ワキガが急に治った!

2015年07月09日

ワキガってなんだか人に言えないほど恥ずかしく、コンプレックスになります。実を言えば、私自身若い時からずっと悩んできました。20年、30年の単位だと思います。

原因がわからなくて「体質」だろうとあきらめていました。結局お風呂にはいったときに、脇の下もよく洗うようにすることぐらいで、制汗スプレーなども使っていませんでした。香料のはいったスプレーをしたところで根本原因の解決にはならないし、かえって臭いがまじるし。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:20 | 肌トラブルについて

胃腸トラブルが顔(肌)にでる!

2015年07月02日

内臓が疲れたり、胃腸を悪くすると肌が荒れたり、吹き出物ができるって聞きませんか!? あれは私も経験があって、そう思います。

女性は生理の前にホルモンバランスの関係から吹き出物が出来やすくなりますよね。それから、食べ過ぎたりして胃腸を壊すと、口角が裂けたり口の周りにボツボツができたりも。胃腸のことなのに何で顔なの?と思いますが。

まあ、顔もそうですが外にでている肌は、毒物の排泄場所なのかなと思います。体内にこもってしまうより、そうやって表に出てしまったほうが良いともいいますよね。

posted by カウンセラー 新藤 at 14:46 | 肌トラブルについて

梅雨時の皮膚のかゆみ

2015年06月12日

かゆい、かゆい、とにかくかゆい〜 〜! 胸元、背中、などかゆくないですか? 私はこの時期日によってなのですが、痒くなるときがあります。ネットで原因を調べても、いまひとつ釈然とした答えがでてきません。

ドラックストアにも目立つ所に、かゆみ止め軟膏が並んでいます。やはり、痒い人が多いんだなと思いました。

今朝も朝のニュースを見ていると、「かゆみ止め飲み薬」の宣伝をしていました。『1回1錠で12時間長く効く!』といかにも魅力的な文句ですが、そんなに効くなんて逆に恐いと思いましたね。

あせもではない痒みにこの時期悩まされるわけですが、皮膚が痒い、赤み、湿疹 = 外的ななにか条件に因るもの かと思うのに、それに対して薬を飲むのはどうかなと。成分を調べると、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤が入っていました。

薬は反対から読めば「りすく」というくらい、副作用が恐いものです。なるべく薬はつけたくないと考えています。痒みの多くは肌の乾燥からくることを知ってからは、塗り薬でさえつけないようにしています。

体の保湿には、シアバターがとても便利でして、体やかかと、ありとあらゆるところにつけることができます。シアバターは、アフリカでとれるシアの実からとった植物の脂で、アフリカでは傷、あせも、といった肌トラブルに昔から使われてきているそうです。

そらシアバターは、100%ピュアで精製してあり不純物は取り除かれています。アレルギーのご心配なくお使いになれます。肌が弱くて、ご心配な方は少量のものがお試しとしてご用意してあります。300円(送料無料)でたっぷり使えます。

今日は薬は恐い、という話題にしましたが、化粧品などに配合されている様々な化学成分もまた恐いものです。そのてん、シアバターはなにも混ぜていない植物脂100%。デリケートな赤ちゃんにも使えます。万が一口に入れてしまってもあわてる必要はありません。

シアバター、冬だけでなくこの時期も重宝します!
そらシアバター →


シアバターを手に取る.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 10:54 | 肌トラブルについて

簡単に水虫ってできてしまいます

2015年06月03日

そろそろ梅雨ですねえ。またこの季節がやってきました。蒸し蒸し、じとじと、水虫菌が活動する絶好の条件。
水虫なんて汚いおじさんがなるもの、と思ったら大間違いです。

美しい女性だって足裏を見れば…!! 足はとても蒸れやすい環境にあるので、毎日お風呂で石鹸を使って洗っていたとしても簡単に水虫なんて出来てしまうんです。水虫ができてもショックを受けることはありません。誰でもできるんですから。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:12 | 肌トラブルについて

デコルテや背中が春かゆい理由は?これらしい!

