脱ファンデめざすなら、まず洗顔をフォームから石鹸へ!

2018年09月05日

こてこて化粧をするのに飽き飽きすることはないですか?! 素肌がきれいならいっそのことファンデーションをやめたい! と思う方も少なくないと思います。

どう考えたって、化学成分があれだけ並んでいる化粧品を毎日顔に塗りっぱなしというのは、肌によいわけがない!! 若い時はそれでもどうにかなったけど、年齢が上がればごまかしも効かなくなり、やればやるほど肌の衰えが進むのです。

シミ、しわ、くすみ、たるみ、キメの粗さ…これら年齢肌の症状は、もちろん加齢が原因の部分もあるけれど、化粧品を使ってきた年月の長さにも比例すると思います。

脱ファンデをめざそう!

脱ファンデへの最初の一歩は、洗顔フォームや泡洗顔料を使うのを止めることです。「えっ!じゃあ何で顔洗うの?!」と思いますよね。
『石鹸』です。

一般に使われている洗顔フォーム&泡洗顔料との大きな違いは、界面活性剤の種類です。石油系の合成界面活性剤で洗うと汚れをたくさん取り込む性質があるため、配合されている多種類の化学成分と一緒になって肌表面に残りやすくなっています。よく洗い上がりが「しっとり」とうたっているのは、肌離れが悪いので洗顔料と汚れがいっしょくたになりヌルヌルしている現象に他なりません。

一方、昔ながらの固形石鹸は、ヤシ油などの自然な原料をつかった界面活性剤を使用しているものが多く、汚れを掴むと適度に肌から離れてくれるので、肌がスッキリと洗われ、肌にたいして必要以上に洗浄力を発揮することなく安心できます。

洗顔フォーム&泡洗顔料と、固形石鹸とどちらがいいかといえば、固形石鹸なのです。

そこで、固形石鹸の選び方ですが、洗浄のしくみは固形石鹸であれば似かよったものですが、長く使っていく上で重要なのは、あとは使い心地(使用感)ですね。固形石鹸のデメリットはやわらかいふんわりした泡がたちにくい。洗っているうちにすぐ泡がへたってしまう(無くなる)。使い切らないうちに溶けたり、ひび割れたり、カチカチに乾燥するものもあり嫌われてきました。

そこを改善できたのが、そらフェイシャル・ソープです。
チタンペーストを非常に細かな粒子にして、石鹸に練り込みなめらかでキメの細かい泡をたてることが出来る様にしました。この特別な成分の働きで、落ちにくい毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。まさに「泡で洗う石鹸」です。

脱ファンデにむかう第一歩として、このそらフェイシャル・ソープをお使いになると良いと思います。
実際に私も、この石鹸で洗顔していくうちに、以前はまったく考えてもみなかった「脱ファンデ」「ノーファンデ」が実現できたんです。それも50代半ばだというのに!

プロフィール上半身.jpg


いきなりファンデーションは止められません。数ヶ月はかかるかもしれませんが、石鹸洗顔に切り替えれば、月を追う毎に肌はよくなっていくのが実感できます。肌の状態に応じて、リキッドファンデから固形ファンデへ。そして色味のついてフェイスパウダーへ。最終的には軽くベビーパウダー程度で仕上げられるようになります。

脱ファンデ出来る様になるためには、素肌を整えることが大事なのです。整えるとは? キメも細かくし、皮脂の分泌も過剰にならないように正常にすることなども入ります。そう考えると、洗顔がもっとも重要とわかることと思います。

そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
製品写真.jpg




posted by カウンセラー 新藤 at 11:59 | 脱ファンデ脱シャンプー
泡ででるボディソープは、どうな.. | ホーム | 白髪は黒くもどせる可能性あり