フェイシャルソープは少しつければOKです

2020年07月02日

そらフェイシャルソープは、肌にやさしいとはいえ、あまりたっぷりつけて洗うと肌がつっぱります。ダブル洗顔ならさらにです。

洗顔のしかたは、付属の泡立てネットを濡らし軽く水気をふるって落とします(あまりびちゃびちゃだと腰の無い泡になる)。
そこにフェイシャルソープを軽くこすりつけてから揉みます。たくさんこすりつける必要はありません。揉むと泡が出来ますので、その泡を2回に分けて取り、2回洗顔(ダブル洗顔)してください。

1回目は、顔の表面にある保湿剤やクレンジングの残ったものなどを落とします。2回目で「素肌」を毛穴までキレイに洗浄します。

泡の差.jpg


石けん4.jpg


石けんの宣伝で、泡の量を誇張しているのがありますが、あんな両手のひらにこんもりとするような泡は当然必要ありません。肌の表面を泡で洗えればよいのですから。余分な量の泡は、肌にふれることなくただ流されてしまいます。

石けんの特徴は「アルカリ性」であることです。市販の洗顔料は「弱酸性」を謳い文句にしているメーカーもあるくらい。汚れを落とすにはアルカリ性であることが条件ですから、石けんは理にかなっているといえますね。

石けんのミセル.jpg


洗顔後、顔は一時的にアルカリ性になりつっぱりを感じるます。すぐにアルガンオイルなどで保湿してください。時間がたつにつれて、肌は常在菌のはたらきで弱酸性に戻りますので、つっぱりなど違和感は感じなくなります。

「そらフェイシャルソープで洗顔 → アルガンオイルやシアバターで保湿」 という超シンプルなスキンケアは、最初慣れるまでは違和感があるかもしれません。
なにしろこれまでは、化学成分がたくさん使われた化粧品をつけていたわけですから、肌の感覚なんて打ち消されてしまい、感じることができませんでした。あんまり影響(効果?)を与えてなかったともいえるかも。

体の細胞は新陳代謝して新しい細胞に入れ替わるまで3ヶ月ほどかかるといわれています。肌が正常な機能を取り戻すにもやはりそれくらいかかるのかもしれません。

そらスキンケア →
★ 初めての方は、初回半額でお試しいただけます。




posted by カウンセラー 新藤 at 10:56 | そらフェイシャル・ソープ

洗顔クリームや洗顔フォームよりも、石けん洗顔が肌にやさしい理由とは

2020年04月03日

顔はなにで洗ってもそんなに変わりは無い、と思っていませんか?

とんでもないんです。広く使われている「洗顔クリーム、泡洗顔料」と、石けんは
似て非なるもの。汚れを落とすしくみが違うのです。

市販の洗顔料に入っている洗浄剤は、おもに石油系の合成界面活性剤。これは非常に強い洗浄力をもっています。でも、肌がつっぱったりしないのは、利用者が「うるおい」と感じるような成分が添加されていたりします。だから、洗った後手触りがしっとり(ぬるぬる?)と感じられます。

いっぽう石けんは、というとヤシ油など天然の界面活性剤が使われていて、石けんの洗浄のしくみはとてもシンプルです。石けん分子は、汚れとくっつくと消えていきます。1対1でペアになるイメージです。石けんで洗っていると、泡が消えていきますよね。汚れと一緒になったので、洗浄力を失った状態です。

石けんのミセル.jpg


私はそらフェイシャルソープで髪も洗っていますが、冬の間は泡立てネットで1回泡立てたらそれで足りていました。でも最近は、部屋にいると蒸し暑く、ちょっと動くと汗をかきます。頭も汗をかいて痒くかんじることも。

洗髪していると、1回だけだとすぐ泡が無くなってしまって、洗い足りない感じがしてしまい、もう1回泡立てネットで泡立てて洗っています。
ああ、石けんってやっぱりこういう仕組みなんだなあ、と洗ってて思います。

石けんが汚れを落とすしくみは、そのようにとても自然。しっかり汚れを落とすけれども、必要以上に皮脂を取り去ることはないです。そらフェイシャルソープは、さらに機能が高くなっています。

チタンペーストが練り込んであるので、きめ細かい弾力のある泡がたちます。洗っている間は泡にこしがあるので(普通の石けんは泡が水っぽい)、毛穴の奥まできっちり洗えます。
そして、泡切れはとてもいいのです。

泡の差.jpg


素肌をきれいにする基本はまず「洗顔」!!

