9月10月がいちばん肌が乾燥しない時期

2018年09月18日

おととい右のほっぺたに大きな吹き出物ができてしまいました。こんなの出来るのは久しぶりだったので、すごいショックで。

でもつぶしたりするとゼッタイあとが残るので、じっと我慢! 自然におさまるのを待ちました。2〜3日そこにはアルガンオイルを塗らないようにしました。原因が分からないので。

そういえば、数日前からアルガンオイルが顔でちょっと余り気味かな? と感じてました。夏の間、朝は洗顔後2プッシュ、夜は寝る前に3プッシュ、とたっぷりつけていました。冷房による乾燥対策です!

ところが、ここへきて朝晩はだいぶ涼しくなってきましたよね。夜も冷房をかけずに窓をあけて虫の音をききながら寝ることができます(*^_^*)

秋は意外と湿度が高いのかもしれません。今まで通りでは、アルガンオイルの量が少し多いかなと思い、「吹き出物」を機に、1プッシュずつ減らしてみました。

朝は1プッシュ、夜は2プッシュです。これでちょうどいいみたいです(3日で吹き出物はへこんでおさまりました)。空気が乾燥していないのと、湿度が高いのとで、朝洗顔後にアルガンオイルをつけすぎてしまうと、なかなか乾かなくてすぐにお化粧できません。1プッシュを手のひらにとり、目の周りにまずぐるりとつけ、残りを両手のひらにのばし、顔→首へとつけます。

夏の疲れが体にも出る頃ですよね。そして、顔にもでます。しっかりお手入れをしたいものです。化粧品の使い過ぎは逆に肌に負担をかけます。
洗顔、保湿、お化粧はシンプルに、を心がけて肌を整えていくといいと思います。「乾燥の冬」の前に肌を元気にして備えていきましょう!!

そらアルガンオイル →

きもの.jpg


製品.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 09:47 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
アルガンオイルを超える? マル.. | ホーム | シアバターの酸化について