ネイルケアにアルガンオイルはうってつけ

2014年07月31日

着付けのS先生は、スキンケアラインナップをすべて気に入ってくださっています。最初はシアバター、そしてアルガンオイル、フェイシャル・ソープと。

昨日久しぶりにお会いしたら、とてもお元気そうで肌の調子も良いようでした。S先生は、実は「爪命!」でネイルサロンにもよく通っていらっしゃるし、ご自分でもネイルをされる。

この頃、さらにはまっていてご自分でネイルもされるし、もっとネイルアートを勉強したいとおっしゃっていました。

白石先生.jpg

そのS先生いわく、
「アルガンオイルは爪にいいわね。ネイルは爪をきれいにしておいてあげないと、キレイにカラーがのらないの。アルガンオイルでマッサージすると爪がなめらかでツヤツヤになる。ネイルのダメージも気にならないわ」と。

私はネイルをしないのでわかりませんが、爪命という方にとって爪のコンディションはきわめて重要でしょうね。

爪のお手入れのために、ネイルオイルも販売されていますが、おそらく色々な植物油のなかでもアルガンオイルはべたつかず、爪の栄養にもなり秀逸だと思います。爪も肌の角質と同じく死んだ細胞ですから、なかなかオイルを塗ってあげても入っていきにくいです。そのてん、アルガンオイルは脂肪酸組成に特徴があり角質にしみこみがいいオイルです。

すうっと入っていって、角質をやわらかくしてくれます。爪もしなやかにやわらかく保っていれば、裂けたり、割れたりする心配がなくなりますね。つややかになりますし。

ネイルサロンなどではどんなネイルオイルを販売しているのかわかりませんが、アロマオイルのようにビンに入ったままというのが多いのではないかと思います。

弊社のアルガンオイルは、ちょうど使いやすい50mlビン入りで、ワンプッシュずつ出せますので使いやすいです。ネイルマッサージするにも、コットンにワンプッシュすればよく、無駄なくやりやすいと思います。
お顔の手入れと、爪の手入れで2〜3ヶ月もつと思います。

製品.jpg

そらアルガンオイル公式サイトはこちら→
posted by カウンセラー 新藤 at 16:58 | アルガンオイルの使い方

そらアルガンオイルはつけたあとのサラサラ感に皆さん驚かれます!

2014年07月18日

群馬県でながらくヨガ教室を主宰するT様、お歳をきいてびっくり。72歳だそうです。なんと私の母より3歳若いだけではないか!

弊社ユーザーさんの紹介で、そらアルガンオイル(フェイシャル・ソープ、シアバターも)のお試しが手渡りました。お電話すると、とても気に入られたご様子♪

「使ってまだ4日しかたっていないのに、肌の調子がいいの。石鹸も洗い上がりがすっきりして良い感じね。オイルはべたべたしないし、つけるとすぐにサラッとするんですね。わたし歳だからシワが気になっているんだけど、このオイルとシアバターをつければよくなるかしら。朝はつけちゃダメかしら? お化粧しない習慣で日焼け止めだけなんだけど」

お答えは、
朝晩つけていいですよ。ただ、昼間肌があつくるしいように感じたら、朝は目尻やほうれい線など特にシワが気になるところだけシアバターをポイント付けしてください。アルガンオイルは昼間つけていて大丈夫です。
もう美容液もクリームも要らなくなりますね。


すごいと思うのです。年齢を問わずアルガンオイルはすぐに実感を与えてくれます。70代だって80代だって、肌に浸透するアルガンオイルをつけて毎日ケアすれば、肌もよみがえってきます。高齢で、ヒアルロン酸やセラミドが減っていたって、保水力ゼロではありませんものね。いいオイルで補ってあげれば、ある程度回復することが可能です。

製品.jpg

アルガンオイルをお試しになりたい方にはサンプルをお送りしています。
お申込はお電話、メールで
0120-548-224
sora@soramesse.co.jp
アルガンオイルについて詳しくはこちら→

