「白髪隠し」が化粧直し感覚でできる?!

2018年10月16日

新聞にこんな記事をみつけました。
『白髪 手早く隠す』

普段定期的に白髪染めをしていても、その途中で、生え際や数本あたまのてっぺんにのぞいたりして気になることがありますね。それをマスカラ感覚で色づけして隠すものだそうです。

呼び名が、メーカーによって「ヘアマスカラ」「ヘアファンデーション」「ヘアコンシーラー」とバラバラです。「ヘア」とつけただけだし、なんだか聞いてもピンときませんね。

一時的な着色であり、シャンプーで簡単に落とせる。白髪染め液には、頭皮にダメージをあたえる化学成分も多く入っているので、気になる部分的な白髪にのみ染料をつけることができて頭皮につけなくて済むという点はいいですね。

多くの女性にとって 白髪染めはかなり面倒


白髪染めを利用する頻度は、平均して44日間隔
その間、生え際などの白髪が気になりだすのは「染めてから24日後」(資生堂調べ)


つまり白髪染めは3週間ほどしかもたない、ということ。
なんだか大変ですよね。白髪を隠そうとしたら、約一ヶ月半ごとには染めなきゃならない。
自分でホームカラーするのか、美容院へ行くのか、そのどちらかです。

そして染めても、3週間もすれば生え際に白いものが目立ってきて、頭のてっぺんにぴょこんと白髪がのぞくんです。手間もかかるし、白髪が出る→染めて隠す の繰り返しで追いかけっこ。

いい加減うんざりすることはないですか?

わたし、きっぱり「白髪を隠すことをやめた」んです。この追いかけっこにもうんざりだったし、染め剤のツンとくる臭いといい、頭皮がヒリヒリしたり、ぜったい髪や頭皮に良いわけがないと思っていました。

白髪染めをやめてみよう、と思うきっかけになったのが、フェイシャル・ソープの存在。
最初はいままで使っていたごく一般的な洗顔料から、この固形石鹸に切り替えたことがはじまり。

肌に透明感がでて、顔が白くなりました。キメが細かくなって手触りがぷるぷるになってきました。
「今まで使っていた洗顔料が悪かったんだ」と気づきました。となると、次は「シャンプーは大丈夫なの??」ってこと。

シャンプーや白髪染めが原因で、白髪が増えているとすれば、まずこれをやめなきゃ始まらない、と思いました。脱シャンプーへの挑戦がはじまったんです。

慣れない石鹸洗髪…、最初の頃は髪がべたべたして、きしむし不快でたまりませんでした。でも、続けていたらだんだんそれも無くなってきて、調子イイ感じになってきました。

石鹸洗髪の経過はこちらでご覧ください。もう4年以上続いています。そして、白髪染めを止めると決めてから、一度も染めることはありませんでした。ほとんど表面には白髪が目立たなくて白髪を気にすることもあまりありません。

白髪めだつショット.jpg


洗髪に向いている そらフェイシャル・ソープ →
※初めての方には半額お試しがあります。




posted by カウンセラー 新藤 at 13:15 | 脱ファンデ脱シャンプー
顔の肌老化をすすめているのは化.. | ホーム | 湿度がさがってきたらアルガンオ..