生え際の臭いには、脱シャンプーで石鹸洗髪がおすすめ!

2016年07月28日

梅雨は明けたんでしたっけ? なんだか、はっきりしない天気で、蒸し蒸ししています。こんな時期、お肌の状態には悩まされますね。


じわっとかく汗で、髪の毛の中(頭皮)が蒸れている! 背中なども汗をかくけれど、頭がいちばん汗をかいている実感があります。汗をかくということは、その水分が乾くときに気化熱といって熱を奪いながら蒸発する、つまり熱が上がりすぎないように、熱を冷ます目的が「汗」にはあります。


頭には脳があり、温度が上がりすぎては確かに危険ですね。そのために、頭には多量の汗をかきやすいともいわれているんです。
「頭にかく汗」によって、なんともいえない『臭い』に悩まされてはいませんか!? わたしも思い起こせば、シャンプー&リンスを使っている頃は、そうでした。過去形になっているのは、石鹸で洗うようになって今は臭いが無くなったからです。


自分の汗で生え際が臭っていましたが、今はそれがありません。汗はかいていますよ。おそらく、市販のヘアケア製品で洗っていた時は、毛穴や髪の毛にその成分がきちんと落ちないで残っていたのだと思います。毛穴にもコンディショナー成分が詰まっていたことと思います。


毛穴が詰まっているところに、汗をかき、皮脂が分泌され、それらが混ざり合って、不潔になり臭いを発生させていたのではないかと想像されます。ですから、枕も黄ばんだり、枕が臭くなったりもしていました。そういえば帽子を被ると、脱いだ後臭ってましたね(笑)。


あの頃は、「これは仕方ないんだ、みんなきっとそうなんだから」と思っていましたが、そうじゃなかったんです。


体験者として、みなさんにも固形石鹸での洗髪をおすすめします。そして、使う石けんは「そらフェイシャル・ソープ」。いろんな固形石鹸が販売されていますが、成分がそれぞれ異なります。私がシャンプーを止められたのも、そらフェイシャル・ソープがあったからです。2年前は固形石鹸で頭を洗うだなって考えてもみなかったです!


そらフェイシャル・ソープは簡単にすばやく沢山の泡がたち、洗い心地はシャンプーと変わりません。けれども、シャンプーのように石油系合成界面活性剤を使っていませんから、頭皮にも髪にもやさしく、それでいて毛穴の奥まで汚れをすっきり落とします。泡がすぐに洗い流せるのも、石鹸洗髪のハードルを下げてくれていると思います。


石鹸で髪を洗うと、すすいだ直後は指通りが悪くきしきししますが、それは石鹸がアルカリ性なため一時的に髪の毛もアルカリ性になったからです。クエン酸でつくったリンス液でリンスすれば、すぐさらさらになります。クエン酸リンス液の作り方は、精製水500ccにクエン酸粉末60gを溶かすだけ。簡単ですよ♪
(そらフェイシャル・ソープをお使いいただいている方には、お申し出があったときにクエン酸を無料でお送りしています)。


初回購入.jpg

初回購入時には、石鹸ケース、泡立てネット がつきます。泡立てネットはリピートのご注文時にもお付けします。


ソープの泡.jpg

髪の毛を洗うときは、泡立てネットは必要ありません。頭を濡らしてから、直接石鹸を数カ所にこすりつけて泡立てます。すぐに、もこもこと沢山の泡が!


初めての方にはミニサイズお試し(30g 300円)をご用意しています。税込、送料無料。
定形外郵便でのお届け。ネットにてクレジット決済してください。
お申込はコチラ →


posted by カウンセラー 新藤 at 11:20 | オススメ!石鹸で洗髪
リップクリームとしてもシアバタ.. | ホーム | この時期の乾燥肌は「皮膚の病気..