白髪染めをやめたかったら石けん洗髪に切り替えること!

2018年02月02日

こんにちは、今日もすっぴんの新藤です。
30代後半から白髪が出始めて、10年以上白髪を染めてきたわたしですが…

髪や頭皮に悪いことを気にしながら続けてきました。白髪のままでいるわけにはいかないし、しかたなく。
白髪があると、どうしても老けて見えるし染めずにはいられなかった。

でも、いい石けんに出会えて白髪染めと縁が切れたんです。シャンプーを止めてこの石けんで洗うようにして、段々ですけれど白髪が減ってくれました。時間はかかりました。もう4年近くになるでしょうか。

わたしが石けん洗髪に切り替えたのは、40代も最後のころ。ずばっと白髪染めを止めることは出来なかったので、それまで泡の白髪染めを頭全体につけていたのを、クリーム状のものに変えてクシで頭皮になるべくつかないように、目立つ部分だけ染めるようにしていきました。

白髪は年齢的なものもあるけれど、頭皮が健康になれば『白髪は元の黒い髪に戻るかもしれない』と信じて続けました。最初はなかなか変化が見られなくて、「やっぱり無理なのかな…」とくじけそうになったことも何度もありました。

でも、挑戦を始めたのだから元には戻りたくない。「また頭皮に悪い白髪染めに戻るの?!」と自分に言い聞かせながら根気強く、石けん洗髪したのです。

半年、1年というちょっと長いサイクルでしたけど、白髪が減ってくるきざしが見えてきました。そうすると、頑張ろうという勇気が湧いてきましたね。大丈夫、これなら行けるという手応えがありました。だから続けられたと思います。

白髪が途中から黒くなってきているのを何回も見つけたり、明らかに白髪が減ってきているのが分かり、これは気長にやっていくしかないなと気持ちを決めました。

私の体験から、30代40代、もしかしたら50代でも、同じようにやれば白髪染めを止めることが出来るかもしれないと思います。
60代だとちょっと遅いかな…と思いますし、自信をもって大丈夫ですよと私でも言えません。

なぜ白髪が減るのか、私なりにその理由を考えると、白髪になるのは加齢のせいだけではないということ。30代で白髪ってよく考えるとへんだと思いません? 若いときは髪が黒いのが当たり前なのに。

多分、小さいときからシャンプーなどのヘアケア製品で頭皮にダメージを与え続けてきたからだと、今なら分かります。化学成分の悪影響で、毛穴を損傷させ髪に栄養や色素が届かなくなるのではないかと思います。頭皮も厚みが薄くなるので、十分に髪が育ちません。そんなことから、本来黒く育っていくはずの髪が、中途半端になったしまうのが「白髪」なのではないか。

シャンプーを止めて石けん洗髪にしたら、白髪が減って黒い髪になる、ってことはそういうことじゃないでしょうか。白髪は年齢のせいだけではないと!

現在フェイシャル・ソープを使ってくださっているお客様の声をきくと、洗髪に使っているかたの割合が結構多くなってきています。シャンプーで洗っていたときの感じとはまったく違うことも気づかれるでしょう。髪も頭皮も健康になってきている実感があることと思います。

1年2年かかってもいいから、白髪を減らしたい、白髪染め止めたい! という方だったら、フェイシャル・ソープでの洗髪試してみる価値はあると思います。

白髪めだつショット.jpg


そらフェイシャル・ソープ →





posted by カウンセラー 新藤 at 11:22 | 脱ファンデ脱シャンプー
シミ対策、白内障対策にはまず紫.. | ホーム | アルガンオイルとシアバターだけ..