白髪染めの止め方

2019年04月03日

こんにちは、そらの新藤です。久しぶりの更新になってしまいました。

すっかり春ですね。お花見も終えて、次のお花見は「藤」でしょうか。タケノコもたのしみですよね〜 

さて今日は「脱白髪染め」について書いてみます。
私も以前は、白髪があれば染めるのは当たり前だと思っていました。現に、30代から40代後半まで疑問ももたずに白髪染めしてました。

でも、当社でスキンケアを提唱するようになって考え方ががらりと変わりました。誰もがやっているように、「洗顔フォームで顔を洗い、化粧水・乳液をつけて化粧する。髪の毛はシャンプーで洗う」このことに疑問を持ち始めてしまったんです。

当社のスキンケア製品ができて、それを使うようになり、今までの常識が間違っていたと分かりました。
体には化粧品やヘアケア製品など化学成分は使うべきでは無いのだ、と!

顔は石けんで洗い、髪も石けんで大丈夫。そのほうが、ずっと肌もきれいになったし、髪の状態もよくなった。
それで、私は白髪染めと縁を切ることが出来たんです!!

その経過は?! というと、今からお話ししますね。

まず無理していきなり止めることはありません(出来ないと思います)。
★最初にやらなきゃいけないのは、シャンプーを使うのを止めて、そらフェイシャル・ソープで石けん洗髪にします。
石けん洗髪というと「大変」とか「髪がきしむ」といったマイナスのイメージを持つ方が多いと思いますが、クエン酸リンスすればきしまないし、数週間で慣れてきます。

★白髪染めをしている方は、いろんな方法があると思いますが、美容院で染めるのはよしましょう。そして自分で「必要最低限の部分だけ」染めるように変えます。ムースだと頭皮にも染め剤が付いてしまうのでそれは避けたい。クリーム状の白髪染めを使い「生え際だけ」とか「目立つ部分」のみにします。

★石けん洗髪していくと、だんだん白髪が減ってくると思います。一ヶ月単位で時間がかかりますので、根気よく考えてください。真っ白だった毛が、グレーになってきて目立たなくもなります。そうしたら、染める頻度を少なくしていきます。

★白髪用マニキュアとかで済むようになったら、切り替えてください。1ヶ月ちかくもつ白髪染めよりも、洗髪で色が落ちる一時的なカラーとか、ヘアマニキュアのほうが髪と頭皮へのダメージは少ないし、脱白髪染めにもプラスです。

プロ写真髪.jpg


そらフェイシャル・ソープを使えば、泡立ちもよく、すすぎも簡単でストレスもありません。
やり始めてすぐに、抜け毛が減る、頭が臭わなくなる、かゆくない、髪がサラサラになる、など効果がみられると思います。

このままシャンプーを使い続けていると、いいことはありません。中年になると髪の毛が細くなり、髪がぺたんこに寝て、髪の毛の量も減りボリュームもなくなりさびしくなることでしょう。
気づいたときがチャンス! 脱シャンプーで育毛です””

石けんと泡


toweldry2.jpg


そらフェイシャル・ソープは、初めての方は半額になります。→
sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 11:37 | 脱ファンデ脱シャンプー
洗顔フォームを使っていてはキレ.. | ホーム | グレイヘアとは「染めない」こと..