肌に酸化した汚れを残しておかないことが大事

2017年12月18日

こんにちは、今日もすっぴんのシントウです。

脱ファンデは、「化粧品は肌に悪い!」「脱ファンデにしよう!」と意気込んで取り組んだわけではありません。

最初にシアバター(5年前)、その後アルガンオイルを使うようになって、そして洗顔をそらフェイシャル・ソープでやるようになったんですね……そうしたら、肌がどんどん変わってきて、その流れで自然に「脱ファンデ」出来ちゃった!と言ったほうが合っている。

その途中段階では、中途半端に極潤とろみ化粧水や、ちふれ乳液や、無印良品ルースパウダーなど併用していた時期もあります。私も肌がこんなに良くなるだなんて、ちっとも自信は無かったです!

でも、やはり「洗顔」「保湿」がスキンケアでは要であるということを、身をもって知りました。

毛穴に残っている皮脂やスキンケア剤(クリームなど)は、朝晩しっかり落とすのがベスト! そうしてから、いいオイル(そう!アルガンオイル)であらたに保湿するんですよね。

オイルは肌にのせている間にも酸化してしまうから、新しいオイルを朝晩つけてあげるのが理想です。昼間一日過ごしている間にも、顔には埃や汗、皮脂、化粧品などが混ざり合って過酸化脂質(酸化したアブラ)を作り出す。

それを肌の上にずっと残したままにしていては、肌に悪いですよね。毛穴の汚れも、肌に覆い被さっている汚れもちゃんと落とさないと、肌のターンオーバー(新陳代謝)を妨げるもとになります。

そらフェイシャル・ソープは、使ってみて初めて他の洗顔料との違いが感じられると思います!! 口では説明できないほど違いがありますね。洗い上がりは肌がきゅっきゅっとなるくらい、すっきりしているのだけれど、イヤなつっぱり感はない。肌がまるはだかになって呼吸がラクになっているようなそんな感覚でしょうか!

そのあとすぐにアルガンオイルで保湿します! 季節によって1〜3プッシュを調節してください。私は冬はたっぷり3プッシュつけます。つけた直後は、オイルで顔がテカテカしてますが、数十分たつと肌にすっと入ってしまいべたつきは無くなります。

● 毛穴の汚れは朝晩のフェイシャル・ソープでの洗顔で、きれいに落とせるようになります。

● アルガンオイルで素肌を保湿すると、肌の乾燥を防げるので皮脂の分泌が抑えられます→ 皮脂が出すぎないので毛穴には皮脂がたまりにくくなる!

● 皮脂を分泌する「皮脂腺」が縮小し、毛穴が小さくなり肌のキメがこまかくなる。

● 肌が皮脂でテカることがなくなり、肌が一日中さらっとします。

● 肌のでこぼこ(凹凸)が目立たなくなって、ノーファンデでもいられるようになる。

● 肌も白く明るくなって透明感がでます。くすみが気にならない。

● シミも薄くなってくるような気がします。


自分にもこうして結果がでたので、やはりフェイシャル・ソープとアルガンオイルの併用を、ぜひオススメしたいと思います。
上に書きだした効果は、フェイシャル・ソープだけでは出来ないと思うし、アルガンオイルだけでもそうはならないと思います。

理屈から言っても、汚れを落とすことと、保湿が一体にならないとこうした効果を導き出すことは難しいと思います。

汚れ落とすしくみ.jpg


3点製品写真.jpg


プロフィール上半身.jpg


脱ファンデ脱シャンプーがめざせる
そらスキンケア →

posted by カウンセラー 新藤 at 16:14 | 脱ファンデ脱シャンプー
100%ピュアアルガンオイルで.. | ホーム | 動画でスキンケア情報! アルガ..