なぜ気温が低くなると肌が乾燥するのか?

2018年09月21日

急に涼しくなってきました。今日は雨で20℃に届かないくらいの気温で、肌寒いです。

さて、寒くなるとなぜ空気が乾燥して、肌がつっぱるようになるんでしょう?? ふしぎだなと思うことはありませんか!

ちょっと難しい言葉なんですが「飽和水蒸気量」というのが関係しているんです。昔学校で理科の時間に習った覚えがないですか? 「大気中の水分は、温度が高くなると多くなり、低くなると少なくなる」というのを。

冷たい水を入れたペットボトルやコップを置いておくと、水滴がまわりにつきますでしょ。あれはこの原理によるものです。ペットボトルやグラスに触れた空気が冷やされて、大気中にとけていた水分が、水蒸気から水に変わってしまったわけです。

寒くなると、大気中に存在する水蒸気量が減ってしまいます。それで空気が乾燥し、肌も乾燥しつっぱるようになってしまうのです。

飽和水蒸気量グラフ2.jpg


だから、肌の保湿がとても重要になるんですね。保湿には自然な成分の植物オイルがおすすめです。化粧品の保湿剤は、化学成分によって働きをつくっているので自然ではないです。肌にはこうした化学成分をつけること自体好ましくありません。

素肌に直接つけるオイルとしては、なんといってもアルガンオイルがオススメ!
他のオイルと比較して、脂肪酸のバランスが理想的です。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg


オレイン酸が皮脂に近い40%、リノール酸がだんとつの多さ30%、飽和脂肪酸(常温で固体の性質をもつ)であるステアリン酸は10%でほどよく含まれている。
この黄金律が、他のオイルにはない、抜群の使用感につながっています。古くはクレオパトラが愛用していたと伝えられ、ヨーロッパのセレブ達にも人気があるというのもうなずけますね!

さらっとして、すぐ肌に染みこみべたつきが残らない。それでいて、しっかり保湿の「アルガンオイル」!
一度使うとはまる人が多いのですよね。

アルガン使用中g.jpg


製品.jpg


オーガニックシア脂原料、精製100%ピュアアルガンオイル【エコサート認証取得】
プッシュ式で使う量が調節しやすい! 1プッシュか2プッシュでOK。
そらアルガンオイル 詳しくは →




posted by カウンセラー 新藤 at 11:36 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
シアバターの酸化について | ホーム | すっぴん風メイクとは?!