夏はエアコンによる肌の乾燥が心配!

2017年06月21日

この時期、毎日湿度が変化しています。今日は梅雨らしい天気で一日中雨です。湿度も90%を超しているようです。

ところが明日の予報は一転して真夏日!気温も30度を超えるそう。そうなると、空気も乾燥し、湿度もぐっと下がることでしょう。めまぐるしく変わる気温と湿度に、肌もどうしていいやら… こうした変化についていくのが難しいからこの時期は肌トラブルの多い季節となるのです。

それにプラスして、エアコンの影響が! エアコンは「ドライ設定」にしろ「冷房設定」にしろ室内の湿度を下げるようなしくみになっていると考えられます。湿度が低いほうが体感温度が低いと感じられるからです。

これからの季節は、エアコンの部屋にいる時間が長くなりますね。デスクワークをしている方のなかには、がんがんに冷えたオフィスで震えながらの仕事…というかたも少なくないかもしれません。エコで冷房の設定温度を高めにしましょう、と呼びかけてはいても、男性とともに働くような会社では結構「冷やしすぎ」という声がきかれます。

冷房のお肌への影響は?

◆ 冷房がきいた室内は、空気が乾燥している! → お肌が乾燥してしまう
◆ 汗の蒸発、冷房の風、が肌の保護成分をどんどん蒸発させる → 肌のバリア機能が低下し、敏感になったり乾燥したりする
◆冷房の効いた室内と、暑い戸外との激しい温度差が肌に負担をかける → お肌が不安定になる

就寝時も乾燥に注意が必要!


昼間は肌の乾燥に気をつけていても、寝ている間のことは忘れてしまいがちです。暑くなると寝室でもエアコンをかけることが多くなります。寝ている時間は、7時間、8時間、と決して短くはありませんね。ですから、就寝前の保湿がとても重要なんです。
就寝時の保湿ケアが、翌朝の肌の調子を大きく左右してしまうのです!空気が乾いていると、肌がどんどん水分を奪われ、朝起きたら顔や唇がカサカサしていたということになりかねません。

夜お風呂上がりには、アルガンオイルを塗って、さらに念入りにするならばその上から薄くシアバターを塗っておくとよいと思います。

肌が乾燥すると、皮脂の出が多くなりテカリの原因となりますので、夜しっかりとオイルでお手入れしておくことが大切です。そして、朝も洗顔のあとほんの1滴アルガンオイルをつけておくと、一日中乾燥しらずの肌でいられます!

べたつかないので、夏も重宝するアルガンオイル → 

製品.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 15:52 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
肌には紫外線A波(UV-A)が.. | ホーム | さらっとしたアルガンオイルは夏..