洗ったつもり、洗えてるはず、ではなくて、本当にしっかり洗えるものを選びましょう。
そらフェイシャルソープは自信をもっておすすめできます。使い慣れてしまうと、もう他の石けんには戻れない、という声もよく聞かれます。私もそらのスタッフもです(笑)。

そらフェイシャルソープ 詳しくは →
☆初めての方は初回半額でお試しになれます。

sopuotamesi.jpg



toweldry2.jpg




posted by カウンセラー 新藤 at 10:58 | そらフェイシャル・ソープ

使い勝手がいい、そらフェイシャルソープミニサイズ!

2020年03月30日

そらフェイシャルソープには、大小2サイズあります。大きいほうの100gをお使いの方がだんぜん多いのですが、30gのミニサイズにもファンがいらっしゃいます。

「お風呂場と洗面所などあちこちに置いておきたいから」「大きいのは使い切れるかわからない」「スポーツクラブに行くとき持参している」「手が小さいからミニのほうがちょうどいい」などのお声をいただきます。

たしかに、100gはずっしりとして使い出がありますが、お子さんや手の小さい方には使いにくいかもしれません。わたしは手が大きいので最初から抵抗はなかったのですが。

soepdaisyou.jpg


81歳のわたしの母にも、ミニサイズを使わせています。軽い認知症があるのですが、朝顔を洗うときに洗面所に出しておいてあげると自分で洗顔してますし、お風呂のときも浴室にミニサイズを置いています。

そらフェイシャルソープは、かっちりと固く押し固めてあり、水でどろどろと溶け減りしないのもいいところです。小さいからといって侮ることなかれ。結構長持ちするんですよ!
一般に浴用石けんなどは、途中でコチコチになってしまったり、ヒビが入って割れてしまったり、逆に溶けて形が崩れたりすることがよくあると思いますが、そらフェイシャルソープではそうしたことは全くなく、最後の最後まで同じ状態で薄く小さくなり使い切ることができます。

薄くなった石鹸.jpg



ミニサイズは3個セットで、割引がありお得です!

そらフェイシャルソープ 詳しくは→
☆初めての方は、大きい100gのほうを初回は半額でご購入になれます。

sopuotamesi.jpg


☆品質のいい「泡立てネット」が無料でつきます。100円ショップのとは全然違いますよ! 市販なら300円くらいのものです。

初回購入.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:49 | そらフェイシャル・ソープ

美白の基本は洗顔!

2020年02月25日

日差しが明るくなると、肌のくすみが気になり出しますね。春先に向けて、美白化粧品の宣伝がとても増えてきます。

美白化粧水に美白乳液、美白美容液…これ全部つけようとしたらたいへんです! 「美白」とつけばつい頼りたくなりますが、外からいくらつけても効果はありません。
透明感の無い肌、くすみの目立つ肌。これらは肌そのもののキメを整えないと根本的な解決にはならないのです。

そこでまず重要なのが洗顔! ほとんどの方が洗顔フォームを使っていると思いますが、洗顔フォームでは泡の粒子が大きく、かんじんな毛穴の汚れが落ちていないのが現状。「肌にやさしい弱酸性」をうたっている製品も多くありますが、汚れを落とすには「アルカリ性」であることが必要です。

汚れがきちんと落ちた肌はさわってみて、やや抵抗がある感じになって、きゅっきゅっとします。「汚れをおとすこと」と「肌にしっとり潤い残す」は相反するもので、同時にはありえません。洗顔フォームで洗った後、しっとり感じるのは、あれは洗浄剤が肌に残っていてヌルヌルしていると考えられます。

肌の汚れは朝晩しっかり落とすことが大事です。そのことが肌への負担を減らすことにつながります。
そらフェイシャルソープは、チタンペーストが練り込まれていてひじょうに細かい泡が簡単にたちます。このきめ細かな泡で毛穴の奥まですっきり洗い上げるのです。

泡の差.jpg


美白化粧品をあれこれ探して使わなくても、まず洗顔を変えるだけで大きく変わります。

sopuotamesi.jpg


そらフェイシャルソープ 詳しくは →
☆初めての方は初回半額お試しがあります。




posted by カウンセラー 新藤 at 11:36 | そらフェイシャル・ソープ

水洗顔がいい、というのはほんと??

2020年01月17日

「肌断食」「水洗顔」という言葉を聞きますが、スキンケア製品をいっさい使わないというのは本当に肌にいいのでしょうか? 皆さんはどう思いますか?