サンプル.jpg
こちらが9mlサンプルです。約1ヶ月お使いいただけます。
posted by カウンセラー 新藤 at 09:45 | アルガンオイルの使い方

最近湿度が高いので乳液をはぶいてアルガンオイルに

2014年07月14日

冬からずっと、洗顔→化粧水→乳液→アルガンオイル の順でつけてきましたが、このところ湿度が高くべたつきが気になってきました。冬は湿度が20%、30%と乾燥しているのでアルガンオイルをつけたそばから肌に吸収され、すぐにさらっとしたのですが、今の時期湿度は80%とかありますので、さすがに乳液+アルガンオイルだと油分が過剰かなと。

ためしに、化粧水のあとアルガンオイルだけにしてみました。
このほうが私は具合がいいようです。人によって違うと思いますので、試してみて下さい。

朝はしばらくこれでやってみようと思います。このあと、日焼け止め、下地クリーム、ファンデーションを塗っていきます。

ただ、夜のお手入れは逆にもっと保湿が必要になってきました。夜、蒸し暑くて冷房をかけて寝るようになってきたからです。冷房をかけると湿度が10%くらい下がります。たとえば、冷房をかけないで寝ていたときは湿度60%くらいだったのが、冷房をかけると50%まで下がります。

この中に一晩中いるのですから、肌は乾燥にさらされます。私の場合、肌を乾燥させるとてきめんに目尻のしわがでてくるので、こわいのです。
夜は風呂上がりに、化粧水、乳液、アルガンオイルとつけて、さらにシアバターもつけるようにしました。

これから梅雨があけると、毎日30℃を超す暑さになります。そうなると、オフィスでも一日中エアコンをつけることになるでしょう。
肌の乾燥度合いをみながら、乳液をつけたり、省いたり、と調整していこうと思います。


製品.jpg

アルガンオイルをお試しになりたい方にはサンプルをお送りしています。
お申込はお電話、メールで
0120-548-224
sora@soramesse.co.jp

アルガンオイルについて詳しくはこちら→
posted by カウンセラー 新藤 at 14:11 | アルガンオイルの使い方

アルガンオイルをわかりにくくしている説明は?

アルガンオイルをわかりにくくしているのは、販売メーカーの説明ではないかと思う。
モロッコ産、外国から輸入した貴重なオイル、ということを印象づけたいのかどうか分からないが、もっとシンプルに説明してあげたほうが、一般にはわかりやすいし、アルガンオイルがより身近なアイテムになる。

ようは、アルガンオイルとはこういうものです。

今までは保湿というとクリームが一般的だったが、新しい考え方でオイルという便利なアイテムがあります。オイルというとべたべたする、扱いにくい、脂性がよけいひどくなるのでは? というイメージがあるかと思いますが、アルガンオイルはその先入観をまったく覆すオイル。使い方は簡単で、化粧水のあとほんの数滴顔につけるだけ。べたつかないので、つけたあといつも通りお化粧できます。これだけで、一日中肌を乾燥から守りしっとり潤いのある肌を保ちます。肌の弱い方、乾燥肌、脂性肌、混合肌、どんな肌質の方にもお使いになれます。髪の毛や頭皮にもいいです。リンスに1滴まぜてください。

これでいいのではないでしょうか。アルガンオイルを知らないひとでも、これならなんとなく分かりますよね。

それなのに、アルガンオイルのこれまでの説明というと、「ブースターとして」だとか「アウトバスオイル」だとか横文字ばかり並ぶ。ブースターは導入という意味らしいが、洗顔後に塗るとそのあとにつける化粧水や乳液のしみこみがよくなるという。導入美容液というのがあって、アルガンオイルはその替わりとして使うようすすめている。「アウトバスオイル」とは,浴室外で髪につけて洗い流さないトリートメントヘアオイルのことをさす場合が多いよう。う〜ん、なんでも横文字にしちゃうとわかりにくいのは私だけでしょうか!

