洗顔で汚れがちゃんと落ちてないから肌がくすんでくるのです

2016年09月23日

なにをかくそうこの私も、成人してこのかた30年固形石鹸で顔を洗ったことはありませんでした。「だいじな顔を石鹸で洗うだなんて!」という固形石鹸に対して、しっかり偏見をもってました!


でも30代40代と年齢を重ねていく内に、ほかの方々と同じように、肌の悩みがでてきてました。シミ、しわ、つやの無さ、いちばん気にしていたのは「くすみ」ですね。透明感がないというか、肌の色が暗っぽいのですよね。それで、1万円ちかい美白パックを奮発して買い、月に何度かそれを大事に大事につかってパックしてました。今思えばクレイパックのようなものだったと思います。それをやった直後は肌色が明るくなったような気がしていましたが、またしばらくするとやはりくすんできてしまいます。



弊社でこの固形石鹸フェイシャル・ソープを発売するに至って(それまでの経過は今回省略)、フェイシャル・ソープで洗顔しはじめたところ、ほんとにびっくりするほど肌が美白されて、以前のくすみはどこかへいってしまいました。肌に透明感がでて、明るくなりました。


えっ、なにこれ?? って正直思いましたよ。成分を研究製造してもらったメーカーに確認しましたよ。「この石鹸で洗顔してると肌が白くなりますね!」と。すると、「成分のチタンペーストが特徴なんです。これを入れている石鹸は他にはないと思います。ほんとに細かいミクロの均一な大きさの泡がつくれて、それが角質の奥まで届き汚れをはじき出す。肌が白くなったように感じるのは汚れがきっちり落ちている証拠なんですよ」という答え。


なるほど、この石鹸はいい!!と私も確信。これなら、自信をもってそらの製品としておすすめできると強く思いました。つまり、世の中の多くの人が使っている「洗顔フォーム」「洗顔クリーム」とは働きが違うと言っていいと思います。その違いをつくっているのは、もちろん配合成分です。市販の洗顔料では、泡はたってはいても見た目ばかりで汚れはちっともおちていないのです。

汚れ落とすしくみ.jpg



かつての私がそうだったように、年齢があがってくると肌のくすみが気になって化粧品を買うときも、どうせ買うなら「美白」の文字がはいったものを! ってなってくると思います。白くなりたいし、透明感取り戻したいですもの。でも、フェイシャル・ソープでなんなく美白を手に入れられて、はっきりいって拍子抜けしたような気分。もちろん嬉しいことは言うまでもありません。


いいことばかり宣伝しているんじゃ? とこれを読まれた方は思うかもしれません。でも洗ってみたらほんとに分かります。半信半疑でもけっこう、お試ししてみてください。お試し300円ですから。


初回購入.jpg



プロフィール上半身.jpg

50代前半にして、ノーファンデができるようになったのも他ならぬ、フェイシャル・ソープ洗顔のおかげです!

そらフェイシャル・ソープ →



posted by カウンセラー 新藤 at 10:52 | そらフェイシャル・ソープ
石鹸洗髪にすると髪が重くなる!.. | ホーム | 石鹸洗髪で髪が重くなる訳は?