シアバター手のひらで練っていくと…

2016年10月04日

シアバターは天然の植物脂が原料なので、製造ロットごとに若干出来上がりに違いがでてしまいます。シアバターに含まれる成分(植物脂の種類と含有比率)はほとんど変わりませんが、原料をいったん温めてゆるい状態にして、容器に詰めてから冷却。このときに温度、時間、その日の天候などに左右され固まり方が変わってきます。まさに職人技が必要な工程です。


今私が使っているものは、やわらかめで手のひらにとり、練っていくとざらざらした感触です。さらにそのまま練っていくと溶けてオイルになります。このロットは、クリーム状の段階が無くていきなり液体オイルになる感じです。


使用する上では、効能も変わりませんし、支障はございません。精製のみ手を加えてあとは化学的な工程はありませんので、テクスチャーにばらつきが生じることはご理解いただけると幸いです。市販のクリームに入っている安定剤やら合成界面活性剤などは使用しておりませんので、全く均一に製造することはできないのです。これもシアバターそのものがもっている特徴と、ご理解ください。

ざらついたりするのは、含有する脂肪酸の種類ごとに溶ける温度(融点)が微妙に異なるせいです。

シアバター成分表.jpg


シアバターが肌に馴染みやすいのは、人間の皮脂成分ととても似ているからです。とくにオレイン酸の含有量が同じくらいです。

シアバター成分.jpg



シアバター手タレ2.jpg


ふたを開けたところ.jpg


そらシアバターについて→

そらスキンケア3点セットお試し→

三点お試し.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 16:10 | シアバターの製造
石鹸洗髪で髪が重くなる訳は? | ホーム | 石鹸洗髪で髪が黒々としてきた!..