パーマや毛染めによる髪ダメージ【顕微鏡写真】

2017年05月18日

ふだん何気なく使っている毛染め剤やパーマで、髪がどれだけ傷んでいるか! これを見ると一目瞭然です。
トリートメントすれば…とか、ヘアパックで… そんなことでは根本的な解決にはならないですね。
きれいな髪になりたかったら、ヘアケア製品をやめるのが賢明でしょうね! 脱シャンプーです!!

顕微鏡写真 (社)日本毛髪科学協会より

傷んだ髪はこんなふう
損傷毛.jpg


健康な髪のときはこうだった。
健康なキューティクル.jpg


パーマによる断毛
パーマのダメージ.jpg


枝毛(まるでバナナの皮みたいですね)
枝毛.jpg


毛染めによってダメージを受けた髪
ヘアブリーチ&ヘアダイのダメージ.jpg


こんなにもひどいのですから、髪が傷んでたらツヤも無くなるはずですね。
髪の健康よりもオシャレをトル、というなら仕方ありませんが先々後悔することは必至ではないでしょうか。

つまり、市販のシャンプー、トリートメント、パーマ、毛染め、白髪染め…これらは使い続けていく限り、ダメージを重ねていっているのです。その先にまちかまえているのが中年女性の悩みとなる「抜け毛、細毛、薄毛」ではないでしょうか!

そうなってからでは遅いのです。頭皮じたいがひどく傷んでいるからです。頭皮と髪は、いわば畑と作物の関係と同じです。化学肥料を使わず肥料たっぷりなら元気で美味しい作物が育つと思いませんか!

脱シャンプーをおすすめします。髪は石けんで洗います。

ふんわり泡立って、さっと泡が切れるので洗髪しやすい「そらフェイシャル・ソープ」
初めての方には、ミニサイズ通常価格900円を300円でお試しいただけます。送料は当社負担でお届け。
そらフェイシャル・ソープ お試ししたい方はこちら →


石けんと泡


石けんお試し手持ち.jpg


生まれてから50年シャンプー使ってきましたけど、脱シャンプー3年にして、白髪が減り染めなくてよくなりました!髪の毛も黒々、つやつやです。
プロ写真髪.jpg


お電話でもお試しをお申し込みいただけます。
0120548224
そら






posted by カウンセラー 新藤 at 10:05 | 脱ファンデ脱シャンプー
石けん洗髪で白髪がどうやって黒.. | ホーム | 唯一の方法が「保湿」!!