オイル初心者でもアルガンオイルなら使いやすい♪

2020年04月27日

オイルを顔に使ったことが無い方は、オイルはべたべたするという先入観があるかもしれません。

でも、アルガンオイルならそういう心配はありません。自然の植物から搾ったオイルは、その植物によって含まれている脂肪酸の種類や含有率が異なります。それによって使用感が異なり、べたべたするものもあるし、酸化しやすいものもあるのです。

アルガンオイルは顔につけるのに、ぴったりの条件がそろっているオイルです。オレイン酸やリノール酸の含有率が理想的で、肌によく吸収されべたつきが残りません。オイルなのに、水をあまりはじかないので化粧水と一緒に混ぜて使ったり、濡れた髪の毛につけたりすることもできます。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg


肌をやわらかくするといわれるリノール酸が30%と高い率ではいっているのも特徴です(オリーブオイルはリノール酸が10%しか入っていません)。

オレイン酸は45%で、皮脂とほぼ同率なので肌の馴染みがいいです。オリーブオイルだと75%、椿オイルだと90%もオレイン酸が入っており、べたつきやすく、酸化しやすくなります。

オイル初心者で、アルガンオイルに出会ったかたはラッキーだと思います。先入観なしに、アルガンオイルを使ったらすぐにその使い心地の良さを気に入るでしょう。
素肌をアルガンオイルで手入れしたら、数日で肌の調子がよくなってくると思います。今までしていた化粧品での保湿との違いに気づくのでは!

肌にアルガンオイルが染みこみ、肌が柔らかくなってきますね。そして弾力がでてきてぷるぷるとしてきます。キメが整ってくるので、ファンデーションも薄付けで大丈夫。
アルガンオイルをつかったら、手放せなくなるかたが多いのもうなづけますよね。

そらアルガンオイル →
★ 初めての方は初回半額でご購入になれます。

hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 13:32 | アルガンオイルの使い方
自然な成分の「日焼け止め」とい.. | ホーム | シャンプーバーってなんだかわか..