白髪にいい食べ物と栄養素

2018年09月07日

「白髪にいい食べ物」という情報は色々見ますが、食べてその影響が白髪に届くまでを考えると宣伝されているほど簡単ではないことが分かりますよね。

白髪にいい栄養素としてよく挙げられているのが、タンパク質、ミネラル(とくに亜鉛・カルシウム・銅)、ビタミン(とくにビタミンC・ビタミンE・ビオチン)、ヨウ素(昆布に含まれてますね!)

これらは、なにも髪の毛だけでなく、体をつくる上で欠かせない栄養素ばかりです。こういった栄養が不足した食生活をしていたら、白髪が多くなるだけでなく、肌も悪くなってくるし、体調も悪くなったり、健康面でもさまざまな問題がでてきてしまいます。

また、こうした基本的な栄養素は、体の各部分で必要なため、生命に関して重要度の高いところから順に使われていきます。髪の毛や爪はいちばん最後に供給される場所なのです。

最近は「白髪に効くサプリ」として黒ごまや昆布の成分が入ったサプリが販売されているようです。こうしたサプリであっても、食べ物と同じで、体全体に行き渡ったあとその残りが髪の毛や爪にいきます。

上にあげた栄養素をちゃんと摂ろうとすれば、栄養バランスのとれたきちんとした食事になるでしょうから、健康にもいいし、髪の毛にもいいだろうと思います。

でもそれで、白髪が無くなってくれるか? というと皆さんどう思われますか? 期待をもってやってみよう!という気持ちになれるか? です。

いいかもしれないし、もしかしたら白髪が減るかも? でも確証がないですよね。効果がでてくるまで期間がかかりそう。気の長い話のように思います。

今白髪で困っているわたしには、待ってられない!!

それが正直本音ですよ。

食べ物の効果を期待しても、結果はどうなるかわからないです。

それより、確実なのは洗髪を石鹸に切り替えることだと私は思っています。

そう言えるのは、私自身にそれで結果がでたからです。
30代後半から白髪がでてきて、10年以上白髪染めをし続けてきました。染めるのが当たり前だと思っていましたから。

でも、洗髪ができる石鹸を開発して、私自身モニターだと思って、石鹸洗髪を試してみたら半年で変化がでてきたんです。白髪が少しずつ減り始めました。

中には白髪が途中から黒くなってきたものもありました。白髪が真っ白じゃなく灰色にもなってきました。
ヘアケア製品で痛め付けられて機能を失っていた頭皮が復活したと感じました。黒い色素であるメラニンの製造工場が「メラノサイト」ですが、メラノサイトが動き出してメラニンが髪の毛にふたたび入るようになった、ということですよね。

プロ写真髪.jpg



白髪対策に脱シャンプーをうたっているところは、不思議なことに、他には見当たりません。なんでなんでしょうかね。気づいてないのか? はたまた業界を敵に回したくない??

まあ世の中の常ですから仕方ないです。私のこの話だって、信じるひと、ウソだ〜と疑うひと、それぞれでしょうから。

結局なにを信じて、なにを選ぶか、になってきますね。何事も。

というわけで、私は石鹸洗髪を止める気はありません。あっという間に4年が経ってしまいました。4年前から白髪染めとはぱったり縁切りしました。今では、奥の方にはまだ白髪がありますが、表面にはほとんど見えないほどになりました。

50代半ばで、白髪染めが要らないというのは、自分で言うのもなんですが、あまりいないのではないでしょうか。ちなみに遺伝ではないと思います。両親とも白髪でしたから。

白髪染めをやめたかったら、脱シャンプー が必要です。

そらフェイシャル・ソープで洗髪していくと、頭皮の健康が取り戻せます。
私の影響で、石鹸洗髪に切り替えたお客様もたくさんいらっしゃいます。

そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →


製品写真.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 13:33 | 脱ファンデ脱シャンプー
白髪は黒くもどせる可能性あり | ホーム | 乳液とクリームをやめて、アルガ..