シアバターがアトピーに効果

2016年06月01日

半月ほど前にシアバターを初めてご購入いただいたお客様から、アトピーが驚くほど良くなったとご連絡いただきました。ひどいアトピーでずっと悩んでいらして、皮膚がぽろぽろ剥けて床にたまるほどだったそうです。それが、まだほんの2週間くらいしか経っていないのに、肌の乾燥が軽減して皮剥けが治まってきたとのことです。

そのお客様は、シアバターとともに、サンゴの力(ミネラルウォーター)と珊瑚の恵も併用されていまして、体内をアルカリ性にしてくれるサンゴカルシウムの相乗効果もあったのではないかと思います。
肌を改善するには、良い水を飲むことがとても大事です。ふつうは、水を飲むときというのは「ノドが乾いたから飲む」ということかと思いますが、体質改善をめざす場合には、血液・体液・細胞内液など体中の水を入れ替えるようなつもりで、積極的に飲むことが必要です。ノドが乾いていなくても飲みます。手元に置いて、ちびちび飲むのです。こうして飲むと、胃腸が弱い方でも一日に1リットル2リットルとたっぷり飲むことができます。体質改善には一日2リットルくらい飲むとよいですね。このときオススメなのが、サンゴの水です。

サンゴの水って!? →

「珊瑚の恵」はサンゴカルシウムのサプリメントです。サンゴとは沖縄の海底に生息する珊瑚のことですが、この珊瑚が死んで化石になったものは、すぐれたミネラル源となり食用に認可されています。珊瑚は生き物であり、化石は珊瑚の骨格。カルシウムの含有量が多く、動物の骨と違ってリンを含まないのでその点が理想的です。カルシウム以外に、数十種類のミネラルを含んでいることも特徴!

カルシウムを摂るとなぜ肌の改善に良いかというと、体内がアルカリ性に傾くため免疫力も高まりますし、細胞の新陳代謝が促されます。
珊瑚の恵についてはこちら →

だいぶ以前よりは良くなってはいるものの、まだ肌にキズが残っておられるようです。シアバターを塗って就寝した場合、朝は石鹸を使ってしっかりシアバターを落としたほうがいいのでしょうか? とご質問がありました。

まだ炎症が完全に治っていませんし、シアバターを落とそうとして入念に洗うと肌に負担をかけてしまいます。キズがあるのなら、しみると思いますし。肌のバリア機能が正常になっていないので、今の時点ではシアバターで保湿し乾燥から守ってあげ、肌自身の免疫力や回復力を高めていくことが大事かと思います。

シアバターは皮脂成分と同じオレイン酸含有量が多く、酸化しにくいオイルです。多少肌に残っていても問題ないかと思います。アトピー性皮膚炎は、外界からの防御力が低下しているわけですから、シアバターで常に乾燥から守ってあげることが、良くなることに繋がるのではないかと思います。

アトピーの方にもおすすめできるシアバター →

シアバター手タレ3.jpg


初めての方には8mlのお試しがございます。

三点お試し.jpg


アトピーの方は洗顔の石鹸も気をつかうと思います。弊社のフェイシャル・ソープ(固形石鹸)は皮膚科専門医と成分を吟味した自然素材の石鹸です。合わせてお試しになるとよいと思います。

そらスキンケア 3点お試し →







posted by カウンセラー 新藤 at 08:28 | シアバターの効果
湿度高いのに肌が乾燥する | ホーム | お風呂がこわれて銭湯へ♪