タモリや福山雅治などが流行らせた「お風呂で石鹸は使わない」というのもあります。

いろいろ意見はあるとは思うのですが、私は『顔は石鹸で洗うけれど、体は別に石鹸を使わなくてもよい』、という考えで自分もそれを実践しています。

顔は朝晩石鹸(そらフェイシャルソープ)で洗顔しています。夜お風呂に入ったとき、以前は市販のボディソープで体全体を洗っていましたが、5年前くらいから使っていなくてお湯で流すだけです。汚いですかね? そんなことはないと思います。

そこはタモリ流の理屈と同じかもしれませんが、そもそも体には自分が分泌する皮脂以外の油分はついてないですよね。皮膚が分泌している皮脂は、肌を潤すために必要だから、それをムリに石鹸でおとすことはないでしょう。

とくに今の時期のように乾燥していると、体の乾燥は痒みの原因にもなるので適度な皮脂はつねにあったほうがいい。化学成分が配合された人工的な油分(ボディクリーム)を使っていると、石鹸で洗わなければならなくなるから使わない方がいいと思っています。もし保湿するなら、100%ピュアなアルガンオイルやシアバターがおすすめ(これならつけっぱなしで、石鹸で洗う必要なし)。

決定的に顔と体が違うのは、体は被服に包まれているから乾燥から守られているけれど、顔は表にでています。顔はいつも外気にさらされ、乾燥した冬などはたまったものではありません。ましてや現代では、空調で部屋があたためられ、乾燥がさらにひどくなっているわけですよね。ですから、自分の皮脂だけでは足りなくて肌の乾燥が防げない。そこで、保湿スキンケアが不可欠になってきます。

ある意味、今の私たちの生活空間は自然の環境ではないということ。保湿には、先ほどもでてきたアルガンオイル、シアバターを使います。肌の乾燥は、肌の老化・劣化に直結すると思っていますので、朝晩つけたほうがいいですね。

いくら品質がよいオイルを使ったとしても、8時間も9時間も顔に塗っているわけですから、ホコリや汗と混じって汚れとなっているでしょう。だから、朝晩の洗顔では、石鹸を使って毛穴の奥まできれいに洗浄しなければならないのです。

そらフェイシャルソープの特徴は、ごく細かな粒子チタンペーストを練り込んでいるので、ひじょうに弾力のあるきめ細かな泡がたつこと! この泡が毛穴の奥の汚れまでかきだしてくれます。
そらフェイシャルソープ 詳しくは→
★初回半額でご購入になれます!


sopuotamesi.jpg


泡の差.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:37 | そらフェイシャル・ソープ

冬でも朝、ダブル洗顔が必要なワケ

2019年12月18日

こんにちは、今朝はすごい霧でしたね。運転される方は怖かったと思います。

今日は冬の洗顔についてです。
私は朝も晩も、フェイシャルソープで2回洗顔しています。冬は肌も乾燥しているし、汗もそんなにかいていないから朝は1回洗えばいいんじゃない? と思う方もいらっしゃるでしょう。

でもそれは違います。夜寝る前にはクリームを塗って保湿していますね。朝は顔にクリームが残っていないように思ってもやはり油分は残っています。そして、夏のように汗はかいていなくても、発汗はしています。
ですから、朝はそれらの汚れをしっかりとってから、また新しい保湿剤をつけて1日の乾燥に備えるのです。

私の場合は、夜お風呂上がりに、アルガンオイルとシアバターをたっぷり塗ってから寝ます。首に塗るのも忘れないように!
朝起きると、顔はべたべたしていません。でも泡立てネットでしっかり泡立てて、その泡を2回に分けてとり、ダブル洗顔します。

「冬洗いすぎると顔がつっぱるのでは?」と心配する方、そんなことはありません。そらフェイシャルソープなら、汚れ落ちはよくても肌に余計な負担をかけることはないですし、必要以上に洗浄することはありません。

市販の洗顔剤の宣伝で「うるおい残して」なんていってるところがありますが、あれはヘンですね。汚れはいったん落とさなくては! 自分の分泌した皮脂も古くなってますし汗や汚れと一緒になっているわけですから、それらをまずきれいにして、そのあと新たに保湿するのです。

洗顔の時は、冷たい水ではなくぬるま湯がいいです。石鹸は水だと汚れ落ちが悪くなるからです。混合栓の場合は少し水を流して、水が温まってぬるま湯になってから洗ってください。

そらフェイシャルソープ 詳しくは→
★初めての方は半額お試しがあります。

sopuotamesi.jpg


泡の差.jpg


石けんと泡





posted by カウンセラー 新藤 at 13:58 | そらフェイシャル・ソープ

洗顔を変えるだけで肌が白くなり、透明感もでる

2019年09月22日

「美肌美白」といえば、だれでも憧れですよね。
肌がきれい=美肌美白!


そのためにもっとも肝心なのは「洗顔」なのです。
化粧品をいくら上から塗りたくっても、残念ながら美肌美白にはなりません。ならないどころか、やればやるほど遠のくといってもいいかもしれません。

化学成分がてんこ盛りの化粧品を、いくつも使うことは、肌の自然なターンオーバーを妨げるし、キメも荒くします。スキンケアはできるだけシンプルに。使う化粧品の品数も極力減らすことです!

