地肌がきれいならファンデーション塗る必要はない

2018年03月06日

お早うございます。今日もすっぴんの新藤です。
一日のうちでも温度差があって、肌にとって悩ましい季節にはいってきました。
朝は寒かったですけど、今日も日中は17℃くらいまで気温が上がるそうです。気温の上がり下がりが激しく、湿度も乱高下! 肌もどっちにしていいやら迷っちゃいますね。

基本寒いほうに合わせて洋服を選ぶので、昼間ちょっと動くと汗ばんできます。そうすると、頭(髪の毛のなか)や胸元がムズムズかゆくなってきます。
私の場合、毎年のことで冬から春へ移り変わる時期に起きます。皆さんはどうでしょう?

こういう温度調節がむずかしい時期、ファンデーションも暑苦しく感じたり、崩れやすかったり、これまた悩ましいですよね。

ノーファンデだと、汗ばんでもそのあと変にべたべたしないのがいいです。お化粧していると、汗と化粧が混ざり合ってとても不快!

フェイシャル・ソープで洗顔して、アルガンオイルで整えると、肌はさらっとしているので、一日中快適です。
とはいえ、日差しがだいぶ強くなってきました。紫外線によるシミが心配です。部屋のなかにいるから安心ではないそうです! 窓からも紫外線は届いているそうですよ。
私はアルガンオイルの前に、日焼け止めを塗っています。最後に、ベビーパウダーをフェイスパウダーとして使用しています。

素肌がきれいであれば、ファンデーションは塗る必要ないと思います。
なんて、偉そうに言っていますけれど、昔は自分もそうじゃなかった! 4年前まではフェイシャル・ソープが無かったし、化粧品会社の洗顔フォームを使い、化粧水も乳液もつけて、ファンデーションも使ってました。

毎日のスキンケアをシンプルにして、洗顔を固形石けんのそらフェイシャル・ソープに変えて、アルガンオイルのみの保湿にしたら、月を追うごとに肌の調子が良くなってきたのです。

ノーファンデが当たり前になるまでに、そう年数はかからなかったです。そう聞いて「ええ、そんなにかかるの!?」と思ったあなた。そりゃあそうですよ。何十年って化学物質を顔に塗ってきたのですから!

ノーファンデになってみて、つくづく世の中の多くの女性は、ファンデーションを塗ることでよけいに肌を老化させて「劣化」させていると思います。

アラを隠すスキンケアでは、これから先悪くなっていくばかりなのです(>_<) 思い切って化粧品から手を切る勇気を! フェイシャル・ソープとアルガンオイルがその手助けをしてくれます。

そらスキンケア お試し →







すっぴん171220.jpg



泡の差.jpg


三点お試し.jpg


posted by カウンセラー 新藤 at 10:35 | 脱ファンデ脱シャンプー
そらフェイシャル・ソープで、も.. | ホーム | 男性も当社のスキンケアを使用し..