化粧品を使うのをやめたかったら

2016年05月23日

化粧品を使うのをやめたかったら、素肌を良くしていくことです。有名な例えで、「卵が先か、ニワトリが先か」っていうのがありますよね。それに似ているかもしれません。

化粧品を止めたら肌も良くなるし、肌が良くなったら化粧品が止められる。同時進行ですすめていく感じになるかと思います。

脱ファンデ(ノーファンデ)にするには、条件が2つありますね。毛穴をちいさくして、肌のキメを細かくしないと、なかなかファンデーションはやめられない。アラ隠しがどうしても必要だから!

それから、自分が分泌する皮脂。これが多くてもやりにくいです。先ほど話題にした「肌の毛穴とキメ」と「皮脂分泌」には実は密接な関係があって、毛穴が開いていてキメが荒いと皮脂も多く出てしまうのです。

だから、改善されるときには、どちらも両方解決するはずなんです。

私の経験したことでは、洗顔と保湿が大事で、ふつうの洗顔フォームではダメだということが身にしみてわかりました。20年以上も洗顔フォームで洗顔してきましたが、自社で固形洗顔石鹸を販売するのを機に、私もこれに切り替えたのです。私も「洗い上がりがしっとり」という文句にダマされてましたが、洗顔フォームで洗った後のぬるぬるは、「うるおいが残っている」のでは全然無くて、汚れや洗浄剤成分が肌に残っているということだったのです!

当然固形石鹸で洗うようになると、洗い上がりは指で触ったときにきゅっきゅっとなります。これが正解だったんですね。きちんと汚れが落ちれば、すこしつっぱった感じになるはずなんです。

石鹸で洗い、そのあとは保湿します。ここで使うのが、美容オイルとしては最高級のアルガンオイル。他の安価な植物油とは、まるで付け心地が異なります。オリーブオイルとも、スクワランオイルとも違います。さらっとしているのに、しっかり保湿されます。そして、そのあと肌がべたつきません。すごく吸収がいいオイルなのです。アルガンオイルは原価も高いので、良い品質のもので安価に販売されているものは無いと考えていただいてよいと思います。

製品.jpg


フェイシャル・ソープで洗顔、アルガンオイルで保湿。これだけのシンプルなスキンケアで、十分肌の健康は保つことができます。素肌の状態が良くなってくれば、だんだんとファンデーションを手放していくとよいと思います。

製品写真.jpg


ファンデーションを上手く止めていく方法は!
私の場合ですが、リキッドファンデから固形ファンデにまず切り替えてしばらく使っていきます。そのうち、固形ファンデを色付きのフェイスパウダーに変えます。これでだいぶ肌への負担は減ります。

フェイシャル・ソープとアルガンオイルを基本に、化粧品の品数を徐々に減らしていき、半年、1年と経つと、肌の色が明るくなりシミも目立たなくなってくると思います。そうしたら、色付きフェイスパウダーも必要ありません。自分の肌がきれいになり矯正の必要がなくなるからですね!

ここまでくれば、脱ファンデ! ノーファンデでもじゅうぶん人前にも出られます。眉、まつげなどポイントメイクだけすれば、薄化粧している風に見えます。ベースはアルガンオイルの後、ベビーパウダーがおすすめ。

50代の私でも出来ました!

プロフィール上半身.jpg


そらスキンケア お試し →

お気軽にお試しください。3品お試しで1000円です(送料無料)

三点お試し.jpg

posted by カウンセラー 新藤 at 15:26 | 脱ファンデ脱シャンプー
石鹸洗髪と白髪 | ホーム | 湿度高いのに肌が乾燥する