キメを整えることが「保湿」につながる

2020年01月30日

お早うございます。そらの新藤です。

みなさん「保湿」というと、何をつけたら乾燥を防げるか?と考えて、肌から水分が蒸発しないようできるだけカバー力の強いものをつけようとすると思います。

でも、実はそのまえに一番重要なのは、肌のキメを整えることなんです!

煉瓦が積み上げられたような肌の組織イラストをよく見かけますね。若いときの肌は、きちっと隙間無く整然と並んでいるので水分も逃げにくくあまり乾燥もしません。そしてツヤもありなめらかな肌に見えるのです。ところが年齢とともに、紫外線や老化の影響を受けて、あちこちほころびが目立ってくる。だから、中高年の肌はくすみ毛穴も目立ち、キメが荒く見えるようになります。

bariakinou.jpg


このような状態の肌に、せっせと保湿剤を塗っても、ザルから漏れるがごとく (>o<) なんですよね!
荒れた肌にせっせとクリームなどの保湿剤を塗っても、表面ががたがたでは膜をつくることはできませんから、保湿効果があがりません。

まずは、肌のキメを整えることが大事です!

どうしたらいいのか? それは基本的なことです。「肌への栄養」「素肌のスキンケア」この2つです。
美容の専門家も指摘するように、肌への影響は「外から2割、中から8割」。中からとは食事からの栄養のことです。極論すれば、なにを食べているか?で肌は変わってきます。栄養のバランスがとれているか?なんです。

健やかな肌をつくるもとになるのは、タンパク質、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどです。外食が多かったり、コンビニ食などでは当然これらの栄養が不足してきます。バランスの良い理想的な食事がなかなか食べられないという方は、サプリメントを利用するのも一考です。
おすすめの「はだのさぷり」→

素肌のスキンケアは、いつもお話しているように「洗顔と保湿」が重要です。一般的な洗顔フォームでは、洗えているようで実は毛穴の奥まではきれいになっていません。そらフェイシャルソープで洗ったときのように、洗い上がりがキュッキュッとなっているとスッキリ洗えている証拠。

素肌をきれいに洗ったあと、アルガンオイルで保湿します。アルガンオイルはオイルなのに肌にすっと吸収されてべたつきも残りません。表皮にしみこんで皮膚を整えてくれるのです。

このように素肌の健康を重視したケアを、中から外からやっていくと、だんだん肌のキメが整って乾燥肌で悩んでいた方も軽減されていきます。肌を健康にしていくということは、肌も若返り弾力やハリを取り戻すことにつながります。そして、シミやしわに対する効果も期待できます。

そうなると良い循環になり、シンプルなお手入れでも保湿効果が期待でき簡単(時短)でキレイに、となるのです。

シンプルなスキンケアが美肌への道! そらスキンケア →

スキンケア3点.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 11:00 | そらスキンケア
化粧品の分類 スキンケアとメー.. | ホーム | シアバターが固くて使いにくいと..