乳液をアルガンオイルに代えてみて!

2018年06月15日

こんにちは、そらの新藤です。

暑くなってきたので、アルガンオイルはつけなくていいんじゃないか? と思う方がいらっしゃるみたいです。
そんなことはありません!

だって皆さん、夏でも乳液をつけてませんか? なんの為につけているんですか?
洗顔後、化粧水だけでは肌が乾燥するから乳液をつけるんですよね。乳液はアブラと思っていると思います。



でも実際には、ほとんどの乳液には石油からつくられる鉱物油に、あとはさまざまな化学成分が配合されています。それはウラ側の成分表示を見ればわかりますね。20種類くらい並んでいますね。その多くが自然のものではないと思われます。

また、『植物エキス配合』などと宣伝されているものもありますが、肌の表面の角質層にしかほとんど届かず、真皮までは到達しないと言われています。※真皮まで浸透するものは「医薬品」となります。

保湿のためにつけるなら

保湿のためだったら、乳液をアルガンオイルに切り替えるのがおすすめです。精製したピュアなアルガンオイルは自然素材ならではの使い心地。リノール酸が多く含まれているので肌にすうっと染みこみ、肌をふっくらとさせます。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



人間の皮脂に含まれるオレイン酸が、同率で40%くらい含まれているので肌馴染みもいいです。
化学成分が含まれていない100%のオイルだから、長時間保湿してくれます。朝と晩につければ、冷房で乾燥した部屋にいても肌が乾燥してつっぱることもふせげます。
また、最大の特徴は! つけたあとサラッとしてべたつかないので、お化粧が出来ること。肌の状態が安定するので化粧崩れもしにくくなります!

この夏、乳液を止めてアルガンオイルにしてみませんか!

アルガンオイルについて詳しく →

製品.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 09:23 | アルガンオイルの使い方
ナイトクリームにはシアバターが.. | ホーム | 夏でも保湿!アルガンオイル&シ..