が最高の50という製品も多いです(日本では最高50までと決められています)。そして、紫外線A波を防御する指標がPAですが、これもプラスが4つもつくものが目につきます。

日焼け止めは、この2つの記号をもとに選ぶのですが、一番強力な日焼け止めは現在のところ「SPF50 PA++++」ですね。ガード力が強ければいいというわけではなく、SPFの数値が高くなると必ずと言っていいほど紫外線吸収剤が入っていて、その紫外線吸収剤の肌への害が指摘されています。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤、どちらが肌への負担が少ないか?という話はまた別の機会にするとして、日焼け止めをどう塗れば効果が期待できるのか?についてです。

私も含め多くの女性がそうみたいですが、日焼け止めを塗る量はアバウトではないでしょうか? 日焼け止めの価格はピンからキリまであってビオレなど安いのもありますが、私はずっと気に入っているメーカーのものがあって(3千円くらいするもの)もったいないという気持ちと、室内でのデスクワークが多くあまり外に出ない、というのを勝手な理由にして、頬骨とおでこに量にしたら手のひらに10円玉くらいしかつけていません。→ 当然、なかなか無くならず長持ちします。

しかし…日焼け止めのことを調べていくうちに、「私も人のこと言えないわ、気休めに付けていたようなもんだわ」と思いました。

SPFもPAも、適量をメーカーが言うように正しくつけた場合の効果をいっていますが、実際にはほとんどの人が「正しくつけていないのではないか!」と思えてきました。

なぜなら、メーカーが表示しているSPFとPAの値は、ここからが大事ですが、1uセンチメートルあたり2mgずつつけた場合の効果なのです。これでは、わかりにくい!

顔ならどのくらい塗ればいいの?ということなのですが、顔の面積は個人差はありますが、だいたい370〜380uセンチメートルだそう。ふむふむ、15p×25pくらいってとこかな。たしかにだいたいそうですね。

その顔に1uセンチメートルあたり2mgずつだから、760mgつまりgに直すと、0.7gくらいです。市販のチューブ入り日焼け止めはだいたい30gくらいなので、40日ほどで使い切る計算です。しかもこれ、1日に朝1回だけつけた場合なんですよね。

1回の使用量2mgというと、手のひらにとった場合500円玉くらいの大きさの量ということです。そして、皮膚科の専門医や、日焼け止めメーカーでは「汗をかいたら日焼け止めはかなりの割合で落ちるから、必ず日中付け直しをすること」と注意しています。

皆さんはどうでしょうか? 確かに炎天下を外出すればすぐに流れるような汗をかきます。タオルでぬぐえば日焼け止めは落ちているというのも理解できます。でも、です。その都度日焼け止めをつけ直すというのは現実的に難しいのではないでしょうか。

ノーファンデで、パウダーのみにしている私でさえ、それを聞くと面倒と感じてしまいます。どこまで落として、日焼け止めをつけ直しするのか?顔までまた洗って、朝と同じように最初から??働いていたらそんなこと会社で出来ませんしね。

「日焼け止めはメーカーがいう量を守って、しかも汗をかいたらつけ直しは必ずしなければ効果が無い」ということをほとんどの方は認識できておらず、日焼け止めはつけていると本人は思っていても、実際は期待した効力は得られていないのではないかと思います。

メーカーが使用量(1回に500円玉くらい)や頻度(汗をかく真夏は朝つけただけではダメ)について、あまり言わないのは、メーカー側の都合かと感じますね。
「そんなに使うんじゃ、すぐ無くなっちゃう!これじゃ高いわ」と思わせると製品が売りにくいですからね。だから、SPF値が50もあります、とかPA++++もあるから紫外線からしっかり守ります。安心ですとか、そういうところばかりの宣伝になっちゃうわけですね。

専門家もこう指摘しています!
「日焼け止め、正しい量を使えていますか!?」→

日焼け止めに、あまり頼るのも危険だなと思いました。日焼け止めだって「化粧品」。化学物質も数多くはいっています。たっぷり塗らないと日焼け止め効果がないとわかっても、汗をかいたら塗り直ししないと効果が半分になると言われても、じゃあ念入りにたくさんつける気になるか?ですよね。

私はどう考えたかというと、つける範囲は今までどおり頬骨とおでこ。日差しが強い日や外出予定がある日は、少したっぷりめにつけようかと思います。そして、汗をだらだらかいたときは「日焼け止めはもう落ちている」と認識することにして、対処しようと思います。

そして、やはりある程度の紫外線の影響は避けられない、と自覚して抗酸化サプリである弊社の「はだのさぷり」をこれまで通りしっかり飲み続けなければと思いました。外からの防御もそう簡単ではないですものね。あとは、紫外線が肌に入ってしまったらどうしょうか? 肌にできてしまった活性酸素をいかに早く消去するかに力をいれたほうが確実かも!

なかから美肌美白 はだのさぷり →

はだのさぷり箱.jpg


はだのさぷり成分の図解.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 15:52 | 肌に効果的なサプリメント
シッカロールやっぱりワキガには.. | ホーム | アルガンオイルはリピート率の高..