アルガンオイルって、なにも特別なものではありません。いままでずっと、保湿というとクリームが当たり前の時代が長かった。そこへ、オイルで保湿すれば化粧品のクリームは要らない、という新しい方法がでてきたということ。シンプルなお手入れで、結果がでるという意味では画期的だと思います。

製品.jpg

アルガンオイルをお試しになりたい方にはサンプルをお送りしています。
お申込はお電話、メールで
0120-548-224
sora@soramesse.co.jp

アルガンオイルについて詳しくはこちら→
posted by カウンセラー 新藤 at 13:55 | アルガンオイルの使い方

モロッカンオイルは製品名

2014年07月10日

最近、アルガンオイル配合のヘアケア製品をよく見かけるようになりました。電車内の広告やテレビコマーシャルなど露出が増えてきて、アルガンオイルが世の中にだんだん認知されてきました。

「モロッカンオイル」という製品名のヘアケア製品が有名です。モロッカンオイルというオイルがあるのか?と勘違いされる消費者もおられるのではないでしょうか。アルガンオイルの成分表示名はアルガニアスピノサ核油。「モロッカンオイル」はアルガンオイル配合のヘアケア製品の商品名です。

アルガンオイルはモロッコにしか生育しない「アルガンの木」から採取される実から搾ったオイルです。100kgの実からわずか1リットルしかとれないという貴重なオイルなのです。


首筋.jpg

アルガンオイルは、肌への馴染みがよく、つけると素早く浸透します。オイルののびがひじょうに良いため、数滴つけるだけOK。ほとんどべたつきも残りません。「これが、オイル?!」と驚くほどさらっとしています。数ある美容オイルのなかで、最高級とされていますので、フェイスケアとしておすすめです。
 
年齢とともに気になってくるシミ、しわ、くすみ、たるみなどは、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」がスムーズでなくなるのが原因。加齢以上に、乾燥による影響が大きいとされます。アルガンオイルは、角質層に浸み込み肌をやわらかくし、水分のバランスを保つことに役立ち、ターンオーバーも促進されます。
 
さらに、このオイルの良い点は、化粧水⇒乳液⇒アルガンオイル⇒下地クリーム⇒ファンデーションというように、お化粧の下につけられることです。こうしてしっかり保湿すると、皮脂分泌が抑えられるため、化粧崩れがなく、顔のテカリも気にならなくなります。また、年齢のでやすい「首筋」にもおすすめです。その他、髪の毛のケアにも。洗髪後タオルドライして、数滴を手になじませて毛先や頭皮につけてください。ぱさついた髪に艶が出て、頭皮の乾燥も防ぐことができます。

製品.jpg



アルガンオイルをお試しになりたい方にはサンプルをお送りしています。
お申込はお電話、メールで
0120-548-224
sora@soramesse.co.jp

アルガンオイルについて詳しくはこちら→
posted by カウンセラー 新藤 at 16:05 | アルガンオイルの使い方

アルガンオイルはクレンジングオイルに使えるか?

2014年06月10日

アルガンオイルは、クレンジングオイルには向いていません。なぜなら、アルガンオイルは非常に肌に吸収しやすい成分組成をもっているからです。吸収されてしまってはクレンジングになりませんよね。

つまりオイルクレンジングの働きは、顔表面のメイク(油脂)となじませ乳化させ、一緒に洗い流すことです。

アルガンオイルは肌に吸収させる目的でつけるもので、洗い流すためのクレンジングオイルとは違います。

調べてみると、アルガンオイル入りのクレンジングも他社で販売されていますが、???となります。

クレンジングオイルでは、さまざまなオイルが使われていると思います。ミネラルオイルと書かれているのは鉱物油で石油系のオイルです。でも、石油系だから悪いというわけではありません。

お化粧の油分となじませて洗うためには、肌に吸収されない鉱物油が向いています。なかには、オリーブオイルなど植物性オイルが配合されているものもありますが、クレンジングに使われているということは逆に吸収されにくいことを表しているのであり、オリーブオイルは保湿用のオイルとしてはあまり向かないということになります。

