部屋に置いたシアバター溶けてました!

2015年08月03日

いやあ連日暑いですねえ。この夏は例年に無く「暑すぎる〜!」と思っているのは私だけではないのでは!

35℃超えだという天気予報を毎日聞いていると、最初は「すごい!大変だ」と反応していたのに、だんだんマヒしてきますね。ここ本社がある「さいたま市」は東京までも1時間、熊谷までも1時間という位置関係にあります。熊谷は盆地で埼玉の中でも特に暑くてよくニュースになっていますね。駅前には気温を表示するオブジェが立っており名物に! ここから熊谷まではかなり距離があり、熊谷の気温とは違います。他県の方は同じ埼玉ということもあり、心配してくださるのですが。

とはいえ、このところ35℃を超える日もあり、日中留守にしたリビングの室温はものすごいことになっています。

昨晩、お風呂上がりの母のかかとを見るとガサガサに荒れているので、久しぶりにシアバターをつけてあげようと思ってフタを開けると、完全に液体のオイルに溶けていました。通常はクリーム状で白く見えますが液体になるとシアバターも透明になります。

わあ、部屋の温度がこんなに上がっていたのねと思いました。お風呂場の脱衣室に置いた、もうひとつのシアバターは溶けてはいませんでした。これは昼間の室温の差です。

シアバターが液状のオイルに溶ける温度は30℃くらいかと思います。シアバターはいったん温まって溶けてしまうと、たとえ室温が25℃とかに下がったとしても再び固形化するのに時間がかかります。もし液状に溶けてしまった場合、冷蔵庫に入れれば割合と早くクリーム状に戻りますが、そうやって温度変化を与えて溶けたり固まったりを繰り返すと油が劣化する心配があります。

使いかけで残りが少なくなっていたものなら冷蔵庫にいれ固形化して使うのもいいですが、まだ残りがたっぷりあるのなら、家の中で一番涼しい場所に保管場所を移して、自然にクリーム状に戻るのを待ったほうがいいと思います。

ちなみに液状に溶けてしまったシアバターをそのままつけてもいいか? といえば、効果効能については問題ありませんので、そのままつけていただいて構いません。ただし、クリーム状よりつけにくく使い勝手は悪いとは思いますが。

そらシアバター について詳しく →

初めての方へ お試しはこちら →


シアバターお試し手の上.jpg


シアバター手タレ.jpg


25℃以下ではほぼこんな感じの白いクリームです↑↑






posted by カウンセラー 新藤 at 16:33 | シアバターについて
アルガンオイルはリピート率の高.. | ホーム | 80代女性お客様、石鹸洗髪にこ..