皮脂は保湿してくれている「天然のクリーム」

2018年10月02日

全身の皮膚は、すべて自分が分泌している「皮脂」によって保湿され乾燥から守られていますよね。体も顔も!

汗が出る「汗腺」と、皮脂がでている「皮脂腺」があります。これらがうまく働いていれば、肌は良い状態に保てるわけです。ところが、ここに化粧品をつけたり、合成洗剤で洗ったりするから、バランスが崩れ肌が乾燥したり逆にべたついたりするわけです。

まず、体にも顔にも悪いのが市販の洗浄剤です! 体を洗う「ボディソープ」や洗顔に使う「洗顔フォーム」。これらには、ひじょうに強い洗浄力をもつ石油系合成界面活性剤がはいっています。台所洗剤とおなじようなもので、ひどい油汚れなどでも沢山の泡でキレイに落とします。

台所洗剤で食器のギトギト油汚れを洗っているとき、「泡がなかなか消えてくれないなあ」と感じたことはないですか? 泡がいつまでも立っていて何度も水でゆすがないと泡が無くならないですよね。あれだけ合成洗剤は洗浄力が強いのです。

こういう洗浄力の強いもので、顔や体を洗うと皮脂を取りすぎる心配がありますし、他に配合してある化学成分により肌がダメージを受けてしまいます。
皮膚組織が痛めつけられることで、皮膚が薄くなったり、皮脂腺が肥大化し皮脂が過剰に分泌されることもあります。皮脂が分泌されるのだからいいのでは、と思うかもしれませんが、それは間違い。過剰に皮脂がでればべたべたし「テカリの原因」になります。そして、さらにそれを洗い落とそうとして洗浄剤を使うことになり悪循環です。

皮膚はいつも清潔に、よけいなものが何もついていないことが望ましい

毛穴がきれいに洗浄されて、素肌であれば、皮脂は表皮に自然に浸透して「天然のクリーム」の役目をします。
ところが、化粧品を多用し、化学成分たっぷりの乳液、クリームなどをつけていると、かえって皮脂の吸収を阻害することも考えられます。化学成分は表皮をうわすべりしているだけで、中には入っていかないのです。

かえって素肌のほうが、自然に分泌された皮脂によって潤いが保たれ、乾燥から肌を防げるのだと思います。
それなのに、多くの女性は、「乾燥するのは保湿剤のクリームが足りないのではないか?」「年齢とともに乾燥しやすくなっているのね」などと誤解しているのです。

本当は、『保湿のためにと一生懸命塗っている化粧品』がよくない原因をつくっているのだと思うのです。

いっそのこと、化粧水・乳液・クリームを止めてみたら! と提案したいですね。そう言っても「そんなのぜったいムリムリ」と答えが返ってくるでしょう。
私も最初はそう思っていました。でも、恐る恐るほんとうにそれらを止めてみたら、肌は良くなっていきました。

★ポイントは固形石鹸「そらフェイシャル・ソープ」での洗顔と、100%ピュアのアルガンオイルのみでの保湿


フェイシャル・ソープに使われている界面活性剤は、自然素材のヤシ油を原料としており、洗浄力が強すぎないのです。さらに特殊成分のチタンペーストが配合されていることで、きめ細かい泡が豊富に立って毛穴まできれいに洗浄することができます。
そらフェイシャル・ソープ →


製品写真.jpg



きれいに洗顔したあとは、100%ピュアなアルガンオイルで保湿します。アルガンオイルはクレオパトラが愛用していたとも伝えられる高級な植物脂です。他のオリーブオイル、ホホバオイルなどとは脂肪酸比率が異なり、特別な使用感があります。肌にすっと吸収し、べたつきが残りません。表皮に油分と水分を保つはたらきがあり、一日中乾燥を感じず、潤っている肌になります。
そらアルガンオイル →


製品.jpg


この2つのアイテムで、日々のスキンケアは十分! 先ほどから何度も言っているように、かえって化粧品を何種もつけるのは肌にとって良くありません。

肌が乾燥すると自然に皮脂腺から皮脂がでてきて、皮膚の表面を「皮脂のベール」でつつみます。この自然な循環を化粧品はじゃましてしまうのです。
固形石鹸での洗顔、100%ピュアアルガンオイルでの保湿、このシンプルなお手入れが肌には理想的。
最初は、信じられないかもしれませんが、実践していくうちにご自分の肌でわかります。




保湿
posted by カウンセラー 新藤 at 13:50 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング
すっぴん風メイクとは?! | ホーム | お風呂場には、たったこれだけで..