まとめますと、化粧を落とすためになじませて洗いながすなら皮膚に吸収されない鉱物油か、あまり吸収しにくい植物性オイル。

保湿オイルとして化粧下につけたり、就寝前に肌のリカバリーのために栄養クリーム的に使うなら、肌に吸収しやすいアルガンオイルがおすすめです。

製品.jpg



アルガンオイルをお試しになりたい方にはサンプルをお送りしています。
お申込はお電話、メールで
0120-548-224
sora@soramesse.co.jp

アルガンオイルについて詳しくはこちら→
posted by カウンセラー 新藤 at 16:50 | アルガンオイルの使い方

面倒なら洗顔後、アルガンオイルだけで大丈夫

2014年05月21日

私は50歳、そして母は75歳です。

私もアルガンオイルのお陰で素肌に自信がもてるようになり、こうしてドアップにも耐えられるようになりました(笑)。
私自身のアルガンオイルの使い方は、朝晩ともにそらフェイシャル・ソープで洗顔した後、ハダラボの化粧水、ちふれの乳液をつけ、すぐにアルガンオイルをつけます。目の周りだけさらにシアバターを薄くつけます。夜はそれで終わりですが、朝はそのあと日焼け止め、化粧下地、お化粧の順です。
簡単で、それでいて、化粧ののりもよく仕上がります!

母は?というと、本人はまったく肌には構わないひとで、今までは顔もろくに洗わないような生活。
でも去年、認知症が進んできてしまいほっとけない状況になりました。朝起きてから寝るまで、私があれこれと手助けをするようになったのです。

ですから、顔の手入れ、歯の手入れなど体の手入れは、以前よりずっと良くなったわけです。
朝は、タオルとそらフェイシャル・ソープを手渡し、さあこれで顔を洗ってね、と。洗い終わったら手のひらにアルガンオイルを数滴たらしてあげつけさせます。
夜は、シアバターをつけています。

介護状態なので、他にもいろいろやることがあり、そうそう手をかけてもいられません。でも、こんな簡単なお手入れだけで、母の肌は昔と比べて見違えるようにきれいになりました。
畑仕事を長くやっていたので、シミだらけではありますが、全体的に黒さがぬけて白くなりました。肌も弾力がありプルプルしてます。こうやって見ても、色つやがいいのがわかります。

母と娘.jpg

いくつになっても、肌がきれいになるのは嬉しいらしく、母も鏡で顔を見ては「ほんと、昔と違うねえ〜、脱皮したみたい!」とはしゃいでいます。

高齢の親御さんに、ちょっとこうしてあげるだけですごく効果がありますので、おすすめします。

製品.jpg


そらアルガンオイル 詳しくは →






posted by カウンセラー 新藤 at 14:25 | アルガンオイルの使い方

アルガンオイルの次に化粧下地

2014年05月16日

アルガンオイルは化粧下地になるのですか? というご質問がありました。

「アルガンオイルそのものが化粧下地になる」というよりも、べたつきが残らないので、そのあとつける化粧下地のじゃまをしない、というのが正しいと思います。

アルガンオイルは、オイルのイメージが変わるまったく新しい使用感の美容オイルです。オイルというとべたつくんじゃないかと多くの方が思うでしょうが、アルガンオイルはまったくといっていいほどべたつきません。

つけたそばから肌にはいっていく感じです。化粧水や乳液とほぼ同時につけても大丈夫です。さらっとして、それでいてしっかり保湿します。

保湿されているなあと実感するのは、一日中皮脂の分泌が抑えられているからです。アルガンオイルを知る前は鼻やおでこに脂が浮き、昼間必ず「あぶらとり紙」が必須でした。1枚では足りず2枚くらい使っていました。それが今では、ほとんど使わなくても平気なくらいになりました。見た目でも、全然テカっていません。


★そらフェイシャル・ソープでの洗顔を併用されると、さらに良いかと思います。汚れも皮脂もすっきり落ちて、ほんとうに気持ちがいいです。毛穴も目立たなくなります。
毛穴の汚れをフェイシャル・ソープできちんと落とし、その後アルガンオイルで保湿すると、小鼻の角栓も消えます(私自身はそうでした)。

