素顔にオイルをぬるのに抵抗感?

2019年01月30日

洗顔後のすっぴんの顔にオイルをつける。

初めての方は「顔にアブラ?」と抵抗を感じるかもしれません。私も5年前までは知りませんでしたから、乳液や保湿化粧品で自分では保湿しているつもりだったのです。

アルガンオイルのことを初めて知ったのは、原料メーカーからの紹介です。そのときは、スキンケア製品として「シアバター」しか販売していませんでした。

アルガンオイルの試供品をメーカーからわけてもらい使ってみた感想は?!

正直びっくりしました。いままでのオイルのイメージとまったく違う! クレンジングオイルしか使ったことが無かったので、スキンケアとして素肌に塗るのは初めての体験。
オイルはべたべたするという固定観念があったのですが、アルガンオイルは違うのです。
オイルのイメージががらっと変わりました。肌にすぐしみ込みべたつきが残らない!

アルガン使用中g.jpg


アルガンオイルを洗顔後の素肌にぬると、とてものびがよくて塗りやすいです。すぐに肌に吸収してくれてオイルにありがちなべたべたがない。

数日使ってみて、またまたびっくり。肌がだいぶ変わってきました。手触りがすべすべになって、指で押すと弾力がでてきたかんじ(ハリが出てきたというのか)。

考えてみれば、肌は自分の皮脂で皮脂膜をつくってうるおうもの。化学成分が多い化粧品では肌にはいっていかないのは当たり前なんですね。
アルガンオイルは、皮脂と同じ比率でオレイン酸が約40%含有されていて、リノール酸が30%もはいっています。ここがオリーブオイルと異なるところです。オリーブオイルも美容オイルとしてよく知られていますが、オレイン酸が75%もはいっていて、べたべたが残ってしまいアルガンオイルのような使い方はできませんね。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



アルガンオイルは、ほとんどお化粧しないという方も、普通にお化粧する方も、素肌のスキンケアとして使えます。
肌への浸透がよく、肌をととのえてくれるので、洗顔後すぐつけるのがおすすめです。

化粧水、乳液をつかっているという方は

洗顔後、化粧水をつけてそのあとすぐアルガンオイルをつけてください。乳液はいらないと思います。

hangakuotamesi.jpg


そらアルガンオイル →
初回半額で購入できます。




posted by カウンセラー 新藤 at 11:56 | アルガンオイルの使い方
シャンプーは髪や頭皮に悪い | ホーム | シミの原因