シアバターはあの粘りがいい!肌への密着度で強い保湿力が

2017年10月27日

シアバターはあの粘り気が特徴ですね! まさに100%ピュアな触感です。
寒くなると固くなり、ちょっと使うのにコツがいるんですけど、それが逆に肌への密着度を高めているともいえます。

シアバターには皮脂と同じバランスで、40%オレイン酸という脂肪酸が含まれています。さらにシアバターに特徴的な成分がステアリン酸。食べるバターにも多く含まれているのがこのステアリン酸なんです。シアバターという名前もここからきたのかもしれませんね。

皮脂に近いオレイン酸丸グラフ.jpg


ステアリン酸が溶ける温度が、35℃くらい。ちょうど体温くらいなのです。寒い季節、10℃前後の部屋にシアバターを置いておくと固くなっちゃうのはそのせい。当社のシアバターには、付属でスパチュラがついているので、それで削って、いったん手のひらにとり、もう片方の手の指でこねこねと練ってください。手のひらの温度が伝わるとすぐクリーム状に柔らかくなります。

市販のクリームには水をはじめ、多くの添加物が加えられていますが、100%ピュアシアバターは天然の保湿成分100%ということ! 触ってみると違いがすぐにわかりますが、ネトネトとして濃密。肌にもう一枚皮膚ができる感じがします。肌に密着して油のベールを作るんです。そして、それがなかなか落ちない。手を洗ってもベールは持続する感じです。
シアバター手タレ2.jpg


シアバターは実も油も食用にできるくらい安全なものなので、唇にもリップクリームとしてぬることができるし、ハンドクリームとしてつけたあと食べ物を触ったり調理することも問題ありません。そこが、化学成分のはいった市販のハンドクリームと違う良い点ですね。

シアバター手タレ3.jpg


色々なメーカーからシアバターが発売されていますが、当社シアバターの特徴は原産国アフリカのオーガニック原料を、フランスの油脂メーカーで精製、国内で製品化しています。冬は固くなりやすい製品が多い中、当社製品は高い製造技術で、なめらかで使いやすい製品に出来上がっています。

他メーカーのシアバターをお使いになったことのある方も、是非使い比べてみてください!

そらシアバター →







posted by カウンセラー 新藤 at 11:19 | シアバターの効果
アルガンオイルの顔への適量は?.. | ホーム | シアバターの選び方