2015年04月14日

首の下、胸の上あたりが皆さんかゆくありませんか? 私ここ1ヶ月くらいかゆいんですよね。検索ワードをみると、けっこう「春 デコルテ かゆい」で調べている方がいます。そういう方多いと思います。
なるべく掻かないで、シアバターを塗るようにしているのですが。

昨日改めて「なんでなんだろう??」と考えてみました。冬と違う点は、室内の湿度でしょ、湿度が上がってきたから、汗が乾きにくくなる、そうすると汗がゆっくり乾いて塩が結晶化して肌を刺激するのかな?
なんて仮説をたててみたところ、これじゃないかという答えがみつかりました。

春先は、汗腺の機能が落ちていて、塩分の濃い汗がでて皮膚で塩が結晶化しやすい→

汗をよくかくようになれば、汗腺の機能も戻ってきて、塩分の薄いサラッとした汗になるみたいです。もう少しの辛抱でしょうか。

とりあえず、痒いときはシアバターを塗っておくといいですよ。原因が自然のことからきていて、肌トラブルというわけではないので、薬つけたりする必要ないですし。








シアバターを手に取る.jpg



SORAシアバター 詳しくはこちら →


posted by カウンセラー 新藤 at 13:20 | 肌トラブルについて

春先胸元がかゆいのは汗の影響が大きい

2015年03月12日

1週間くらい前からデコルテ(胸元)がかゆくなってきました。とくにお風呂上がりがかゆい気がします!

なんでだろう? もっと空気が乾燥していた冬はかゆくなかった。気候が暖かくなり始めた今頃かゆくなるって?思い当たるのは汗。汗によるあせもか? 

この時期は、暖房をしないでいられるほど暖かくはない。でも、窓際は暖かいし、ちょっと動くと暑いくらいのときも。それで、じわっと汗ばんでくる。外にでると寒い。とにかく温度差がはげしい時期で、着るものにも困るし、温度調節がむずかしい。体温調節は自律神経がやってくれているのだが、この温度差に体もまだ慣れていない感じ。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:20 | 肌トラブルについて

口唇ヘルペスが治らず皮膚科へ行きました

2015年02月04日

口唇ヘルペスとの付き合いは、10年以上と長いのですが、いつもは4〜5日で良くなります。皮膚科にはわざわざ行かず「ヘルペシア」という売薬ができたのでもっぱらそれを塗っていました。

でも50歳も超え、免疫が下がってきたのかこの冬は幾度となくヘルペスがでて困っています。最初の症状は、小さな水疱ができむず痒いのですが、その症状は落ち着いています。ところが、赤味がなかなかとれず「なんなのかな?」と不安になりました。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:39 | 肌トラブルについて

年末の大掃除と手荒れ

2015年01月07日

年末大掃除をしたのですが、ちょっと気づいたことがあって試してみました。洗剤と手荒れについてのことです。

洗剤を素手で使うと荒れるというのは常識ですが、それが石油系界面活性剤のしわざであれば、水拭きだけなら手は荒れないかもしれないと考えたのです。

大掃除.jpg


脱シャンプー、脱洗顔フォーム、脱ボディーソープして、全部フェイシャル・ソープで洗うようにしたら肌の調子がとっても良くなったことから得たヒントです!

posted by カウンセラー 新藤 at 13:45 | 肌トラブルについて

10数年来の口紅アレルギー

2014年10月09日

思い出してみれば、口紅を一切つけられなくなったのは突然でした。理由はわかりません。

それ以前の自分の写真をみると、タラコ唇にマリリンモンローみたいに赤い口紅をつけたりしている私がいます。そうなんです。高校卒業してお化粧デビューしてからというもの、ふつうに口紅をつけていました。10年くらいはなにも症状はでていなかったのです。
posted by カウンセラー 新藤 at 10:16 | 肌トラブルについて

お孫さんのアトピーにシアバター

2013年12月13日

先日ユーザーさんからこんなお電話がありました。

お孫さんが少しアトピーのけがあって、肘の内側がかゆくて掻き壊してしまうんだそう。皮膚科でもらった薬をつけていましたが、薬が無くなって試しにシアバターをぬってみたところ、具合がいい。

そもそも薬はできるだけつけたくないので、このまま調子がよければシアバターでなんとかしたいと思っている。そんなわけで、自分が使っていたのを孫に持たせてしまったので自分のが無くなってしまったの、と。

お孫さんの分と2個ご注文をいただきました。

原産国のアフリカでは、現地のひとはシアバターを皮膚のトラブルにはなんにでも使ってきたという歴史があります。そこらじゅうにシアの木が自生していたので、お金がかからず手に入り、先祖代々そうした利用法が受け継がれてきたんでしょうね。

火傷や虫さされ、近年では出産後の妊娠線などにも使われてきたといいます。

なにしろ、シアの実から搾って精製しただけのピュアなクリームというところが安心ですね。保湿とともに抗菌の役目もあるのでしょう。だから、シアバターが薬のような作用で傷を治すと言うよりも、保護されることで、皮膚が自然治癒してくれるのだと思います。


ふたを開けたところ.jpg


そらのシアバターについて詳しく→
posted by カウンセラー 新藤 at 14:58 | Comment(0) | 肌トラブルについて