そして、美肌のためにいちばん大切なのは洗顔。洗顔料はなにを使うか? が重要なところです。

ほとんどの方が、洗顔クリームや洗顔フォームを使っているかと思うのですが、それではだめです。

私自身の経験からいえることですが、今から5年ほど前までは私も化粧品メーカーの洗顔フォームを20年以上使ってました。

それを止めて石けん洗顔に切り替えたきっかけとなったのは、
当社で「そらフェイシャル・ソープ」を開発し販売をスタートしたからです。この石けんで洗うようになって肌はあきらかに変わりました!

毛穴が小さくなりなめらかな手触りに。

さわると弾力があり、モチモチした感じに。

吹き出物もでないし肌トラブルがない。

シミが薄くなった気がする。

くすみがなくなり肌の色がワントーン明るくなった。

目の周り、鼻の周り、顎の下などの黒ずみがなくなった。


などなど、いいことづくめ!

「なにが違うの?!」と疑問に思われるでしょうが、市販の洗顔料とこの石けんでは成分が違います。
それから成分の違いによって「洗浄の機能」がまるで異なります。

一般的な洗顔料は、多くは石油系合成界面活性剤をメインに、さまざまな化学成分が配合されています。それらの添加物は泡立ちをよくするものだったり、洗ったあとのつっぱりを無くすものだったり。

洗顔料のいちばんの目的である「きれいに洗浄する」ということが、実際には出来ていない。
市販の洗顔フォームで洗うと、洗い上がりはなんとなくしっとりと感じられると思うのですが、あれはよく落ちていない証拠。洗顔料の成分やら肌の汚れが肌から離れにくい状態なのです。

いっぽう、このフェイシャル・ソープはどうかというと、界面活性剤は自然素材のヤシ油を原料としており、極微細なチタンペーストを練り込むことで、ふんわりやわらかな泡が簡単にたち、その泡はキメ細かく毛穴の奥の汚れまでよく落としてくれます。洗い上がりはサッパリとして、それでいてイヤなつっぱり感もありません。

泡の差.jpg



洗顔料を切り替えるだけで、美肌、美白になれる!

このことを知っていただきたいです。
肌のしくみは実はとても単純で、汚れを毎日きちんと取り去り、保湿してあげれば、肌はいきいきとしてきますし、新陳代謝がよくなって肌も若さを取り戻すんです。

肌をきれいにしたいのなら、「化粧品を探す」のではなく、どんどん省いていってシンプルな手入れにしていくべきなのです。

すっぴん171220.jpg


そらスキンケアで、ファンデーションも不要になり、すっぴんでいられるようになりました。

初めての方は、初回半額でご購入になれます。

sopuotamesi.jpg

顔だけなら、3〜4ヶ月もちます。

hangakuotamesi.jpg

洗顔後は、アルガンオイルで保湿。一回の使用量は、3プッシュ程度。こちらも3ヶ月くらい使えます。

お申込はこちら →

そらスキンケア →






posted by カウンセラー 新藤 at 13:24 | そらフェイシャル・ソープ

洗顔フォームを使っていてはキレイになれない!

2019年02月15日

お早うございます。新藤です。

フェイシャル・ソープを開発、新発売してもうすぐ5年になろうとしています。つまり、自分も使い始めてそのくらいになるわけです。

それまでは、一般の洗顔フォームを何十年も使っていました。今でも、そういう方が多いのではないでしょうか。石けんで顔を洗っている方の割合は全体からすると少数派なのではないかと思います。
posted by カウンセラー 新藤 at 10:47 | そらフェイシャル・ソープ

お風呂場には、たったこれだけでOK!簡単すぎる〜

2018年10月03日

浴室内には雑多なものがあれこれ並んではいませんか?!
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、旦那さんの髭剃りフォームとか…

これらぜ〜んぶ、ひとつで済んじゃうんですよ。そらフェイシャル・ソープで全身まるごと洗えます!
浴室にはたったこれだけ。ごちゃごちゃせず、いつもスッキリです。掃除もしやすいです。

yokusituset.jpg



posted by カウンセラー 新藤 at 11:17 | そらフェイシャル・ソープ

使ってみて初めて分かる「そらフェイシャル・ソープ」の他との違い

2018年07月05日

「こだわりの製品を販売しているそらさんなら、石けんを作ってみてはどうですか?!」と原料メーカーさんから提案があったことが開発のきっかけでした。
試作品の石けんを試したら、一般的に使われている洗顔フォームより格段にイイということが分かり、オリジナルの洗顔石けんを新発売したのです。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:39 | そらフェイシャル・ソープ