製品.jpg

そらアルガンオイル 100%ピュア(精製) 50ml 3930円

少量でのびがよいので、数滴で十分です。





そらアルガンオイルについて 詳しく →

お試しサイズ(500円、送料無料)もございます。お気軽にお試しください。

大きい方が製品で50ml入り。小さいのはお試しです。
製品とお試しアルガンオイル.jpg



posted by カウンセラー 新藤 at 13:07 | アルガンオイルの使い方

アルガンオイルつける順番は

2014年04月15日

アルガンオイルの販売は好調です。新発売でご購入いただいたユーザーさんから、そろそろ2本目のご注文がはいってきています。やはり、思った通りリピート率は高いです。お使いになって「いいわ、これ」と思ってくれたのだと。

1本で3〜4ヶ月はもちますからね!高級オイルだけれどコストパフォーマンスはいいと思います。

アルガンオイルの使い方で、よくある質問が「どのタイミングでつけたらいいんですか?」というもの。
「化粧水、乳液は要らないんですか?」と聞かれることも多い。

個人個人で好みがあるとは思いますが、私自身が試したところ洗顔後にいきなりアルガンオイルだけ、というのはあまりいい感じではありませんでした。それで、洗顔後にいつも通り化粧水、乳液とつけて、まだ顔が濡れているうちにアルガンオイルを一滴つけています。すっかり乾いてからよりも少し湿っていたほうが、オイルの伸びもさらに良くなるようです。それに化粧水や乳液が肌によく入っていきます。

その後ふつうに日焼け止め、下地クリーム、ファンデーションです。アルガンオイルは驚くほど、べたべたしません。

アルガンオイルをつけるようになってから、脂浮きがしなくなり、日中ティッシュで脂を拭く必要もなくなったのにはビックリ。小鼻のざらざらもすっかり消えて、鼻の頭などTゾーンがすっきりしました(これは、今回新発売した洗顔石鹸の効果もあるかも)。触ってもザラザラしないのは、何年ぶりか?忘れてしまったくらいです。
そらフェイシャル・ソープについて詳しくはこちら→


アルガンオイルで保湿されていると、自分の皮脂の分泌が抑えられて毛穴がふさがるのだと思います。こんなこと知っている人は少ないだろうなあと思うのです。アルガンオイルのこんな効果のことです。

使ってみたい方は、サンプルをお申込ください
0120548224
sora@soramesse.co.jp

製品.jpg

そら アルガンオイル 100%ピュア
50ml 3930円
posted by カウンセラー 新藤 at 10:44 | Comment(0) | アルガンオイルの使い方

純粋なアルガンオイルは冬季に少しどろっと固まります

2014年01月21日

1月に入り、最低気温が0℃近くになるようになってきました。製品保管庫は人がはいるときくらいしか暖房をいれないのでかなり寒いです!

すると…アルガンオイルが少し白濁して、どろっと粘性がでてきました。ちょうど同じようなタイミングで、ユーザーさんからも質問がありました。

「使っても大丈夫ですか? 固まらない方法ってありますか?」と。

原料メーカーにも確認しました。アルガンオイルそのものの品質には影響はないとのことです。他のオリーブオイルなどと同じように低温になると、固まる性質がこれらのオイルにはあります。

暖房のきいたリビングなどに持ってくると、5分もしないうちにもとの透明な状態に戻ります。また、急ぐ場合は、両手で包み込むように温めたり、懐に入れたり、してもOK。

湯煎までする必要はありません。湯煎してまた冷えて固まって、ということを繰り返し温度差をなんどもつくると、逆にオイルの劣化をまねきます。

固まらないようにできるか? 
ご自分が生活している空間に置くのが一番かと思います。寒すぎず暑すぎず。お風呂の脱衣所や洗面所は意外と寒かったりします。固まっても、さきほどのように問題はないのですが、急いでつけたい時に固まっていると不便ですよね。

寝室に置くとか、布団の中に一緒にとか?

皆さん、工夫をなさってください。

製品.jpg

そら アルガンオイル 100%ピュア
50ml 3820円
posted by カウンセラー 新藤 at 10:43 | Comment(0) | アルガンオイルの使い方