脱ファンデで写真写りは良くなる

2018年02月07日

茶道を習い始めて7年になりますが、毎週日曜日は着物でお稽古に行っています。そんな時ももちろんすっぴん!

ファンデーションをやめて良かったことは、着物のえりがファンデーションで汚れないこと! 着物は汚れたら呉服屋さんに持っていってお手入れしなければならないし、お金もかかるので節約のためなるべく汚したくないんです。汚れたえりをキレイにしてもらうだけで2千円くらいすぐとんじゃいますので(>_<)


アルガンオイルにベビーパウダーで仕上げるだけだと、ファンデーションみたいに色がつかないのでえり汚れも目立ちません。汗と皮脂の汚れだけだと、あまりえりも汚れませんし。フェイシャル・ソープで首も洗っているので首筋に汚れもたまってないのかなとも思います。

こんな感じ ↓

すっぴんで着物.jpg


お茶会などで集合写真をとることがありますが、けっこう皆さんバッチリお化粧をなさってます。着物に負けないようにと、つい化粧が濃くなってしまうのかもしれませんが…。
私は年齢的にいえば真ん中くらいで、下の年代では20代30代の仲間もいるし、上の先輩方は60代の方が多いです。若い方はあまり気にならないですが、年齢が高くなってお化粧が濃いと、写真を撮ったとき、ういてしまう気がします。いやに顔が白塗りに映るし、赤い口紅が目立つような…

自分では、すっぴんの着物姿ちっともおかしくないと思っていて、どんなお茶会であろうといつもこのままです。でも、人から「お化粧しないの?」「口紅つけないの?」なんて言われたことはないです。

そら流のシンプルスキンケアで、くすみがなく透明感のある肌が保てますし、顔全体みても色素沈着やクマなどがないので、ノーファンデでも問題ありません。写真写りもまあまあですよ♪ 

ファンデーション塗っていると、フラッシュあてたときに光を反射させるからテカるけれど、私のようにノーファンデだと、不自然に顔が光ることがないような気がします。自画自賛ですが。

そらスキンケア →

posted by カウンセラー 新藤 at 15:04 | 脱ファンデ脱シャンプー
爪のトリートメントにシアバター.. | ホーム | ノーファンデだからこそ、チーク..