アルガンオイル吸収スピード、速くても遅くても問題あり

2020年04月07日

アルガンオイルをつけたときに、吸収していくスピードですが、2〜3プッシュつけて直後はオイルで肌がテカテカしていますが、その後朝の支度をしているうちに(30分から1時間くらい)肌が吸い込んでしまいます。

量はそのくらいたっぷりつけたほうが肌にはいいと思います。「つけたあと時間が無いから」「ちょっとでもべたつくのがイヤだから」と量を少なくして1プッシュくらいだと、少なすぎるかなと思います。

そして、つけたときのアルガンオイルの染みこみ具合で、ある程度肌の状態がわかります。

早すぎても遅すぎても、肌が荒れている証拠なんです。

初めての方につけていただいた時に、いくらたっぷりつけても足りないという方がたまにいらっしゃいます。ええ?と思いますが、よほど肌の表面が荒れて、角質層がめくれているのでしょう。ものすごい乾燥肌だ、という方がそんなケースです。

でもそういった方でも、続けてアルガンオイルをつけ続けていくうちに、肌が改善されて、普通の量のアルガンオイルで足りるようになってきますのでご安心ください。最初のうちは、たっぷりつけていただくことが必要です!

それから、逆に入っていかないケースもまれにあります。男性で過去にいらっしゃいました。肌が日に灼けて固くなっていて、アルガンオイルをつけてもはじいてしまって入っていかないのです。これはこれで、肌が荒れて硬化している場合ですね。

ターンオーバーが長くなってしまって角質が厚くなっている場合でも、同じようにアルガンオイルが入っていきにくいことが起こるかもしれません。

いずれにしても、健康な肌であれば、たっぷりつけても時間をおけば肌に吸い込まれます。そして、アルガンオイルの効果をねらうなら、そのくらいつけたほうがいいです。

アルガンオイルは肌に入っていって、肌をふっくらモチモチとさせ、表皮全体で保湿するような感じがします。

そらアルガンオイル 詳しくは →
☆初めての方は初回半額でご購入になれます。たっぷり50mlあります。ガラス瓶で酸化防止しています。プッシュ式でオイルがたれなくて使いやすい!

アルガン使用中g.jpg


hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 09:55 | アルガンオイルの使い方
アルガンオイルはいきなり素肌に.. | ホーム | 超シンプル、そらスキンケア!