水虫対策にもシアバター

2017年04月13日

暖かくなり湿度もあがってきましたね。冬は室内湿度計が40%くらいでしたけど、この頃は50%くらになってきてます。それに晴れた日に外を歩くと汗ばむようになってきました。

そうなると、活動をはじめるのが「水虫菌」! 
水虫にもシアバターがいいんですよ!と言ったら皆さんびっくりしますでしょう?!

そもそも足の裏や、かかとというのは、角質が厚くなりやすいところです。毎日体重で押されていますからね、古い角質がいつまでも居座りやすい環境なのです。剥がれ落ちた角質は、水虫菌のエサになるので、足裏およびかかとのお手入れは、水虫防止にたいしてはとても重要なことです。

かかとが厚くなっている方、足裏がガサガサしている方は、まずお風呂で皮膚が柔らかくなっているときに軽石でかるくこすって角質を取り除いてください。無理にやらなくても、毎日続けているうちに角質のおそうじは出来ます。

そして、お風呂からあがったら、足裏とかかとにシアバターを十分擦り込みます。足指の股の部分も重要ですので忘れずにつけてください。つけた直後は、少しべたべたしますが、シアバターも肌に吸収しやすいですから、すぐに気にならなくなります。

朝も靴下をはくまえに、シアバターをつけてください。つまり、念には念をいれて朝晩2回足裏にシアバターをつけるということです。

これでだいぶ効果があります。家族に水虫をもった人がいると、バスマットなどで簡単にうつります!タオルを共有してたりすると、これもまた水虫がうつる原因になります。

水虫がひどくなると、かゆいし、しみるし、たいへんです! ちゃんとケアして水虫菌が足に棲み着かないようにすることです。

ちなみに、洗うときの石けんは「そらフェイシャル・ソープ」がいいですよ。細かい泡で角質のすみずみまで汚れを落とします。市販の薬用石鹸なんかよりオススメです!

顔用の高価な石けんを足に使うなんてもったいない!と思いましたか? 体を洗うには石けんは必要なくてお湯で流せば十分と思います。石けんを使わなきゃいけないような油汚れなど、無いのですから。皮脂は適度にあったほうがよいです。体の皮膚を適度に保湿し乾燥から守ったり、肌の健康を守ったりしています。汗をかいて蒸れやすい脇の下、足の裏はフェイシャル・ソープを使ったほうがいいです。清潔にたもてますね!

シアバター手タレ.jpg


シアバターについて →

石けん3.jpg


製品写真.jpg


そらフェイシャル・ソープ →

初めての方へ
そらスキンケア3点セットお試し →


三点お試し.jpg



お試しはお電話でも受け付けております。お気軽にどうぞ!
0120548224
そら
posted by カウンセラー 新藤 at 13:20 | シアバター使い方
保湿していると目尻のシワが深く.. | ホーム | 色素沈着、その原因は?