アルガンオイルをつけるタイミングは?

2017年03月02日

こんにちは。そらの新藤です。今日もスッピンです。
朝から雨模様ですので今日は日焼け止めも省略してます。なるべく化学成分の入っているものは肌につけたくないので。


アルガンオイルほんとに素敵なオイルですよね。私も大好きです。食べられる実から搾っているというのも安心でしるし(原産国モロッコではヤギが木に登って食べます!)、当社のアルガンオイルはちゃんと精製してますので肌の弱いかたでもお使いになれます。


さてつけるタイミングですが、私は洗顔後大急ぎでつけています。洗顔後なにもつけないでいると、みるみるうちに肌が乾燥してつっぱってきます。この「つっぱり、ひきつり」は乾燥しているサイン。こうならないうちに、アルガンオイルをつけてください。


量は、3月はまだ寒く空気も乾燥していますので2〜3プッシュつけると良いと思います。私は秋からずっと3プッシュにしています。アルガンオイルはべたつかず、肌にすっと入っていくので、たとえつけすぎたとしても邪魔にはなりません。それより、足りないほうが私は恐いと思っているので。





そらアルガンオイル 詳しくは →

製品.jpg



化粧水、乳液はわたしの場合は、要らなくなってしまいました。スキンケアが簡単になったしラクです。どうやってここまでになったかというと、フェイシャル・ソープとアルガンオイルのお陰です。以前はフェイシャル・ソープで洗顔したあと、「極潤」をつけてまだ顔が濡れているうちにアルガンオイルをつけていました。それでも結構イイ感じでしたが。


でも、パッケージの裏に書いてある成分を見れば、カタカナ、数字で化学成分の名前が羅列されています。いやだなあと思いながら使っていたわけです。お客様から「フェイシャル・ソープとアルガンオイルだけで十分。化粧水や乳液なんかいらない」という声をきき、わたしも恐る恐る止めてみました。


数日はつっぱる感じがしましたが、すぐに慣れました。「化粧水、乳液をつけるのは当たり前」というように私達は長いこと刷り込まれてきていますが、こうして考えてみると、化粧品業界にまんまとダマされてきたなあという気持ちです。だって、脱ファンデ脱シャンプーした今のほうがずっと顔も髪も調子がいいんですから!

シミ、たるみ、くすみに悩むのを「加齢肌」とか「年齢肌」とか言ってますけど、原因の多くは長年にわたり使い続けてきた化粧品にあるのではないかと確信してます。

でもそうなってしまってからでも遅くはありません。肌も生まれ変わるのですから。スキンケアの方法を変えれば肌も髪もおのずと生き返ってきます。肌や髪の自然治癒力を信じてあげたらいいと思います。


プロフィール上半身.jpg


脱シャンプーして、フェイシャル・ソープ洗髪に変えて3年半。白髪がほんとに減りました。この頃は奥の方にも少なくなりました。白髪染めは髪に悪いと思いながら仕方なく続けているかたにお伝えしたいです。1年2年という長いスタンスで考えれば、きっと白髪染めと縁が切れます。最初は気になるところだけヘアマニキュアにするなどして段階的にやっていくとよいと思います。

そらスキンケア お試しはこちらから →


お試し3点セット.jpg

お試しといっても量はたっぷり。2週間くらいお使いになれます。


お電話でもお申込になれます。税込1000円(送料弊社負担)
0120548224
そら

★お気軽にお試しください!!



posted by カウンセラー 新藤 at 10:24 | アルガンオイルの使い方
脱ファンデ脱シャンプー する前.. | ホーム | 石けんとオイルだけのシンプルな..