シミの原因

2019年01月31日

シミのいちばんの原因は「紫外線」です。
30歳過ぎた頃からシミがめだってくるのは、長年にわたって浴び続けた「紫外線の蓄積」が影響しています。
紫外線A波(UV-A)がシミの原因になります。

紫外線量.jpg


紫外線をあびると活性酸素ができます。活性酸素の害から肌をまもるためにメラニン色素が増えるのです。
メラニン色素はシミの元になる物質です。

紫外線対策に日頃から気をつけている人と、そうでない人とでは、シミのできかたも違ってくるはずです。
なるべく顔に日差しが当たらないようにします。帽子や日傘で日差しを遮断し、目にもはいらないようサングラスは必需品です。
日焼け止めをつけただけで安心してはだめですね。物理的に日差しを浴びないようにするのがかしこい方法なのです。

simi.jpg


でも、どんなに紫外線対策をしても完璧ではありません。体内にできてしまった「活性酸素」を除去しなければなりません。

2つの方法でわたしたちはそれをやっています。

自分の体にそなわっている抗酸化力によって除去している。
わたしたちの体内には活性酸素に対抗するための「抗酸化酵素」があります。ただし、40歳をすぎるあたりから活性がおちてきて、抗酸化力がさがってきます。

nennreitokousannka.jpg


もうひとつは、食事から摂取する抗酸化成分によって活性酸素を除去する方法です。

抗酸化作用をもっているのは、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどです。ただし、果物や野菜で摂っても毎日じゅうぶんな量を摂るとなると難しい。

さらに活性酸素は1種類ではありません。
4種類の活性酸素があり、中でも「一重項酸素」は紫外線の刺激で皮膚や目に発生します。
皮膚のタンパク質、脂質を酸化させ変質させるので、肌にたいする悪影響が大きいとされています。

sigaisenntosimi.jpg


抗酸化成分にもいろいろありますが、この一重項酸素にたいして有効な抗酸化物質は限られます。

puroanntosianijin.jpg


ブドウ種子ポリフェノールには、強力な抗酸化作用をもつ「プロアントシアニジン」という成分が豊富に含まれています。
ブドウ種子ポリフェノールの素材メーカーはキッコーマン社。子会社にマンズワインがあり、より抗酸化力の高いブドウの品種を選り分け抽出技術を独自に開発。1999年に日本農芸化学技術賞を受賞しました。

「はだのさぷり」は美肌のための成分を贅沢に配合。プロアントシアニジンも1日160mgとれるようにしました。ビタミンCはレモン20個分1000mg、ビタミンE100mg配合

はだのさぷり 詳しくは →
初回は1ヶ月分半額でお試しできます。

hadasupotamesi.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 14:18 | 肌に効果的なサプリメント
素顔にオイルをぬるのに抵抗感?.. | ホーム | シアバターをもっと顔につかった..