アルガンオイルとシアバターだけで保湿はたりる

2018年02月03日

自分が若い頃、今から30年も40年も前は今ほど、保湿保湿って耳にしなかったと思います。

物心ついたときから化粧品メーカーから教えられたとおり、スキンケア手順に従って 洗顔→化粧水→乳液→そしてお化粧、とやってきましたよね。

昔から、肌が若いときみたいにキレイでいられなくなるのを「お肌の曲がり角」なんて呼んでたと思います。25歳くらいでしょうか。たしかに、毎日教えられたとおりお手入れしていても、30代を過ぎるあたりからキレイじゃ無くなるんですよね、悲しいことに。

今は70歳80歳と長生きになってきているので、肌に対してもできるだけ若く保ちたい、見た目も老けたくない、という願望をみんな強くもっています。40代50代くらいでなんとか良い肌の状態を維持しておかないと、その後下り坂になったとき、年とってからひどい見た目になっちゃう、という気持ちですね。

肌を乾燥させると、シワも増えるしたるみもでる。新陳代謝も悪くなってきれいな新しい細胞が生まれなくなる、ということがだんだん世の中にも知られてきて、『保湿、保湿』と言われるようになってきました。

そこで、何を使って保湿するかが大事ですね。肌はみずから保湿する力をあらかじめ持っていますね。乾燥したら皮脂を分泌させ潤わせる。でも、今は住んでいる家や職場環境が気密性が高く、空調設備によってつねに乾燥しています。昔よりだいぶ条件が変わってきました。

若いうちから、化粧品をつけるようになり、早くから化学物質を顔に塗ることも、肌の劣化をはやめているのかもしれません。

肌を健康にキープし、劣化を防ぐには、化粧品類のような化学成分ではなく、肌が本来もっている自分の力をたすけてくれるような素材を選び保湿することが重要です。その意味で、植物から抽出したオイルは理にかなったものだと思います。

しかも100%ピュアで、化学成分(化粧品成分)の添加が無いものが良いです。
今私自身がそうなのですが、洗顔後アルガンオイル数滴と、シアバターで膜をつくるように仕上げれば、これで十分です。

2つのアイテムだけで、安心できる保湿になります。かえって余計な化粧品を重ねていないので、皮膚の上で、自分の皮脂による自然な保湿サイクルと、混じりっけ無しのピュアなオイルの組み合わせで状態がとても安定します。

なにより手順が少なく、時間も手間も最小限ですから助かりますよね!

そらスキンケア →

3点製品写真.jpg



posted by カウンセラー 新藤 at 09:11 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
白髪染めをやめたかったら石けん.. | ホーム | アルガンオイルをつけるタイミン..