ピュアな精製シアバターなので30℃くらいで液体に

2015年08月17日

夏は他社さんが販売停止なのもあって、この暑い時期なのにシアバターのご注文が結構あります。

シアバターはステアリン酸(脂肪酸の種類)の比率が高いので、こっくりとした使用感があり、塗ると皮膚の上に油のベールができるような感じで保湿力はとっても頼もしいものがあります! それでいて、それほどべたべたしません。塗った直後はべたつきますが時間がたつと落ち着きますね。化学成分がはいった市販のクリームとはここが違います!

弊社では夏の間も、いつもと変わらずシアバターを販売しますが、取り扱いには少し気を遣います。なぜって、精製したピュアシアバターは30℃近くに温まると液体のオイルになってしまうからです。

配送中、宅配便のトラック内がそれくらいの温度だとしたら、お客様に配達されたときはシアバターの中味が「液体のシアバター」になっている可能性があります。ですから、届いてすぐにシアバターのフタを開けないようにしていただきたいのです。温まっていったん液状に溶けてしまったとしても、温度が冷めて中味が25℃くらいまで冷えれば、またもとのクリーム状に戻ります。品質には影響はございませんので安心してお使いください。

また、シアバターお試しにつきましても同様に取り扱いには注意が必要です。こちらは宅急便ではなく、メール便でポストへのお届けとなっております。そのため、屋外のポストに長時間置いてありますので、暑い日は「シアバターお試し」の中味が溶けていると思います。こちらも同じように、すぐにフタを開けずに、数時間涼しい室内に置いて温度が下がってから、注意して開けてください。急ぐ場合は冷蔵庫に入れて冷やしても構いません。固形に固まったら、室内で保管してください(※シアバターはアフリカ原産のものですので、冷蔵庫での保管は向いていません。常温が温度変化も少なく油の劣化も防げます)。

そらシアバター について詳しくは →

シアバターお試し お申込はこちら →

シアバターお試し手の上.jpg


シアバター手タレ.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 11:05 | シアバターについて
なんで!? アルガンオイル入り.. | ホーム | クエン酸リンスを直接頭にかけて..