30代40代肌が劣化する原因は、ターンオーバーの遅れ!

2019年01月28日

若い頃はとくべつなことをしなくても肌がキレイだったのに、30代過ぎたあたりからシミ、しわが気になってきた、という方が多いと思います。私も同じです。

毛穴の開きが目立ち、肌の色もなんとなくくすんできて、ハリがない。肌に若さが失われていく感じですね…。

肌の新陳代謝をターンオーバーといいますが、若い頃はだいたい1ヶ月くらいで肌が入れ替わっていました。ところが、年齢とともにターンオーバーに時間がかかるようになります。

30代40代では倍の2ヶ月、60代にもなれば3倍ともいわれます。体全体の代謝も悪くなっていますし、化粧品や紫外線によるダメージの蓄積も影響しているでしょう。

肌の乾燥もターンオーバーを遅らせる一因です。油分と水分をうしなうと皮膚細胞は固くなり、古い角質がはがれにくくなり、若い細胞がおもてにあらわれにくくなります。メラニンも居座るのでシミにもなりやすい。

歳をとってもなるべくキレイでいるためには、保湿をして肌の乾燥をふせぐことと、肌の代謝にやくだつ栄養を積極的に摂っていくことが重要です。

新しい肌はからだの中から生まれてくるので、肌に関係する栄養が不足していては、どんなに外から手入れをしても肌はよくなりません。

kihon.jpg



栄養で大事なのは、抗酸化成分であるポリフェノールとビタミンC。肌のために生野菜や果物をすすめるのはそうした理由です。紫外線やストレスで発生する「活性酸素」はシミの元になったり、肌の老化をすすめます。

代謝をうながすビタミンB群、ビオチンもターンオーバーには大切。

肌が老化してきている… 若い頃と違うなあ… と思ったら、なおさらなかからの栄養補給が重要です!

化粧品にかけている費用を、肌のためのサプリメントにかけたほうがよほど有効です。
化粧品はこれから剥がれ落ちていく角質までしか届いていません。かんじんな表皮には入らないのです。
それよりも、これから表にでてくる肌そのものを良くしていかなければ、きれいにはなれません。そのためには肌に有効な栄養を十分に摂ることなのです。

肌のための栄養をそろって配合しているのが「はだのさぷり」
初回は1ヶ月分半額でお試し


HPTIMAGE.jpg


hadasapuseibunn.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 11:08 | 肌に効果的なサプリメント
化粧品に使う「お金」「時間」も.. | ホーム | シャンプーは髪や頭皮に悪い