洗顔を変えるだけで肌が白くなり、透明感もでる

2019年09月22日

「美肌美白」といえば、だれでも憧れですよね。
肌がきれい=美肌美白!


そのためにもっとも肝心なのは「洗顔」なのです。
化粧品をいくら上から塗りたくっても、残念ながら美肌美白にはなりません。ならないどころか、やればやるほど遠のくといってもいいかもしれません。

化学成分がてんこ盛りの化粧品を、いくつも使うことは、肌の自然なターンオーバーを妨げるし、キメも荒くします。スキンケアはできるだけシンプルに。使う化粧品の品数も極力減らすことです!

そして、美肌のためにいちばん大切なのは洗顔。洗顔料はなにを使うか? が重要なところです。

ほとんどの方が、洗顔クリームや洗顔フォームを使っているかと思うのですが、それではだめです。

私自身の経験からいえることですが、今から5年ほど前までは私も化粧品メーカーの洗顔フォームを20年以上使ってました。

それを止めて石けん洗顔に切り替えたきっかけとなったのは、
当社で「そらフェイシャル・ソープ」を開発し販売をスタートしたからです。この石けんで洗うようになって肌はあきらかに変わりました!

毛穴が小さくなりなめらかな手触りに。

さわると弾力があり、モチモチした感じに。

吹き出物もでないし肌トラブルがない。

シミが薄くなった気がする。

くすみがなくなり肌の色がワントーン明るくなった。

目の周り、鼻の周り、顎の下などの黒ずみがなくなった。


などなど、いいことづくめ!

「なにが違うの?!」と疑問に思われるでしょうが、市販の洗顔料とこの石けんでは成分が違います。
それから成分の違いによって「洗浄の機能」がまるで異なります。

一般的な洗顔料は、多くは石油系合成界面活性剤をメインに、さまざまな化学成分が配合されています。それらの添加物は泡立ちをよくするものだったり、洗ったあとのつっぱりを無くすものだったり。

洗顔料のいちばんの目的である「きれいに洗浄する」ということが、実際には出来ていない。
市販の洗顔フォームで洗うと、洗い上がりはなんとなくしっとりと感じられると思うのですが、あれはよく落ちていない証拠。洗顔料の成分やら肌の汚れが肌から離れにくい状態なのです。

いっぽう、このフェイシャル・ソープはどうかというと、界面活性剤は自然素材のヤシ油を原料としており、極微細なチタンペーストを練り込むことで、ふんわりやわらかな泡が簡単にたち、その泡はキメ細かく毛穴の奥の汚れまでよく落としてくれます。洗い上がりはサッパリとして、それでいてイヤなつっぱり感もありません。

泡の差.jpg



洗顔料を切り替えるだけで、美肌、美白になれる!

このことを知っていただきたいです。
肌のしくみは実はとても単純で、汚れを毎日きちんと取り去り、保湿してあげれば、肌はいきいきとしてきますし、新陳代謝がよくなって肌も若さを取り戻すんです。

肌をきれいにしたいのなら、「化粧品を探す」のではなく、どんどん省いていってシンプルな手入れにしていくべきなのです。

すっぴん171220.jpg


そらスキンケアで、ファンデーションも不要になり、すっぴんでいられるようになりました。

初めての方は、初回半額でご購入になれます。

sopuotamesi.jpg

顔だけなら、3〜4ヶ月もちます。

hangakuotamesi.jpg

洗顔後は、アルガンオイルで保湿。一回の使用量は、3プッシュ程度。こちらも3ヶ月くらい使えます。

お申込はこちら →

そらスキンケア →






posted by カウンセラー 新藤 at 13:24 | そらフェイシャル・ソープ
空気の乾燥がシワをつくる! | ホーム | シアバターで保湿