肌には紫外線A波(UV-A)がこわい!

2017年06月21日

6月も後半にはいり、夏日を記録する日も多くなってきました。ここ数年「梅雨」といっても雨が少なく晴れた日が多いような気がします。

晴れると初夏のような日差しで、日焼けがひじょうに気になります! 日焼け→メラニン生成→シミ という図式がすぐ頭に浮かぶので、紫外線はてっていして除けなければと思います!

わたしは、つばの広い帽子、日傘、サングラス、などでまずは物理的に紫外線を浴びないように気をつけています。それが一番優先すべきかと。

それでも、紫外線は地面から反射したり、360°さまざまな方向からやってきます。ですから、第二のガードとして「顔に日焼け止めを塗る」。
日焼け止めには、2タイプあって「紫外線をはじいて防御するタイプ」「紫外線吸収して肌を守るタイプ」とあるそうです。どちらにもメリット&デメリットがあるようですが、いずれにしても肌には負担があると考えられますので、私は顔全体にたっぷりは塗らず、最小範囲に少なめにつけています。

顔の立体からして、紫外線を受けやすいのはちょうど頬のあたり、おでこと鼻筋ではないかと思います。その部分に日焼け止めを塗るようにしています。
こうして、日焼け止めを最低限量でもいいかな、と思えるのは、外出時には「帽子(または日傘)とサングラス」で紫外線防御を徹底しているからにほかなりません。

これから7月8月が紫外線量のピークとなります。
ご存じでしょうか? 紫外線にはA波とB波があります。ほかの言い方ではUV-A、UV-Bなどと言ったりします。波長が異なり、夏じりじりと灼けるような日差しで肌を黒くさせるのがB波です。でも、B波は肌の奥のほうへは入ってこないのです。あくまで肌の表面に影響を与える紫外線です。

これに対してA波は、眩しいだとか目では確認はできない光線です。しかし、恐いのは肌の奥深くまで入り込んで、肌の細胞に悪さをするのです。
活性酸素を作ったり、肌のはりを保っているコラーゲン繊維やエラスチン繊維も壊してしまいます。これだけ縦横無尽に悪さをするので、肌老化の原因は、紫外線A波がかなりの割合を占めているとも言われています。

紫外線量.jpg


紫外線B波が影響をあたえる肌の表面はたったの0.2mmしか無い「表皮」。それに表皮はほとんど死んだ角質層だから、いずれ垢となって剥がれ落ちていくんですよね。

対してA波が到達する真皮は1.5mmほどもある。この真皮がだんだん表面の皮膚に押し上げられていくわけなのでから、ここが重要なわけです!活性酸素ができれば、それに反応してメラニン色素がどんどん生成されて、シミの元ができてしまう!!

いかに、この紫外線A波を防がなければいけないかが、これでわかりますね。

肌がトシをとる、ハリがなくなる、シミしわが増える。これらの現象を『肌老化』とよんだりしますが、これらは化粧品で改善することは難しいです。体の内部でおきていることが原因ですし、化粧品の影響をおよぼす範囲は表皮まで(真皮までは入らないこと)と法律できめられています。

『肌老化』の原因は、20%が自然の加齢によるもので、残りの80%は紫外線と乾燥によるものだと言われています。ですから、紫外線をよけて、保湿を徹底するということがもっとも大事です。

そらスキンケア→ 
汚れが残っていれば肌に負担となります。肌の健康のために重要なのは洗顔と保湿

オイルなのにべたつかず、さらっとした使い心地のアルガンオイル
夏でも手放せません →


製品.jpg


初めての方には、お試しをご用意しています。
9mlで500円(送料無料、後払い)
お電話でもお申込いただけます。
0120548224
そら

posted by カウンセラー 新藤 at 14:39 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
乾燥するかかとにシアバターが効.. | ホーム | 夏はエアコンによる肌の乾燥が心..