涼しいと雨が降ってても肌が乾燥する。ナゼ!?

2016年09月20日

ここへきてだいぶ気温が下がってきました。そうなると気になるのが、お肌の乾燥! 今日などは雨が降っていますので、湿度が高くて大丈夫かな、と思いきやそうではないのです。


キーワードは「飽和水蒸気量」です。空気中に存在できる水分というのは、気温によってずいぶんかわってきてしまうのです。このことはあまり知られていないかもしれません。天気予報で湿度80%と言っていても、30℃を超えるような真夏日と今日のような20℃では、同じ湿度であっても実際の空気中の水分には差があります。


飽和水蒸気量.jpg

富山県立大学 ひまわりプロジェクト HPより


天気にかかわらず、秋冬になると肌が乾燥しやすいのはそうした理由によります。気温が下がってくるほどに、飽和水蒸気量が少なくなり肌が乾燥してつっぱるようにお感じになると思います。ですから、保湿が重要になってくるのですよね!


それには、いいオイルで保湿するのがおすすめ。アルガンオイルとシアバター、この2種のオイルがあれば十分です。アルガンオイルは肌に吸収しやすくふっくらとさせてくれます。そのあとシアバターでしっかり油脂の膜をつくってあげ水分が逃げないようにします。


夜寝ている間に、肌は新陳代謝を行い細胞を再生していますので、お休み前にはとくに入念にたっぷりつけると良いと思います。けっこうたっぷりつけたつもりでも、朝起きるとオイルは肌にすいこまれてもちもちっとしています。


そらスキンケア →

初めての方にアルガンオイルお試し →

シアバターのお試しもあります →


お電話でもお気軽にお試しをお申し込み下さい。
0120548224
そら

三点お試し.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 14:28 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
石鹸洗髪で白髪染めがよく染まら.. | ホーム | 1年前のシアバターは使える?